日本語メインに戻る
アニメ上映会:先駆けから近代技術まで

• アニメ上映会「How Far We’ve Come-How Technology is Changing Anime」が2月20日、在シカゴ総領事館広報文化センターで開催され、デュポール大学のエリザベス・リラハッジ教授が日本のアニメの先駆者や進化について講演した。その後、「惑星大怪獣ネガドン」、「かくれんぼ」、「新SOS大東京探検隊」が上映され、新しい技術で製作されたアニメを見る絶好の機会となった。

• リラハッジ教授によると、日本の小企業約700社がアニメ関連の製作に関わっており、日本で製作される映画やテレビの半分以上がアニメだという。そのアニメには子ども向けから非常に高く評価されている大人向けの芸術的映画がある。

• 日本のアニメやマンガの先駆けとなるものは、いつ頃現れたのか。平安時代の絵巻に動物をユーモアと共に詳細に描いた戯画がある。これらの絵は風刺画で、深い意味が込められていると見る人もいる。

• 絵巻は文章とイメージが完璧に相互進化し、日本の伝統となった。絵巻には十二支を擬人化して描いたものや鼠草紙絵巻(16世紀)などがある。
• 付喪神(つくもがみ)も15世紀の絵巻に描かれている。付喪神とは長年使っている器物に宿る精霊たちで、ゴミとして捨てられた器物の精霊達が夜な夜な出現して怒りを表す。付喪神の絵巻は近代の漫画家やアニメ・アーティストらを触発し、高畑勲監督のポンポコ(1994年)などがある。

• 浮世絵もマンガやアニメの先駆けとなるもので、北斎のマンガもある。不思議で奇妙で面白いイメージを統合し、短い文章を付けている。北斎のマンガは本に綴じられ、当時19カ所に置かれて人々が閲覧することができた。北斎の他に川鍋暁斎がいる。どちらも画質が高い評価を得ている。

鉄腕アトム

• 1963年に始まった手塚治虫の鉄腕アトムが近代アニメの幕開けとなった。数年後には米国に輸出され「アストロ・ボーイ」という名前で放映された。鉄腕アトムは手描きで1秒間に24コマと荒い。
• リラハッジ教授は当時のアニメを次のように特徴付けている。
o 動きがぎこちない
o 表情が少ない
o 誇張されたジェスチャー
o 腹話術的
o 労力と経費の節約から、美学的には最小限。 

手描きアニメ

• 1984年に宮崎駿のナウシカが封切られた。マットペインティングとセル描画で製作されており、今日では「オールド・ファッション」と呼ばれている。
• この時代のアニメの特徴は:
o 瞑想的なムードと哲学的な深さがあり、登場人物は複雑で3次元的。
o 人生の対立や混乱に関するストーリーが多く、トランスフォーメーションが重視されている。
o 多国籍のファンへのアピールが増大。

CGI (computer generated images)

• CGIは映画、CM、ビデオゲーム、グラフィック・デザインなどに大きな変革をもたらした。
• 1988年、漫画家で映画監督の大友克洋氏はアニメ「アキラ」にCGIを取り入れた。
• CGIは1997年封切りのもののけ姫にも採用されている。しかし、CGIは約5分ほどで、手描きにブレンドされる形となっている。
• 手塚ノスタルジアは依然として強く、鈴木大介監督は「手描きの柔らかさや温かさは、CGIに取って代わることはできない」と述べている。

• 同イベントで上映された惑星大怪獣ネガドンは100%、CGIで製作されたもので、世界初のCGIによる怪獣映画となった。怪獣も登場人物もすべてCGIによるクリエーション。
• ネガドンは粟津順氏が2年以上をかけて単独製作したもので、場面は昭和100年。昭和20年代半ばから30年代半ばの雰囲気が良く出ている。

Cel-shaded CGI

• この技術は3Dにフィルターをかけ、二次元の手描きのように見せるもので、更にフィルターやライティング効果、グレイン、その他の技術を駆使し、手描き良さを出すもの。本物の手描きアニメと殆ど区別はつかない。
• 同イベントで上映された「カクレンボ」はCel-shaded CGIで製作された。監督は森田修平で封切りは2004年。狐の面を付けた子ども達が廃墟の街でかくれんぼをするのだが、その内に一人一人と消えていく。カクレンボはユーチューブでも見ることができる。

Simulated cel-animation (fully 3D CGI)

• Simulated cel-animation、コンピューター・シュミレーションによる手描きアニメで製作されたのが「新SOS大東京探検隊」で、同イベントで上映された。
• 同映画は大友克洋氏のまんが「アキラ」をベースにしたもので、監督は高木真司、2007年に封切られた。東京の地下に眠る宝の在処が父親の古いノートに記されていた。少年達はそのノートを頼りに地下に潜るのだが、一体宝とは何だったのか。
• 同映画は日本の伝統的なセルアニメの手法を継承した、画期的な3Dアニメとして評価されている。


デュポール大学のエリザベス・リラハッジ教授




15世紀の絵巻に描かれている 付喪神(つくもがみ)