日本語メインに戻る
シカゴで日本祭り、新規来場者を呼び込み盛況

• 恒例の日本祭りが6月16日の午前11時から午後5時まで、シカゴ市のミレニアム・パーク(チェイス・プロムナード・サウス)とシカゴ・カルチャラル・センターの2か所を会場に開催された。伊藤直樹在シカゴ総領事によると、シカゴ市で日本祭りが開催されるのは1996年のフィールドミュージアムでの開催以来23年ぶりの事。

• 挨拶に立った伊藤総領事は、野外会場に歩けないほど集まった来場者に向かい「日本について心に浮かぶことは何?」と問いかけた。ある調査結果から、一番に来るのは「寿司」、二番目は「honor(敬意)」、三番目は「テクノロジー」だと紹介し、日本祭りのJ-Tasteや多岐に亘る展示や実演を通じて、日本の味、特性、技術を体験できると呼びかけた。また、「日本祭りでの経験が、皆さんを日本観光旅行に駆り立ててくれることを望む」と熱意を込めた。
• また総領事は日本祭り実行委員会のメンバーやボランティアの働き、共同実行委員長を務めたマイケル・タカダ氏や三谷哲郎氏のリーダーシップ、95にのぼるスポンサーの協力無くして日本祭りの開催はできなかったと述べ、感謝の気持ちを表した。
• 当日は曇り空ではあったが、野外と屋内の両会場には終日来場者が行き交った。三谷氏はざっくり見て、両会場で25,000人の来場者があったと見る。また、タカダ氏は、アーリントンハイツ会場とは違う多くの新しい来場者があり、様々な日本文化を直接見てもらうことができたと語った。

• ミレニアム・パーク屋外会場では、法悦太鼓の和太鼓演奏で幕を開けた。司会はスタンダップ・コメディアンの柳川朔氏とDJヴァン氏。弓道、剣道、沖縄伝統芸能と空手、合気道、居合道、空手の実演が披露され、特別ゲストのはるな愛さんが登場した。
• はるなさんがトランスジェンダーであり、2009年のミス・インターナショナル・クイーンの優勝者だと紹介されると、観衆から歓声が上がった。着物とスカートを組み合わせた煌びやかな衣装を纏ったはるなさんは、英単語入りの日本語で堂々と観衆とコミュニケーションを取りながら、演歌3曲を歌い喝さいを浴びた。
• 盛り上がった後のコスプレイ・ショーを気遣ったはるなさんは、舞台に登場して来るコスプレイヤー達を盛り上げ、帰国のために空港に向かった。
• 舞台ではアニソン・カバー・バンド、阿波踊り、柔道、司太鼓のパフォーマンスが繰り広げられ、会場は終日溢れんばかりの来場者で賑わった。
• 会場両側に並んだテントでは、ラーメン、ビーフ串焼き、寿司などが販売され、日本企業も製品展示や説明などを行った。

• シカゴ・カルチャラル・センターの屋内会場では、ウィッティな司会で知られるダナ・ガーリック氏が進行役を務め、双葉会コーラスグループの歌声で幕が上がった。また、西ステージでは裏千家シカゴによる茶道の実演が行われ、東ステージでは絵や生花、墨絵パフォーマンス、着物着付け、和菓子作りなどの実演が行われた。また、絆8写真展や、建築物に見る江戸/東京の写真展が行われた他、和風倶楽部によるアンティーク着物展示会も行われた。
• 中央ステージではコーラスに続き、箏とボーカルのデュオ、箏のグループ演奏、日本舞踊、ウクレレ演奏、J-POPや演歌バンドによるパフォーマンスなどが終日行われた。
• 特別ゲストのはるな愛さんは迫力ある演歌で観客を魅了し、観客を巻き込んで大いに盛り上った。
• 桂三輝さんは自らデザインした振袖を着て登場。落語の演台がなく、立ったままでのパフォーマンスとなったが、大柄な三輝さんのアクションに揺れる振袖も印象的で、素晴らしい落語パフォーマンスとなった。
• 特別ゲストのパフォーマンス時には屋内会場に約750人が詰めかけ、日本の芸能を大いにアピールした。

はるな愛さんインタビュー

• はるな愛さんは男性として生まれたが女性として生きる道を選び、トランスジェンダーとして成功しているタレント、歌手、俳優、実業家。2009年のミス・インターナショナル・クイーンで優勝し、芸能界で活躍する一方、出雲観光大使や韓国観光名誉広報大使も務める。
• 日本祭り前日の6月15日、はるな愛さんは日本レストラン「うまかもん」でディナー・ショーを開いた。その賑わいと熱気は、窓の外まで伝わって来るようだった。
• そのショーの後、はるな愛さんにお話を伺った。

Q:シカゴはどうですか?

愛:シカゴに初めて来ましたが、人がとても優しくて、いろんな所にレインボー・フラッグがあって、レインボー・プライド・パレードも近いという事で、シカゴからシャンバーグに来るまでの車の中でも、木にレインボーのリボンが掛けているのを至る所で見ました。
15日のミツワさんのイベントでもレインボー・プライドと言っただけで、もうお客さんがうわって沸くぐらい、LGBTQに関係ない人達も楽しみにしているお祭りみたいなパレードなんだと思いました。
• シカゴに来て「人はそれぞれ変わっていていいんだよ」っていうメッセージを凄く感じました。本当にまたゆっくり来たいなと思いました。

Q:愛さんが女性として生きる決断をされたのは早い時期だったので、ご苦労もあったのでは?

愛:まあそうですけどね。でもやはり私の生き方が、私というフィルターを通して、一人の個性としてそのままに受け入れられたと思ったんですよね。家族で見る時間帯のテレビにもたくさん出して頂きましたしね。
• 日本の社会に私が出て来る中で、いいなと思う人からちょっと嫌だなと思う人まで、いろんな意見があったと思います。これからは一個人の個性としてもっと認められるように日本でも海外でも活動したいと思います。
• 色々な国のトランスジェンダーが集まったミス・インターナショナル・クイーンという大会で私が優勝した時に、ネパールの人が泣き出したんですよ「自分の国には自由がない」って。
• 世界にはそういう所もあると思うので、私に何か活躍の場を頂けるなら、私という個性を通じて、周りの人達の気持ちが一人ずつ変わって行ってくれたらなぁと思います。

Q:傷つくこともありますか?

愛:ありますけど、それよりも今自由に生きている楽しみの方が大きいですね。喜びの時間、その大きさを噛み締めながら生きています。

Q:日本では女性の地位が低いですが、女性として生きることに決めて損したなと思うことは?

愛:女性が自立したり、女性の活躍の場も多くなって、徐々に変わって来てると思うんですけど、まだ昔ながらの日本が残っているところもありますね。
• 私は損したどころか、女性の喜びって本当にたくさんあると思うんですよ。ファッションやメイクなど外見的なこともそうですけど、海外に来た時に男性に優しくされたり内面的な喜びもたくさんあると思うから、女性になれたのでもっともっと楽しみたいと思います。人生は一度きりなのでね。

Q:エンターテイメントの世界にご興味があったんですね。

愛:小っちゃい時から大好きでした。親が演歌をずっと教えてくれていたので、小っちゃい時から昔の演歌を歌っていました。だから親に感謝ですよね。

Q:歌が上手で、女性になりたい気持ちがあって、その2つが上手く合わさった感じですか。

愛:そうですね。今年47歳になって、いろいろな大好きな事が合わさって、やっと歯車が回って来たかなって思います。それを実感させてもらうのがアメリカなんですよね。こういう着物や演歌など日本の良さを、いっぱい発信して行きたいと思います。

Q:LGTBQの活動もされていると聞いています。

愛:LGTBQの活動もしています。でも私は、その言葉のカテゴリーにはまることは絶対ないと思うんですよ。人って、二人と同じ人はいなくて、それぞれ違う個性があるんです。ですから、LGTBQという頭文字にはまらないで、自分らしく生きてもらいたいです。男性も女性もトランスジェンダーも、性別の分からない人も、みんな自分らしく生きて頂きたいと思います。

Q:愛さんのように綺麗なお肌を保つためのお手入れ法は?

愛:朝、顔を洗わないんですよ。

Q:寝ている間に出る脂分を残すという事ですか?

愛:そうそう。朝は絶対に顔を洗わないで、綿棒で目の周りをお掃除して、化粧水で拭きとってメイクしています。

Q:どうもありがとうございました。

桂三輝さん、「よろしく」って何?

• 桂三輝さんは現在ニューヨーク在住で、今年の9月にブロードウェイ・デビューを果たす。ニュー・ワールド・ステイジーズというオフブロードウェイ劇場(500席以下の劇場)で、落語やストーリーテリング、芝居などを交えたパフォーマンスを行う。9月26日がオープニング・ナイトの予定で、25年間あたためて来た夢がいよいよ叶う。
• まずは半年間の講演継続を目指し、ロングランのキャッツのように5年、10年の継続を狙う。ニューヨークに良く行く人はぜひ応援を。三輝さんは「皆様ニューヨークでお待ちしております。よろしくお願い致します」と語った。

• さて、「よろしく」とは英語でどう言えばいいのか。日本祭りの翌日、三輝さんは総領事公邸でパフォーマンスを行い、英語を母国語とする人から見た日本の慣用句を解説してくれた。
• 日本人が毎日のように使う「よろしくお願いします」は、「将来に向けて相手と自分を結び付けること」だと三輝さんは分析する。英語で言えば「I thank you now in advance for your future kindness to me.」もう少し付け加えると「I know that in our relationship you will do some kindness to me in the future. And I'm thanking you now in advance for your future kindness.
• では、「よろしくご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます」は英語で表現するとどうなるのか。桂三輝さんのブロードウェイ公演に行けば、教えてもらえるかもしれない。
• まくらで日本語と英語の表現を分析して話した三輝さんは、小話や落語の「寿限無」や「動物園」を披露した。

• 桂三輝さんはカナダのトロント出身。大学時代は古代ギリシャ劇を研究していた。その後落語に惚れ込み、2008年から現在の桂文枝師匠の元で修業し、師匠の15番目の弟子となった


終日大勢の来場者で賑わったミレニアム・パークの野外会場


日本について最初に浮かぶ言葉は「寿司」「敬意」「テクノロジー」と日本の魅力をアピールする
伊藤直樹総領事



日本祭りの屋外ステージで演歌を披露するはるな愛さん


日本祭りで熱演する桂三輝さん


和風倶楽部によるアンティーク着物の展示


着物の着付けコーナーで記念写真を撮る来場者


箏と日本の歌で魅了するシカゴのミュージシャン


裏千家シカゴ支部による茶道実演


コスプレイで舞台を飾る、シカゴのコスプレイファン