日本語メインに戻る
江戸の情景に酔いしれる 
柳家さん喬師匠独演会

• 柳家さん喬師匠の独演会が7月21日、シャンバーグのパフォーミング・アーツ・センターで行われ、月曜日の夕方にもかかわらず100人を超える落語ファンが集まった。
• さん喬師匠のシカゴでの独演会は今年で7回目。師匠は、2006年からバーモント州ミドルベリー大学の夏期日本語学校に招待され落語を通して日本文化を教えている。今年も70人の生徒がさん喬師匠に学び、講座の最終日には生徒らがきものを着て日本語で落語を披露したという。
• さん喬師匠は夏期講座終了後に毎年シカゴに寄って落語を披露してくれる。さん喬師匠の噺を聞くと、その場その場の景色が目の前に浮かんで来ると定評があり、日本での公演は常に満席。シカゴで師匠の話が聞けるのは幸運だ。独演会を主催したM Square の松原ミヤコさんは「毎年さん喬師匠のファンが増えていくのを大変嬉しく思っています。昨年の文部科学大臣賞を含め多くの賞を受賞されている師匠の芸能に間近に触れることができて幸いです。皆さんに江戸の雰囲気を味わっていただけたら」と語った。

• 柳家さん喬師匠の演目は「長短」、「船徳」、「妾馬」の三曲。涼やかにきものを着こなした師匠は、世間では夫婦も交友関係も性格が違うほうが上手く行くようだと話し、「長短」に入った。
• 幼馴染の長さんと短七さんはその名の通り性格が正反対。饅頭を食べるのも煙草をのむのものんびりした長さんと、何をするにもシャキシャキしないと気がすまない短七さんのコントラストが面白い噺だ。

• 二曲目の「船徳」は、船頭の家に預けられた大店の若旦那のお話。芸者にいいところを見せたい一心で船頭になると言い張る若旦那。船頭の頭の反対を押し切って船頭になったが、果たして腕前の方は。

• そして最後の演目は「妾馬」。大名屋敷に上がったお鶴がお世継ぎを生み、兄の八五郎がお屋敷に招かれることになった。がさつな八五郎は大家さんから、何にでも「お」を付け、「ござりたてまつる」で言葉を結べと指南を受けてお屋敷に出かけたが、慣れない言葉遣いで支離滅裂。柔和な殿様は朋友に話すように話せと助け船を出してくれる。果たして結末は。

• 柳家さん喬師匠プロフィール
• 墨田区本所出身の落語家。1967年に五代目柳家小さんに入門、1972年に二つ目昇進し「さん喬」と改名する。1981年に真打ち昇進。本格古典落語の名手として名高い実力派であり、第一人者。
• 16年前より、落語と小噺を通じた日本語教育活動を、米国を始めハンガリー、フランス、ベルギー、シンガポール、韓国の6カ国で行っている。
• 文化庁芸術祭賞、浅草芸能大賞新人賞、芸術選奨の文部科学大臣賞など多くを受賞。現在は落語協会常任理事を務めている。

• (フルストーリーはシカゴ新報8月8日号でお読み下さい。

シャンバーグの独演会で熱演する柳家さん喬師匠


必死で櫓を漕ぐ若旦那を演じるさん喬師匠(船徳より)

上品な殿様を演じるさん喬師匠(妾馬より)


饅頭を食べるのものんびりの長さんを演じる
さん喬師匠 (長短より)



振る舞い酒を飲む八五郎を演じるさん喬師匠
(妾馬より)