日本語メインに戻る

コロナウィルスによる影響と
2020年国勢調査に関する重要な最新情報:


1, 2020年国勢調査の運営方法の変更:国勢調査局は、新型コロナウィルスとの関連において、2020年国勢調査の運営方法に関する声明を数回にわたり発表しています。

• 国勢調査局は、現場業務を2020年4月1日まで、2週間の間、一時休止することを発表いたしました。これにより、3月に予定されていた対面調査(アラスカ州僻地、メイン州僻地、およびいくつかのアメリカ先住民自治区での戸別訪問、ホームレス人口の調査MQAチームによる各地での回答サポートなど)は延期されます。

国勢調査員は、5月中旬ではなく、5月下旬から各世帯の訪問を開始します。回答期限は8月14日に延期されました。国勢調査日は4月1日のままで、変更ありません。

• 国勢調査局は、大学生による調査業務を変更すると発表しました
• 国勢調査局は、スタッフの健康と安全および公衆衛生を重要だと考えており、同時に、2020年国勢調査の経常結果を予定通り大統領に提出するとの方針を明確に表明しました


2. 簡単に回答できるようになりました!
多くのコミュニティが市または州レベルで閉鎖状態にありますが、2020年国勢調査はオンラインで回答できます。
デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用して回答するか、あるいは電話またはメールで回答してください。
誰でも、国勢調査員に会うことなく、自分で回答できます。すべての世帯に3月20日までに通知が届いています。


3. 正確な国勢調査データは、この危機的状況において非常に重要です。国勢調査結果は、病院や医療クリニック、緊急救援サービス、さらには学校給食などの計画づくりや予算策定に利用されます。具体的には、以下のようなことが含まれます。
• 病院や医療クリニックが必要とされる地域の特定
• 病院や医療クリニックを建設するための補助金
• 低所得者層向けのメディケイドや、65歳以上の高齢者向けメディケアプランBへの支援
• 児童医療保険プログラム(CHIP)など母子保健に対するサービス
• 救援物資配布先のマッピングや、社会的弱者の人たちの居場所の特定
• 中小企業庁を通した小規模事業者向けの支援 

4. 正しい情報を入手してください:多くのコミュニティやソーシャルメディアで、「内務省(Department of Home Affairs)」と国勢調査に関連して、セキュリティ警報に関する偽情報が流布しています。これは非常に古いセキュリティ警報で、米国に「内務省」は存在しません。国勢調査に関する偽情報を報告するには、こちらをご覧ください。


5. 2020年国勢調査は皆さんの言語で回答できます! 2020年国勢調査はmy2020census.gov にて日本語でご利用いただけます。国勢調査局は、皆さんの質問にお役に立てるようこのビデオ言語アシスタントガイドを日本語で作成しました。