Chicago Shimpo
日本語メインに戻る

Tea Ceremony Demonstration at the Anderson Gardens
アンダーソン・ガーデンで
今シーズンの始まりを祝う

• ロックフォードにあるアンダーソン・ガーデンで5月7日、今シーズンの開園イベントが行われた。また、こどもの日を祝い、子どものための数々のイベントも行われた。当日は雨や雷が心配されたが午後からは晴れ上がり、大勢が詰めかけた。

• パビリオンでは法悦太鼓の和太鼓演奏、シカゴ沖縄県人会による沖縄伝統芸能が披露された他、盆踊りの指導もあり、ゆかたを着た子ども達が炭坑節を踊って楽しんだ。

• 数寄屋造りの迎賓館と茶室近くの広場では、チャイ・タウン・ティー・グループにより抹茶のサービスが行われた。また、羽根つきや剣玉のテーブルも置かれ、来園者は歓声を上げながら羽根つきや剣玉にチャレンジしていた。
• 西側にある大滝下のデッキでは鯉のぼり作りが行われ、親子で鯉のぼりを作る姿が見られた。
• 日頃一般客は入れない迎賓館のツアーも行われた。迎賓館や茶室、庭園入り口のゲートは日本で造ったものをバラバラにして運び、庭園内で再度組み立てた本格的な数寄屋造り。迎賓館の中には畳の間や床の間、縁側、寝室、檜の湯船もあり、枯山水の庭もある。

• ビジター・センターでは折り紙で兜作りが行われ、兜をかぶる子ども達の姿が見られた。人気の的はキャンディ寿司作り。幸代・コースターさんがアンダーソン・ガーデンの要望に応えて準備したもので、ご飯の代わりにライス・クリスピーやマシュマロを使う。フルーツ・ロールアップを海苔代わりにしてライス・クリスピーを巻いたり、緑色のフロスティングをワサビに見立てたり、いろいろな工夫が施されていた。この他、かるた取り、コマ回し、書道も行われた。
• アンダーソン/ガーデンの詳細は http://www.andersongardens.org

Deputy Consul General Keiko Yanai tastes a bowl of tea.


The visitors enjoy playing ken-dama.
Candy sushi making


Candy roll sushi
Authentic Japanese garden, the Anderson Gardens