日本語メインに戻る
1.2020年国勢調査を来年実施するにあたり、アメリカ合衆国国勢調査局では50万人以上の短期または単発で働ける人を募集する予定です。こちらのストーリーでは、国勢調査局が募集する職種についてご紹介しています。詳細については、こちらをご覧ください。

2.国勢調査と交通:年末年始は車での長距離移動をご予定ですか。新たに敷設された道路や整備された道路も、国勢調査で正確な人数が計上されることの影響を受けます。このストーリーでは、国勢調査データがどのように全米合計410万マイルにおよぶ公共道路に影響を与えるかについて説明しています。

3.幼児たち:米国では、5歳未満の子どもたちの計上漏れが最も多くなっています。国勢調査データは、ヘッドスタート、特殊教育、メディケイドなど幼児のための取り組みに関係しています。このストーリーでは、幼児と国勢調査について語っています。

4.2020年国勢調査のパートナーになりませんか:アメリカ合衆国国勢調査局は皆さまのご協力を必要としています。2020年国勢調査の正式なパートナーになることを、ぜひご検討ください。そして、国勢調査の認知度向上にご協力ください。詳細はこちらのリンクをクリックするか、2020census.gov/partnersにアクセスしてください。

5.言語サポートガイド:国勢調査には59言語のサポートガイドがあります。このガイドをご利用いただくと、英語を話さない方でも国勢調査票の質問に一つ一つに回答することができます。全言語のサポートガイドはこちらをご覧ください。皆さまがお使いの言語のガイドは、添付しています。

6.日にちを空けておいてください:メールの受信ボックスから目を離さないでください!1月中旬に開催される2020年国勢調査の一大イベントに関する案内が届きます。貴社のチームメンバーはこのイベントにオンライン上で、または直接参加することができます。詳細は追ってご連絡いたします。