Kyodo News

6月29日

日本語メインに戻る
ソフトB、米投資2兆円超拡大か
トランプ大統領が発言

 【ニューヨーク共同】トランプ米大統領は28日、米中西部ウィスコンシン州で演説し、ソフトバンクグループが対米投資額を従来計画から220億ドル(約2兆4千億円)増やすと説明した。発言の根拠は示さなかった。シャープの親会社である台湾の鴻海精密工業が100億ドルを投じて同州に建設する液晶パネル工場の起工式で語った。
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は2016年12月、就任前のトランプ氏とニューヨークで会談し、4年間で500億ドルに上る投資を約束し、親密な関係を築いた。
トランプ氏は講演で「500億ドルが現時点で720億ドルになった」と歓迎した。


米国務長官が7月上旬来日へ
訪朝直後、首相らと会談

 ポンペオ米国務長官が7月上旬に来日し、安倍晋三首相や河野太郎外相とそれぞれ会談する方向で検討に入ったことが29日、分かった。ポンペオ氏は近く北朝鮮を訪問するとされており、来日はその直後の7、8両日を軸に調整している。日本側は米朝協議の内容について説明を受けた上で、日本人拉致問題の解決に向けた日米の緊密な連携を確認したい考え。日本政府関係者が明らかにした。
首相と河野氏は、北朝鮮の完全非核化に向けた具体的な手順について、ポンペオ氏から詳細な報告を受ける方針だ。拉致問題に関する北朝鮮側の姿勢についても確認するとみられる。


在韓米軍司令部が移転
ソウル南方で新庁舎開館式

 【ソウル共同】在韓米軍司令部は29日、ソウル中心部の竜山基地から南方の京畿道平沢にある米軍基地キャンプ・ハンフリーに移転し、新築の庁舎で開館式を開いた。1957年の同司令部創設に先立ち、日本が敗戦した45年から竜山に拠点を置いてきた米軍は、約70年にわたった竜山駐留の歴史を事実上、終えることになる。
開館式に出席した韓国の宋永武国防相は南北が目指す朝鮮戦争終結を念頭に、在韓米軍は今後「(東アジアの軍事的な)均衡を保ち、世界平和に寄与する新たな役割」を担うだろうと指摘した。
新庁舎は4階建ての本館と2階建ての別館。

29日、韓国・平沢のキャンプ・ハンフリーで開かれた在韓米軍司令部新庁舎の開館式(共同)


米ハワイで環太平洋合同演習
中国招かれず

 米海軍主催の環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニーが28日(日本時間29日)、米ハワイで開かれ、演習が本格的に始まった。8月2日まで。日本や韓国など26カ国が参加する。米国は2014年から中国を招いてきたが、近隣国と領有権を争う南シナ海の軍事拠点化を加速させているとして、今年は参加要請を取り消し、中国を排除した形だ。
日本からは陸上自衛隊や海上自衛隊が参加し、米軍と共同で地対艦戦闘訓練を初めて7月に実施。カウアイ島から100キロ程度沖合の廃船を敵艦に見立て、海自の哨戒機が情報収集し、陸自、米陸軍が実射する。

28日、米ハワイで開かれた環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニー(共同)


米朝会談歓迎の声明出せず
国連安保理で中国提案、米反対

 【ニューヨーク共同】核・ミサイル開発を強行した北朝鮮に厳しい制裁を科している国連安全保障理事会で、中国がトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談の実現などを歓迎し、北朝鮮制裁への対応に触れた報道声明を提案したが、米国が28日に反対し、まとまらなかったことが分かった。
複数の安保理外交筋が明らかにした。米国は、北朝鮮との間で非核化を巡る政府幹部レベルの交渉が継続中であることを理由に反対したという。
報道声明案は、米朝首脳会談を歓迎。北朝鮮が制裁決議を守れば、安保理は北朝鮮に対する措置を調整するという内容だった。


JKビジネス対策評価日本格上げ
米の人身売買報告書

 【ワシントン共同】米国務省は28日、売春や強制労働などを目的とした世界各国の人身売買に関する2018年版報告書を発表した。昨年まで13年連続で4段階評価のうち上から2番目だった日本は、女子高生らによる親密な接客を売りにした「JKビジネス」などへの対策が評価され、最も高いランクに初めて格上げされた。
国務省は日本に関し、少女売春の温床となっている「JKビジネス」撲滅に向け、関係機関を横断した取り組みが実施されていると指摘。一方で、児童買春などが軽微な処分で済まされるケースが多いとして、罰金刑ではなく実刑を科すなど厳罰化を勧告した。


EU、難民審査施設設置で合意
受け入れ方策検討へ

 【ブリュッセル共同】ブリュッセルの欧州連合(EU)本部で28日始まったEU首脳会議は主要議題の不法移民・難民流入への対応を巡り、29日未明、合意した。域外に入域審査施設をつくり、真に保護が必要な人のみEUに受け入れる方策について早急に検討する。設置場所は北アフリカが念頭にある。
また、海上などで救助された難民らについては、EU域内に設ける施設で審査などを行い、不法移民は送り返すことで一致した。
アフリカから地中海を越えて押し寄せる難民らの玄関口に当たるイタリアは、自国の負担が重いとして、具体的な負担軽減策を取るよう要求。


WTO、たばこ箱の宣伝禁止容認
貿易制限に当たらず

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)は28日、たばこの箱の包装から宣伝色を排除するオーストラリアの規制について、貿易制限に当たるとするホンジュラスなどの訴えを退ける判断を下したと発表した。健康被害を防止するためというオーストラリアの主張を全面的に認めた。
世界的に禁煙の流れが広がる中、たばこ箱の包装などの規制は英国やアイルランドも導入、検討中の国も多く、WTOで容認されたことで各国に広がる可能性がある。
ホンジュラスなどは、判断に不服がある場合、「二審」に当たる上級委員会に上訴できる。


米新聞社で銃撃、5人死亡
2人負傷、容疑者拘束

 【ニューヨーク共同】米東部メリーランド州アナポリスの新聞社キャピタル・ガゼットの事務所に28日、散弾銃を持った男が押し入って発砲し、地元警察によると編集者ら5人が死亡、2人が負傷した。警察は州内在住のジャロッド・ラモス容疑者(38)を拘束した。容疑者は報道内容を巡って同社とコラムニストを名誉毀損で訴えるなどトラブルになっていた。
警察当局者は「キャピタル・ガゼットを標的にした事件だ」との認識を示した。
現場に居合わせた同社の事件担当記者はツイッターに、男が事務所の外からガラスのドアを撃ち、スタッフに発砲したと書き込んだ。


バリ国際空港が一時閉鎖
インドネシア、アグン山噴火で

 【ジャカルタ共同】インドネシア国家災害対策庁は29日、バリ島東部アグン山(標高3千メートル超)の噴火による火山灰の影響で、バリ国際空港が同日夜までの閉鎖を決めたと明らかにした。大規模な噴火は起きておらず、延長するかどうか同日午後に判断する。
アグン山は昨年9月以降、火山活動が活発化し、同年11月に約半世紀ぶりに噴火。この影響でバリ国際空港は2日半にわたり閉鎖され、多くの観光客に影響が出た。

日本政府、車輸入制限反対を米に伝達
「世界経済破壊」と異例の警告

 政府は29日、トランプ米政権が検討する自動車の輸入制限を巡り、米商務省に対して反対の意見書を提出した。同盟関係にある米国の政策に真っ向から反対し、直接伝達するのは異例だ。国際社会が守ってきた自由貿易体制に悪影響を与え「米国経済、ひいては世界経済に破壊的な影響を及ぼし得る」とし、導入を見送るよう厳しい表現で警告した。
米商務省の意見公募(パブリックコメント)に応じた。7月下旬に予定する日米貿易協議の初会合を見据え、自由貿易を重視する日本の立場を明確にした形だ。米政権の保護主義的な通商政策をけん制する狙いもありそうだ。

日本政府が提出した意見書のポイント


TPP11関連法が成立
国内手続き完了は2カ国目

 米国を除く11カ国が署名した環太平洋連携協定(TPP)の関連法が29日、参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数により可決、成立した。これで国内手続きはほぼ終わり、メキシコに続いて2カ国目の完了となる。他国の作業が順調なら年内にも発効する。政府は多国間の自由貿易圏づくりを推進し、保護主義的な政策に突き進むトランプ米政権のけん制材料としたい考えだ。
11カ国の国内総生産(GDP)を合わせると全世界の13%を超える。政府は貿易や投資が活発になって実質GDPが年7兆8千億円押し上げられ、雇用は46万人増えると見積もった。

参院本会議で環太平洋連携協定(TPP)の関連法が可決、成立し、一礼する茂木経済再生相=29日午前


北朝鮮完全非核化へ連携
日米防衛相会談

 小野寺五典防衛相は29日、マティス米国防長官と防衛省で会談し、北朝鮮の核兵器を含む全ての大量破壊兵器、弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄」の実現のため、日米が国際社会と連携して取り組むことで一致した。中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島に関し、日米安保条約第5条が適用されることも再確認した。
小野寺氏は米軍F15戦闘機の墜落に言及し、安全な運用を要請。マティス氏は共同記者会見で、米韓合同軍事演習の中止に関し、北朝鮮核問題の外交解決を支えるための措置と説明した。
この後、マティス氏は安倍晋三首相と官邸で会談。

記者会見前に握手するマティス米国防長官(左)と小野寺防衛相=29日午前、防衛省


政府、新たな中国掘削船に抗議
東シナ海のガス田開発で

 河野太郎外相は29日の記者会見で、東シナ海の日中中間線付近のガス田共同開発を巡り、新たに中国の掘削船を確認したとして、中国側に厳重に抗議したことを明らかにした。新たなガス田掘削施設の建造に向けて試掘している可能性がある。
日中両政府は2008年にガス田共同開発で合意したが、中国は日中中間線の中国側の海域に計16基のガス田掘削施設を建造し、単独開発を進めている。日本側は繰り返し中止を求めているが、中国は応じていない。
政府関係者によると、防衛省が6月下旬に今回の掘削船を確認した。


働き方改革関連法が成立
罰則付き残業規制、高プロ制度も

 政府が今国会の最重要課題と位置付けた働き方改革関連法が29日の参院本会議で、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。青天井だった時間外労働(残業)に初の罰則付き上限規制を設け、非正規労働者の待遇を改善する「同一労働同一賃金」など働く人の保護策を盛り込んだ。
長時間労働が慣行の日本の労働現場で残業抑制や過労死防止につながるのか、効果が問われる。
安倍晋三首相は成立について記者団に「多様な働き方を可能にする法制度が制定された。今後も働く人々の目線に立ち、国会でのさまざまな議論も受け止めながら改革を進めていく」と述べた。

働き方改革関連法が与党などの賛成多数で可決、成立した参院本会議=29日午前


国の17年度税収が58・8兆円
景気堅調、26年ぶりの高水準

 2017年度の国の一般会計税収が58兆8千億円程度になったことが29日、分かった。景気が堅調に推移したため所得税、消費税、法人税の主要3税がそろって16年度を上回った。バブル期直後の1991年度(約59兆8千億円)以来、26年ぶりの高水準となる。
企業業績が好調で法人税が伸びたほか、株式の売却益などにかかる所得税も膨らんだことが要因。円高などの影響で55兆4686億円にとどまった16年度と比べて約3兆3千億円増えた。財務省が7月上旬に公表する。
財務省は、17年度の税収を57兆7千億円と見積もって予算を組んでいた。この想定より1兆1千億円ほど上振れした。


日立化成、蓄電池で検査数値捏造
産業用6万台、500社納入

 日立製作所グループの日立化成は29日、産業用鉛蓄電池約6万台の検査成績書に不適切な数値を記載する捏造行為があったと発表した。納入先は国内の複数の原発を含め約500社。工場などの非常用電源に使う蓄電池製品が対象で、製造した名張事業所(三重県名張市)で品質保証を担当する部長は調査前から不正を把握していた。
丸山寿社長が東京都内で記者会見し「お客さまや関係者に多大な迷惑をお掛けしていることをおわび申し上げる」と謝罪した。安全性に問題は確認されていないと説明している。
2011年から今年6月までを調査して不正を確認した。


北京の下町に30日無印ホテル
シンプルさと伝統融合

 【北京共同】生活雑貨店「無印良品」のコンセプトを体現したホテル「MUJI HOTEL」が30日、北京で開業する。天安門広場近くの古い民家が連なる下町「胡同」の一角にあり、「無印良品」の特色であるシンプルなデザインと、北京の伝統的な要素を融合させたという。「MUJI  HOTEL」は今年1月に開業した広東省深センに続き、世界で2軒目。
報道陣に29日、内部を公開した。42の客室があり、家具などの材質には麻や綿などの自然素材を多く使って快適性を追求したという。レストランも備えている。
無印の運営会社、良品計画が企画し、別の企業が運営する。


パナ、「社外留職」の新制度
他社で仕事、働き方改革で

 パナソニックは29日、社員の働き方改革を推進するための取り組みを発表した。パナソニックに籍を置いたまま1年ほどベンチャー企業など他社で働く「社外留職」や、部門をまたいで働く「社内複業」などの制度を導入し、人材の育成や技術革新につなげる。
社外留職は入社4年目以上で、現在の部署で1年以上働く社員が対象。希望する企業で最長1年間働き、自由な発想力や、環境変化への対応力を身につけてもらう。5月から公募を始め、初年度は5人を派遣する予定。
社内複業は、係長級以上の社員が所属部門に籍を置きながら別の部署の仕事を掛け持ちする。


ヤナセ、ポルシェ販売参入
福岡に子会社

 輸入車販売大手のヤナセ(東京)は29日、福岡市にポルシェ車を専門に取り扱う子会社を設立し、7月から営業を始めると発表した。ヤナセがポルシェを販売するのは初めて。輸入車人気が高い福岡での販売拡大を狙う。
子会社は「ヤナセプレストオート」で、5月に設立した。資本金は1千万円。ポルシェの新車、中古車を販売するほか、修理や整備といったアフターサービスも行う。
SUBARU(スバル)の子会社「福岡スバル」からポルシェ事業を譲り受けた。譲渡額は非公表。ポルシェ事業を担当していた福岡スバルの従業員約30人の大半が転籍するという。


大学生の就職内定率が76%
15日時点のリクルート調査

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアは29日、2019年3月卒業予定の大学生の内定率が、今月15日時点で76・0%だったとの調査結果を発表した。主要企業の採用面接が解禁された今月1日時点から7・9ポイント上昇。前年同時点比で5・5ポイント増え、学生優位の「売り手市場」を背景に、内定が早めに出ている状況を反映した。
リクルートキャリアは「内定を得た後でも、納得できる就職先を目指して活動を続ける学生が多い」と分析した。
内定率の内訳は、文系が72・0%、理系は84・5%。男子は79・2%、女子は72・2%だった。


2千億円の公募増資を中止
シャープ、財務正常化に遅れ

 シャープは29日、7月に実施するとしていた2千億円規模の公募増資を中止すると発表した。米中間の貿易摩擦などによる株式市場の不安定化を理由としており、シャープの株価が今月5日の増資計画の発表後に大幅に下落したことが影響したとみられる。
増資により経営危機時の「負の遺産」を処理し、攻めの経営に転じる戦略を掲げたが、財務正常化への見通しは不透明となった。
シャープは株式発行価格の決定時期など詳細な日程や手続きも発表していたが、「株主などの利益を最大化するには至らないと判断した」として一転して中止を決めた。


働く人最多、6698万人に
人手不足で女性、高齢者増

 総務省が29日発表した労働力調査によると、2018年5月の就業者数は6698万人に達し、比較可能な1953年以降で最多となった。前年同月比で151万人の増加で、これまでのピークだった1997年6月の6679万人を21年ぶりに更新した。
少子高齢化に伴い、働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口が減少している一方、景気の回復傾向を背景とした人手不足で、高齢者の再雇用や女性の就業が増えていることが要因。
就業者数は、会社員ら雇われている人に加え、雇い主や自営業の経営者なども含めた働く人の総数をいう。

就業者数の推移


尖閣接続水域に中国海軍の病院船
挑発行為と警戒

 防衛省は29日、沖縄県・尖閣諸島の大正島周辺の領海外側にある接続水域を中国海軍の病院船が航行したと発表した。海上保安庁の巡視船が無線で呼び掛けるなどし、約1時間後に接続水域の外に出たのを確認した。
中国艦艇が尖閣周辺の接続水域に入るのは2016年6月が初めてで、今年1月に潜水艦が潜った状態で航行して以来3回目。防衛省幹部は「太平洋に出るための航路を大きく外れてはいないが、わざわざ尖閣に近寄ったのは間違いない。明確な挑発行為だ」と指摘し、警戒を強めた。

海上保安庁の航空機が撮影した、沖縄県・尖閣諸島の大正島北東の接続水域外を航行する中国海軍の病院船=29日午前6時半ごろ(海上保安庁提供)


滋賀・米原で竜巻か、8人けが
85棟被害、住宅屋根飛ぶ

 29日午後1時45分ごろ、滋賀県米原市で竜巻とみられる突風が発生して被害が出たとの通報が相次いだ。飛んできたガラスや落下物などで10~80代の男女8人が軽傷を負った。住宅など85棟で被害が確認され、うち46棟は屋根が飛ばされるなど建物の主要な構造部分が被害を受けた。
気象庁は同日、機動調査班4人を現地に派遣。当時、活発な積乱雲が付近を通過中で、移動する渦の目撃情報が複数あったとして「竜巻と推定した」と明らかにした。
県警や市によると、被害は同市朝日、夫馬、北方など南北約2・5キロの広範囲に及んだ。

竜巻とみられる突風で屋根が飛ぶなどの被害を受けた住宅=29日午後3時51分、滋賀県米原市(共同通信社ヘリから)


藤井七段が竜王戦敗退
将棋、決勝T2回戦

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は29日、東京都渋谷区の将棋会館で指された八大タイトル戦の第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦で増田康宏六段(20)に敗れて3回戦に進めず、同棋戦の敗退が決まった。
これでタイトル戦のうち、年内に挑戦者となる可能性があるのは王座戦、棋王戦となった。王座戦では本戦トーナメントのベスト4に進出しており、挑戦権獲得まであと2勝に迫っている。
増田六段は昨年6月、歴代最多の29連勝を達成した時の相手で、今回が2度目の対戦だった。

第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦で、増田康宏六段に敗れた藤井聡太七段=29日夜、東京都渋谷区の将棋会館


テニス錦織、世界200位と初戦
ウィンブルドン組み合わせ

 【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権(7月2日開幕)の組み合わせが29日に決まり、男子シングルスで第24シードの錦織圭(日清食品)は3日予定の1回戦で、予選を勝ち上がった世界ランキング200位のクリスチャン・ハリソン(米国)と初対戦することになった。
錦織は上位シードと共に勝ち上がると、3回戦で第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)、初の8強入りが懸かる4回戦で第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と当たるゾーンに入った。

28日にロンドンで行われたエキシビションマッチに出場した錦織圭(共同)


カブスのダルビッシュ、復帰延期
全力で投球練習できず

 【ロサンゼルス共同】右上腕三頭筋の腱炎のため故障者リスト(DL)に入っている米大リーグ、カブスのダルビッシュが復帰を7月以降に延期することが28日、決定した。遠征先ロサンゼルスでブルペンに入って投球練習を行ったものの、力を欠いた。球団は30日にも戦列に戻る可能性があると説明していたが、マドン監督は「全力で投げることができなかった。土曜日(30日)は投げない」と方針を話した。
ダルビッシュは25日に傘下のマイナー1Aで実戦復帰を果たして5回を1失点だったが、その後に違和感を訴えていた。同監督は「(本拠地)シカゴに帰って今後どうするか再検討する」とした。


エンゼルス大谷選手、手術を回避
打者先行で復帰へ

 【ボストン共同】米大リーグ、エンゼルスは28日、右肘の内側側副靱帯の損傷で戦列を離れている大谷翔平選手(23)がロサンゼルスで再検査を受け、患部は回復していると発表した。復帰に1年以上を要する靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)は回避することになった。
大谷選手はこの日から両手での打撃練習を開始し、経過が良好なら数日後により実戦に近い練習に臨む見込み。エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は電話会見で「日々の様子を見ながら、少しずつ慣れたら復帰する」と、指名打者での復帰時期は明言しなかった。投手としては、3週間後に再び検査を受けてから方針を決める。