日本語メインに戻る

本場のドイツビールと料理が楽しめる
Hofbräuhausでメイフェスト実施中

400年以上の伝統を持つハフブローハウス・シカゴ(Hofbräuhaus Chicago)で春を祝うメイフェストが開催されている。場所はオヘア空港近くのローズモント。
ハフブローハウスと言えばミュンヘン。かつては 王国の公式醸造所の名前だった。ハフブローハウス・シカゴはその伝統技術をローズモントに持って来たもので、全米で唯一、ドイツのマイクロ・ブリュアリーで知られる。店の外にはビールの醸造タンクが並び、自家製ビールが醸造されている。

5月末までのメイフェスト中は、麦芽とホップの芳醇な香りと濃厚な味わいで知られるメイボック・ビールが楽しめる。アルコール度も7.2%と強気!
レギュラー・ビールは、ハフブローハウスの顔とも言える「ハフブロー・オリジナル」、400年前にハフブローハウスが建設された時に初めて醸造されたタイプのダークビール「ハフブロー・デュンクル」、軽めで爽快な喉ごしの「ハフブロー・ヘフュワイゼン」。アルコール度はそれぞれ、5.1%、5.5%、5.1%。この他ライトビールもある。

ドイツのビアホールのもう一つの楽しみは、もちろんドイツ料理。ワーストプレートを頼めば、各種ソーセージにザワークラウトやジャーマン・ポテト、プレッツェルがついて来る。
その他ミュンヘン・ポークロースト、ポーク・カツレツ、空腹の人にはバヴァリアンの大好物スモーク&ロースト・ポークやスモーク・ソーセージの盛り合わせなど豊富なメニューが揃っている。
料理はすべて自家製にこだわり、ザワークラウトやソースなど材料が入らないものはドイツから輸入している。こんがり焼けて中がふかふかのプレッツェルは、ドイツで作ったものを冷凍して輸入している。

ハフブローハウス・シカゴに一歩踏み込めば、そこはミュンヘンのビアホール。ライブ・ミュージックに合わせてビアジョッキーを振りかざし、掛け声をかけ合えば最高に盛り上がる。酔いすぎた人には、ドイツの衣装を纏ったウェイトレスがお仕置き棒でお尻を叩いてくれる。可愛い子ども達の所には、ミュージシャンが長いホルンで脅かしに来てくれる。家族でもグループでも、2人だけのデートでも大いに楽しめる。

ハフブローハウスの歴史

1589年、地元のビールに不満だったバヴァリアのウィルヘルム五世がビール醸造職人に命じ、自らの好みにも合い、1516年に制定されたBavarian Beer Purity法にも準じるビールを作らせたのがハフブローハウスの始まり。当時ビールは基本食品の一つと見なされており、宮廷の夫人達は1日に7リットルのビールを飲んでいたという。
ハフブローハウスのビールは人気となり、1602年にはウィルヘルム五世の息子のデューク・マキシミリアン一世の指示により小麦を使うビールが開発された。
1607年までに年間38,000ガロンのビールが必要となり、ミュンヘンにハフブローハウス(Hofbräuhaus am Platzl)が建設された。
1828年になるとミュンヘン市民からハフブローハウスのビールを一般に開放すべきだという声が強まり、ラドウィッグ一世がそれを承認した。これにより一般市民が貴族らと一緒にジョッキを傾けることができる様になり、年間何百万人もが訪れるHofbräuhaus Innのオープンとなった。

400年を越えるハフブローハウスにはいろいろな逸話が残っている。30年戦争でミュンヘンがスウェーデンに占拠された時には、362桶のハフブロー・ビールと引き換えに、破壊から町を守った。
1780年にはモーツアルトが、ハフブロー・ビールのおかげでオペラ・アイドメニオを書き上げることができたとクレジットを付けている。
1810年には王子だったラドウィッグ一世が結婚し、ミュンヘン市民すべてを結婚式に巻き込んだことから、ハフブローハウスと縁が深い恒例のオクトーバーフェストの始まりとなった。
1823年1月にミュンヘン・オペラハウスで火事が起きた。消防隊が水をかけようとしたところ水が凍っていたためハフブローハウスのビールが消火に使われた。
1935年には作曲家ウジア・ガブリエルと作詞家のクラウス・シーグフリード・リッチャーがハフブローハウスの歌を作っている。

●Hofbräuhaus Chicago
5500 Park Place
Rosemont, IL
Hours
Sun-Wed: 11 am to 11 pm
Thu: 11 am to midnight
Fri-Sat: 11 am to 2 am

●Live Entertainment
Sun: 12 pm to 4 pm &
5 pm to 11 pm
Mon-Thu: 5 pm to 11 pm
Fri: 6 pm to 1 am
Sat: 12 pm to 5 pm &
6 pm to 1 am

●Parking
Valet サービスあり。
MB Financial Park Parkingビルに駐車し、ハフブローハウスでバリデーションをもらえば無料となる。