日本語メインに戻る
言語、民族背景を越えて分かち合う感情
日系人強制収容とユダヤ人迫害を織り込む
オペラ上演

• 日系人の強制収容とドイツのユダヤ人迫害を絡めたオペラ「An American Dream」が3月15日と17日の両日、シカゴ市にあるハリス・シアターで上演された。
• 同オペラは、シアトル・オペラのBelonging Projectで着手したもので、「もしも今日、家を出ることを強要され、二度と戻れないとしたら何を持って行きますか?  過去の想い出と繋がる物が、なぜそれほど大事なのですか?」という170人のインタビューから始まった。
• あるドイツ系の女性は「ホームタウンの本」と答え、ある日系の女性は「子供の頃に拾った貝殻を入れた瓶」だと答えた。この2人の女性達が、ドイツから逃れて来た移民のエヴァと、強制収容で家を出なければならなくなったセツコのモデルとなった。

• An American Dreamはジャック・パーラ氏とジェシカ・マーフィー・ムー氏による創作で、2015年と2017年にシアトル・オペラで上演された。今回は、地元コミュニティと共に活動するシカゴ・リリック・オペラの一部門、リリック・アンリミテッドによりシカゴ公演が行われ、日系四世のマシュー・オザワ氏が監督を務めた。

• 家とは、想い出の大事な物とは、手で触れることができない幻のような物なのか。
• 同オペラはピュジェット・アイランドに住むコバヤシ家のシーンで始まる。そのステージの美しさは、観衆の目を奪うものだった。
• 家に壁はなく、複数の窓とドアがあるのみ。だが、家具やドアの位置で、家の間取りが分かる。まるでガラスの家か透明な家のようで、その存在がもろく、実体がない事を象徴しているようにも見える。

• FBIによる家宅捜査が始まり、パパのコバヤシ・マコトとママのヒロコが日本との繋がりを示すものを燃やそうと準備を始める。ママの役を演じるのは、実際に祖母が強制収容されたニーナ・ヨシダ・ニールセン。パパは「さくらさくら」を歌いながら、大事にしていたその歌のレコードを捨てる。

• 娘のセツコは捨てろと言われた大事なひな人形を床下に隠し「人形はおばあさんのものだった。そしてお母さんのものだった。今は私のもの」と歌う。
• そこに現れるのは、エヴァを妻に迎えた退役軍人のジム・クローリー。エヴァを外で待たせ、ジムはパパに家を売るように迫る。何も知らないエヴァは、なぜコバヤシ一家はこんなに美しい所を去るのかと不思議に思う。

• 家宅捜査に来たFBIに手錠をかけられたパパは、絶望のうちに二束三文で家と農地を売ってしまう。連れ去られるパパに、セツコはこの家で再会しようと歌う。
• ママと家を出る間際のセツコに一通の手紙が届く。それはドイツからエヴァに宛てたものだった。怒ったセツコはその手紙を持ったまま家を出る。

• 数週間後に引っ越して来たエヴァは、ドイツから逃れて来るであろう両親と一緒に暮らすことを夢見て、かつてのセツコのベッドルームを両親の部屋として準備する。そして、セツコが隠したひな人形を見つける。
• 家を出たコバヤシ家の状況をさとったエヴァは、「私の両親のように一言も話さずに隠れていれば、誰にも見つからない」と歌い、ひな人形を床下に隠す。

• 時が経ち、収容所にいるセツコの元に「あなたの大切なものを預かっている」というエヴァからの手紙が届く。病気で瀕死のママから「誰からの手紙?」と尋ねられたセツコは、とっさにパパからだと答え「戦争が終わったらきっとピュジェット・アイランドの家で会おう」というパパのメッセージを作り上げてママに聞かせる。

• ジムとエヴァはピュジェット・アイランドの家で、広島に原爆を落とし戦争が終わったというトルーマン大統領の声明をラジオで聞く。

• やがてママを亡くしたセツコが以前の自宅、今はジムとエヴァのものとなっている家のドアを叩く。ジムと向かい合ったセツコは、二束三文で家を売るように迫ったジムを責める。ジムは家もなくエヴァと結婚し、エヴァを幸せにすることだけを考えていたと歌う。
• このシーンは、まだ10代のセツコが中年の退役軍人であるジムに対面し、どのような会話をするだろうかと作者らが細心を砕いたシーンだった。

• セツコは隠していた手紙をエヴァに渡し、エヴァは両親が既に撃たれて死亡していた事実を知る。両親を家に迎えることを夢見ていたエヴァにとって、家とは空しいものとなる。

• セツコとエヴァは「アメリカは(夢を見る人々に)良い所だと人々は言うけれど、誰も忍び寄る秋から逃れることはできない。だれも岸に打ち寄せる波から逃れることはできない。家とは、足音を立てない影のような場所なのか?」と歌い、オペラは幕を閉じた。

• 上演前に同オペラについて説明したエレノア・オーリン氏(ノースウェスタン大学音楽部准教授)は「オペラは人間の感情を表すパワフルなもの。どの様な言語で歌われたとしても、聴衆の言語や出身国が違っていたとしても、みんなが分かち合えるものだ」と語る。
• オーリン氏も強制収容を被った日系人の娘、孫、ひ孫だと語った。


オペラ「アン・アメリカン・ドリーム」のシーンより. (Credit: Tood Rosenberg)


(Credit: Tood Rosenberg)


(Credit: Tood Rosenberg)


(Credit: Tood Rosenberg)


(Credit: Tood Rosenberg)