日本語メインに戻る
野毛洋子氏に外務大臣表彰
「絆:The Bonds of Emotion」で相互理解を深める

• 東日本大震災後、被災者の復興やシカゴの人々との関わりを表す写真展「絆:The Bonds of Emotion」を毎年開催して来た野毛洋子氏に外務大臣表彰が贈られた。
• 授与式は9月26日に、ブルースシンガーでもある野毛氏が毎週金曜日に出演しているシラノ・レストラン(シカゴ市)で、サプライズで行われた。一人、二人とレストランに入ってくる友人達に小首をかしげるものの、野毛氏は何も知らずに演奏を続けていた。最後に吉田雅治在シカゴ総領事が現れ、外務大臣賞の表彰式となった。

• 野毛氏は日経新聞社のシカゴ特派員を務めている。また、シカゴ国際姉妹都市大阪委員会の共同委員長を務めている。写真展「絆」開催のイニシャティブを取った野毛氏は、大震災1年後の3月に州庁舎トンプソンセンターで写真展を開いた。その後にはギャラリー37でも引き続き展示が行われた。
• 野毛氏は開催に当たり日本や日系団体だけでなく、州知事室やシカゴ市を巻き込み協力を要請した。パット・クイン州知事は大震災が起きた3月11日を、イリノイ州で大地震を忘れない日と発表した。また、ラーム・エマニュエル市長もシカゴ市の日として同様の発表を行った。
• 写真展「絆」は2013年もトンプソンセンターで、2014年はシカゴ市のデイリーセンターで開催され、被災地の復興の様子だけでなく、シカゴと被災地の人々との関わり合いを生き生きと描き、多くの人々に感動を与えた。

• フルストーリーはシカゴ新報10月24日号でお読み下さい。


吉田雅治総領事より外務大臣表彰を受ける野毛洋子氏(左2)

野毛洋子氏