日本語メインに戻る
ユニクロがウッドフィールド・モールにオープン

• ユニクロがシャンバーグのウッドフィールド・モール内に10月26日、開店した。シカゴランド地域ではシカゴ市内に続き、第2号店となる。
• オープニングにはアル・ラーソン・シャンバーグ市長や伊藤直樹・在シカゴ総領事を始め、シャンバーグ経済開発のプレジデント、リサ・ギルバート氏やディレクターのカイル・シュルツ氏、ユニクロUSAのCEO滝寛志氏、パートナー企業からNAMCOのCEO齋藤陽史氏、紀伊國屋書店と三浦貴大氏、ロイス・チョコレートのオーナー・アーマド・ヒルマン氏などが参列した。

• ユニクロ・ウッドフィールド店は9,500平方フィート。シカゴの厳冬を目前に日常生活に必須のヒートテック肌着からウルトラライト・ダウン・ジャケット、カシミアのセーター、暖かそうなコートまで、高品質で機能性を重視した、彩り豊かなライフウェアを手ごろな価格で取り揃えている。子ども用、女性用、男性用まで、品揃は豊富。

• 同店では19.90ドル以上のズボンやパンツの購入者には無料で裾上げサービスを提供している。19.90ドル以下で購入した人には5ドルで裾上げをしてくれる。
• オンラインで購入した人は、3日後にウッドフィールド店でピックアップすることができる。広大な駐車場があるので、駐車料金は無料。
• 店内のタッチ・スクリーンで商品説明やセール、店内イベント情報を得ることができる。

• ユニクロはファースト・リテイリング社が持つ7つの主要ブランドの一つで、同社が商品デザインから製造、販売まで行っている。2017年の全売り上げは1兆8,619億円、米ドルに換算すると168億7,000万ドル($1=¥110.4)。
• ユニクロはオーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インドネシア、マレーシア、オランダ、フィリピン、ロシア、シンガポール、韓国、スペイン、スウェーデン、台湾、タイ、英国、米国など世界の21マーケットに2,000店以上を展開しており、文字通りのグローバル・ブランドとなっている


ユニクロ・ウッドフィールド店


店内を見学するアル・ラーソン・シャンバーグ市長(右)と伊藤直樹・在シカゴ総領事