Kyodo News

6月22日

日本語メインに戻る
米大統領、移民の親子再会を指示
収容先に米軍基地浮上

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、ホワイトハウスで開いた閣議で、メキシコ国境で拘束されて別々に収容された不法移民の親子を再会させるよう関係省庁に指示したと述べた。米メディアによると、刑事手続きのため拘束された親と一緒に最大2万人の子どもを収容する施設として米軍基地を利用する案が政権内で浮上している。
トランプ氏は議会に問題解決に向けた法整備を要請したが、移民政策を巡り与党共和党内でも意見対立があり審議は難航。メラニア夫人は21日、子どもが収容されている施設を急きょ訪問し「非人道的」と国内外で非難された親子分離の解消を重視している姿勢を示した。


米、EU車に20%関税も
大統領、貿易障壁撤廃要求

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は22日、欧州連合(EU)が米国からの輸出を阻む貿易障壁をすぐに撤廃しないのなら「米国に入ってくる全てのEUの自動車に20%の関税を課す」とツイッターで表明した。さらに「EUの自動車メーカーは米国内で生産しろ」と要求した。
EUは22日、米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対抗し、米国製品に高関税を課す報復措置を発動した。トランプ氏は、これに反発したもようだ。EUの乗用車に対する米国の関税は2・5%。これに対し、EUは米国の乗用車に10%の関税を課している。


米、日本製の一部鉄鋼を除外
輸入制限で初、中国やドイツも

 【ワシントン共同】米商務省は20日、鉄鋼の輸入制限で日本や中国、ドイツなど5カ国から輸入する一部の製品を適用除外にすると発表した。3月に発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限で製品の適用除外を決めたのは初めて。米企業から受け付けた適用除外申請のうち、42件を認めた。米国内での生産では足りず、外国製品に頼らざるを得ない製品が対象。
ロス商務長官は「消費者に近い産業の需要を考慮した」と説明。輸入制限による米国民への影響を抑えることで、11月の中間選挙で与党共和党が不利にならないようにすることも狙いとみられる。
適用除外の他の2カ国はスウェーデンとベルギー。


南北とロシアの経済協力準備推進
首脳会談、非核化へ努力

 【ソウル、モスクワ共同】韓国の文在寅大統領とロシアのプーチン大統領は22日、モスクワで会談し、対北朝鮮制裁が緩和された場合に可能となる朝鮮半島とロシアを鉄道やエネルギー供給網で結ぶ南北とロシアの経済協力について、準備を進めることで一致した。朝鮮半島の完全な非核化達成に向けて努力を続けることでも合意した。
文氏は会談後の共同記者会見で「鉄道や電力網、ガス管の連結に向けた共同研究など(現段階で)できる事業を着実に推進する」と述べた。プーチン氏は北極圏で計画する液化天然ガス(LNG)の輸出事業「北極2」を巡り、文氏と韓国の参加について協議したと明らかにした。


南北、8月に離散家族再会
赤十字会談で合意、関係進展

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は22日に北朝鮮・金剛山で赤十字会談を開き、朝鮮戦争(1950~53年)などで生き別れた離散家族の再会事業を8月20~26日に金剛山で行うことで合意した。参加者数は過去の再会事業と同規模の南北それぞれ100人ずつとする。
再会事業が実施されれば2015年10月以来の約2年10カ月ぶり。韓国で昨年発足した文在寅政権下では初めてとなる。文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は4月の板門店での南北首脳会談で再会事業実施に同意していたが、具体的な計画で一致したことで南北関係の進展を印象付けた。


米最高裁、ネット通販から売上税
州格差なくす判断

 【ワシントン共同】米最高裁は21日、州政府が、他の州に拠点を置くインターネット通販企業から売上税を徴収することを認める判断を示した。これまでネット企業が物理的な拠点がない他州の消費者に売った場合、売上税を請求する必要がなかった。ネット通販の普及を踏まえ、税金面での格差をなくす。
売上税は物品の販売に応じて最終的な消費者に課す税金で、州ごとに異なる。
最高裁判事の一人は、各州が徴収できないために巨額の取りはぐれが発生しているとの調査を引用し「小売企業の間での公平な競争を妨げている」と指摘した。26年前に最高裁が示した無店舗の通販企業に有利な判断を覆した。


OPEC原油増産合意
7月から、100万バレルも

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)は22日、ウィーンで定時総会を開いた。2017年1月から続けてきたOPEC加盟国と非加盟国の協調減産の規模縮小を議論し、最近の原油高に対応するため、増産で合意した。ロイター通信によると、7月1日から非加盟国と協調して世界の供給量の約1%に相当する日量100万バレル程度増やすという。
原油安への対応策として始まった協調減産は、原油を安定的に供給し価格の激しい変動を抑えるため、新たな段階に入る。22日のニューヨーク原油先物相場は、増産効果が限定的との見方から上昇、日本のガソリン価格などにも影響しそうだ。


NY原油急伸、67ドル後半
OPEC増産の実効性疑問視

 【ニューヨーク共同】22日午前のニューヨーク原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)などによる増産は実効性が乏しいとの見方から急伸し、指標の米国産標準油種(WTI)8月渡しが一時、前日比2・39ドル高の67・93ドルと5月31日以来、3週間ぶりの高値水準をつけた。
OPECは22日の定時総会で、7月から非加盟国と協力して日量100万バレル増産することで暫定合意した。しかし、経済危機に陥っているベネズエラの生産量が著しく減っていることなどから、実際に増産できる量は少なくなるとの見方が多く、買いが膨らんだ。


南スーダン和平合意せず
トップ会談、非難の応酬

 【ナイロビ共同】2013年12月から続く南スーダン内戦を巡り、キール大統領と亡命中の反政府勢力トップ、マシャール前第1副大統領が20~22日、エチオピアの首都アディスアベバで会談したが、和平合意に達しなかった。スーダンで25日に再会談する予定。AP通信などが報じた。
双方は停戦後の権力分担について協議したが、非難の応酬となり、歩み寄りは見られなかった。多数の住民が死亡し、約250万人が周辺国に逃れた人道危機は終わりを見通せない事態となっている。


米大統領夫人の上着に困惑
移民問題、気にせず?

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のメラニア夫人が21日、不法移民の親から引き離された子どもが収容されている南部テキサス州の施設を急きょ訪問した前後に「私は本当に気にしない。あなたは?」と背中に大きく書かれたジャケットを着たことに米国内で困惑が広がった。
夫人が予告なしの「サプライズ訪問」を決めた理由について、政権は夫人が移民問題を「非常に気に掛けたため」と説明していたが、ロイター通信は「ジャケットはそれとは異なるメッセージを送った」と報道。ワシントン・ポスト紙電子版も「夫人は何を考えているのかというのが大方の人の反応だ」と伝えた。


トルコ新空港に初着陸
エルドアン大統領、実績アピール

 【イスタンブール共同】トルコの最大都市イスタンブールの欧州側で建設が進む新国際空港に21日、エルドアン大統領を乗せた飛行機が着陸した。アナトリア通信などによると、10月29日に部分開港する予定の新空港に着陸した初の飛行機。
今月24日の大統領選と議会選を控え、巨大事業を進めてきた実績をアピールする狙いがありそうだ。
政府によると、新空港は完成すれば世界最大級となる。エルドアン氏は着陸後、新空港は世界の主要ハブ(拠点)になると強調した。
世論調査によると選挙は大統領側が優勢だが、野党の善戦も伝えられている。

新燃岳が爆発的噴火
4月5日以来

 22日午前9時9分、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で爆発的噴火が発生した。気象庁によると、噴煙は火口から2600メートルまで上がり、大きな噴石が火口中心から1・1キロまで飛散した。爆発的噴火は4月5日以来。
気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、火口から約3キロの範囲で噴石の飛散に、約2キロの範囲で火砕流に警戒するよう呼び掛けている。
宮崎、鹿児島両県によると、これまでにけが人や家屋損壊などの被害は確認されていない。宮崎空港と鹿児島空港の発着便にも影響は出ていない。

爆発的噴火を起こし噴煙を上げる霧島連山・新燃岳=22日午前9時15分、鹿児島県霧島市から


政府、北朝鮮に専門家派遣の用意
非核化を側面支援、米に伝達

 政府が北朝鮮の非核化に向け、日本の核専門家を北朝鮮に派遣する用意があると米国に伝達していたことが22日、分かった。廃炉作業中の日本原子力発電東海原発(茨城県)で得た知見を活用。今後の米朝協議が北朝鮮・寧辺にある黒鉛減速炉(5千キロワット)の解体で合意した場合、側面支援したい考えだ。複数の日本政府関係者が明らかにした。非核化プロセスに積極貢献の姿勢を示して進展を促すとともに、北朝鮮問題での孤立を回避する狙いがある。
政府は、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を確実に達成するには、日本が日米連携に基づき関与を強める必要があると判断している。


首相、拉致議連申し入れ書受理
日朝首脳会談「解決に資する」

 安倍晋三首相は22日、超党派の「拉致救出議員連盟」会長の古屋圭司・元拉致問題担当相と官邸で会い、日朝首脳会談について「相互不信の殻を破り直接交渉するが、拉致問題の解決に資するものでなければならない」と強調した。拉致被害者の帰国につながる形で日朝首脳会談に臨むよう求める議連の申し入れ書を受け取った。
古屋氏によると、首相は日朝首脳会談に関し「まだ何も決まっていない」と述べた。
申し入れ書は「北朝鮮との交渉に前のめりになれば足をすくわれる。拉致問題の解決なくして、経済支援や国交正常化の議論を行うことは絶対認められない」と指摘した。


地上イージスに山口、秋田が反発
防衛相「北朝鮮脅威は不変」

 小野寺五典防衛相は22日、政府がミサイル防衛強化策として導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、候補地の山口、秋田両県を相次いで訪れ「北朝鮮の脅威は何も変わっていない」と配備への理解を要請した。山口県の村岡嗣政知事は「納得できる説明をしてほしい」と要求。秋田県の佐竹敬久知事は「地元感情を軽視したものと受け取らざるを得ない」と反発した。
秋田での会談で小野寺氏は、政府が北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定した住民避難訓練を見合わせることに関し「警戒を緩めているわけではない」と釈明。山口県では「北朝鮮は具体的な廃棄の動きもない」と強調した。


トヨタ、新型センチュリー発売
最高級セダン21年ぶり改良

 トヨタ自動車は22日、企業の役員車や公用車として使われる最高級セダン「センチュリー」を21年ぶりに全面改良して発売した。3代目となる新型は、車体内外の塗装などに「匠の技」を取り入れて豪華さを演出し、初めてハイブリッド車(HV)にして燃費性能も向上させた。後部座席の快適性を重視して開発し、自動ブレーキなどで安全性も高めている。
車体前面に装着した鳳凰の紋章は、職人が金型を約1カ月半かけて手彫りしたという。外観塗装は、熟練の技術者が素手で仕上がりを確認しながら細かく修正。遮音材も手作業で取り付け、車内に入る騒音を大幅に減らした。
希望小売価格は1960万円。

21年ぶりに全面改良して発売された、トヨタ自動車の最高級セダン「センチュリー」=22日午後、愛知県長久手市


仮想通貨6社に金融庁が改善命令
マネーロンダリング対策求め

 金融庁は22日、仮想通貨交換業者大手のbitFlyer(ビットフライヤー、東京)など交換業者計6社に対し、資金決済法に基づき業務改善命令を出したと発表した。立ち入り検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの体制が不十分だと判断した。
金融庁の命令を受けてビットフライヤーは当面の間、新規顧客の口座開設受け付けを取りやめることを明らかにした。
1月に起きた交換業者大手コインチェックによる流出問題以降、金融庁は国内の業者に順次立ち入り検査を実施。これまでは登録申請中の「みなし業者」に対して厳しい姿勢で臨んできた。

新規顧客の口座開設受け付け取りやめを告知する、仮想通貨交換業者大手「ビットフライヤー」のウェブサイト


東京湾にクジラ?目撃情報
海保、船に注意呼び掛け

 22日午前6時15分ごろ、東京湾の東京ゲートブリッジ付近を航行中の船から、長さ約15メートルのクジラを目撃したと118番があった。東京海上保安部が巡視船で付近をパトロールしたが発見できておらず、近くを通る船に注意を呼び掛けている。
東京海保によると、18日朝にも、東京湾に面する葛西海浜公園沖を航行中の漁船から「クジラが潮を吹いている」との通報があった。
海保の担当者は「東京湾の奥でクジラが目撃されるのは珍しく、同じ個体の可能性がある」と話している。


国際司法裁裁判官に岩沢氏
国連で小和田氏後任補欠選

 【ニューヨーク共同】国連総会と国連安全保障理事会で22日、国際司法裁判所(ICJ)裁判官を辞任した小和田恒氏の後任を選ぶ補欠選挙が行われ、東大大学院教授の岩沢雄司氏が当選した。岩沢氏が唯一の立候補者で、事実上の信任投票だった。日本人では4人目のICJ裁判官で、小和田氏の残り任期の2021年2月までを務める。
国連総会では193カ国のうち184カ国、安保理では15カ国全てが賛成票を投じ、当選に必要なそれぞれの過半数を大きく上回った。
ICJは国家間の紛争を平和的に解決することを任務として設立された国連の主要な司法機関。


台湾の李元総統が沖縄入り
慰霊祭出席へ、中国は批判も

 台湾の李登輝元総統(95)が沖縄県訪問のため22日午後、航空機で那覇市に到着した。李氏の訪日は2016年夏に同県石垣市を訪問して以来で、00年の総統退任後9回目。24日に糸満市の平和祈念公園で行われる太平洋戦争で犠牲となった台湾人戦没者慰霊祭に出席する。滞在は25日まで。
中国は戦没者慰霊祭への出席について「植民地統治の美化だ」と反発しており、批判を強める可能性もある。
那覇空港の到着ロビーに車いすで現れた李氏は日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の谷崎泰明理事長らの歓迎を受けた。


ロンドンから日本文化発信
「ジャパン・ハウス」開館


【ロンドン共同】日本政府が日本文化の発信拠点と位置付ける「ジャパン・ハウス」が21日、ロンドンの高級商業地ケンジントン地区に開館した。ブラジル・サンパウロと米ロサンゼルスに続いて3カ所目。アートやデザイン、食などを通じて日本のものづくりやクリエーティブな文化など多彩な魅力を紹介する。
安倍政権は当初、ジャパン・ハウスを歴史認識や領土問題で日本の立場を世界に訴える場とする予定だったが、当面は文化紹介が中心。開館レセプションに出席した薗浦健太郎首相補佐官は記者団に「見解の相違がある問題で、われわれの立場を正しく認識してもらう取り組みを発信したい」と述べた。

18日に事前公開されたロンドンの「ジャパン・ハウス」の展示品(共同)


将棋王座戦、藤井七段が4強入り
タイトル初挑戦まであと2勝

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は22日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第66期王座戦本戦トーナメントの準々決勝で深浦康市九段(46)を120手で破ってベスト4に進出、タイトル初挑戦まであと2勝とした。7月6日に行われる準決勝で、斎藤慎太郎七段(25)と対戦する。
もう一方の準決勝は、タイトル保持者の渡辺明棋王(34)と永瀬拓矢七段(25)が対戦。藤井七段が準決勝も勝ち進めば、両者のどちらかとタイトル挑戦を懸けて戦う。
中村太地王座(30)への挑戦者を決める本戦は、予選を勝ち抜いた棋士とタイトル保持者ら16人が出場。優勝者が挑戦権を獲得する。

第66期王座戦本戦トーナメントの準々決勝で、深浦康市九段(右)を破った藤井聡太七段=22日夜、東京都渋谷区の将棋会館