Kyodo News

7月1日

日本語メインに戻る
米、サウジに原油増産要求
価格抑制で首脳電話会談

 【ロンドン共同】トランプ米大統領は30日にツイッターで、サウジアラビアのサルマン国王と電話会談し、原油の増産を要求したことを明らかにした。
石油輸出国機構(OPEC)などの主要産油国は6月に原油増産で合意し価格抑制に乗り出したばかりだが、イラン核合意からの離脱を表明した米国は日本など各国にイラン産原油の輸入停止を求めており、その代替としてサウジに増産させて供給不安を解消したい思惑があるとみられる。
OPEC加盟国とロシアなど非加盟国は7月から協調減産を緩和し増産することで合意。日量計約100万バレル増やすことを目指すとしている。


米、貿易促進法を3年延長
トランプ政権、通商交渉に追い風

 【ワシントン共同】米議会が持つ通商交渉の権限を大統領に委ねる貿易促進権限(TPA)法の3年間延長が30日、確実になった。同日いっぱいで失効することになっていたが、トランプ大統領の延長要請を議会が容認した。期限は2021年6月30日まで延びる。日本などとの通商交渉に意欲を見せるトランプ政権にとって追い風となる。
TPA法は15年6月に成立した。当時のオバマ政権が通商交渉を進めやすくなったことが、15年10月の環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意に結びついた。


米の車輸入制限に軒並み反対
日米欧韓の主要メーカー

 【ワシントン共同】米商務省は29日、自動車や部品の輸入制限に関する意見書の受け付けを締め切った。日米欧韓の主要メーカーが軒並み反対の意見書を提出。一方、トランプ大統領は輸入制限を実施すべきかどうかの調査を7月中に終えたいと表明した。
トヨタ自動車は、完成車や部品に高率の追加関税を課す輸入制限が発動されれば、輸入車だけでなく、米国内で造られた車も値上がりすると指摘。「全ての自動車と部品メーカーが悪影響を受ける」と訴えた。
マツダは「輸入制限は米国の雇用に重大な結果をもたらす」とし、SUBARUは「自動車貿易は米国の経済と安全保障に利益がある」と主張した。


カナダ、米に報復関税
7月から1・4兆円対象

 【ニューヨーク共同】カナダ政府は29日、米国が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対抗し、7月1日から米国の鉄鋼やアルミ、ウイスキーなど166億カナダドル(約1兆3900億円)分に報復関税を課すと発表した。中国や欧州連合(EU)が既に報復措置を発動。隣国であり、経済関係が密接なカナダも報復措置を発表したことで、トランプ米政権と各国との貿易摩擦が一段と激化しそうだ。
カナダは米国製の鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課すほか、トマトケチャップやメープルシロップ、トイレットペーパーなどにも10%の追加関税を課す。


米大統領、WTO脱退意向と報道
財務長官は否定

 【ワシントン共同】米ニュースサイトのアクシオスは29日、トランプ米大統領が世界貿易機関(WTO)から脱退したい意向を政権高官に繰り返し伝えていると報じた。ムニューシン財務長官は同日、米テレビで「報道は正しくない。偽ニュースだ」と否定した。
アクシオスによると、トランプ氏は「われわれはいつもWTOにやられている。なぜその中にいるのか分からない。WTOは他国が米国から搾り取るように設計されている」などと話しているという。
ムニューシン氏は「WTOは不公平であり、中国などが利益を得ている」としながらも「報道は誇張されている」と指摘した。


中間選挙、共和党多数維持と予測
大統領選で参謀役のバノン氏

 【ワシントン共同】2016年の米大統領選でトランプ大統領の参謀役だったスティーブン・バノン前首席戦略官は6月30日、ワシントンで河井克行自民党総裁外交特別補佐と会談し、11月の中間選挙では上下両院ともに与党共和党が多数派を維持するとの見方を示した。
会談後、河井氏が記者団に明らかにした。バノン氏は中間選挙で共和党は下院で10議席減らすが過半数を維持、上院では数議席を上乗せすると予測。また、16年の大統領選で民主党候補クリントン氏が「哀れな集団」と呼んだ白人労働者らの声を代弁する政策を今後も遂行していきたいと語ったという。

6月30日、スティーブン・バノン氏(左)と握手する河井克行自民党総裁外交特別補佐=米ワシントン(共同)


北朝鮮の核、1年以内に解体可能
米補佐官、慎重姿勢も

 【ワシントン共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は1日放送の米CBSテレビのインタビューで、北朝鮮の協力次第で核兵器など同国の大量破壊兵器の大半は「1年以内に解体可能だ」と述べた。「北朝鮮が過去にどう振る舞ったかはよく分かっている」とも語り、慎重に交渉する考えを示した。
ボルトン氏はポンペオ国務長官が近く、こうした考えを含めて北朝鮮側と議論するとの見通しを明らかにし、北朝鮮が「戦略的な決断」を下して大量破壊兵器の早急な放棄が実現すれば、日本や韓国からの経済援助の実現につながるだろうと述べた。


米朝、板門店で実務協議
韓国報道、長官訪朝前に

 【ソウル共同】複数の韓国メディアは1日、米国のソン・キム駐フィリピン大使が同日、板門店で北朝鮮側と実務協議を行ったと報じた。ソン・キム氏は6月の米朝首脳会談前にも板門店で北朝鮮の崔善姫外務次官らと実務協議を重ねていた。ポンペオ国務長官が近く訪朝すると報じられる中、今回も議題などを事前調整しているとみられる。
聯合ニュースは外交筋の話として、北朝鮮側からは1日も崔氏が出席し、約1時間意見交換したと報じた。MBCテレビによると、ソン・キム氏は6月29日に韓国入りし、1日に米大使館の車で板門店方面に向かった。

米国のソン・キム駐フィリピン大使


非核化なければ軍事行動検討も
米専門家、北朝鮮に疑念

 【ワシントン共同】自民党の河井克行総裁外交特別補佐は6月30日までに、米国の安全保障専門家や共和党下院議員らとワシントンで会談、専門家らから北朝鮮の非核化が進まない場合、制裁強化のほか軍事行動の検討が必要との意見が出たという。河井氏が記者団に明かした。
会談相手は、オバマ前政権で駐韓米大使を務めたリッパート氏やヘリテージ財団のクリンナー上級研究員、下院軍事委員会メンバーのテイラー議員ら。会談では「北朝鮮は非核化に努力していると見せかけるため、巧妙に成果を小出しにし、トランプ大統領の歓心を買おうとするのではないか」と疑念を持つ専門家が多かったという。


北朝鮮の非核化意思に疑義
米情報機関分析と報道

 【ワシントン共同】米NBCテレビは29日、米情報機関内で、北朝鮮が本気で非核化する気があるか疑義が浮上していると伝えた。最新の報告を受けた政府当局者は「北朝鮮が米国をだまそうとしている明白な証拠がある」と指摘したが、具体的な内容は示していない。
トランプ大統領は6月12日の米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長から完全非核化の確約を得たことなどを理由に「核の脅威はなくなった」と楽観的な見方を示した。しかしNBCは、中央情報局(CIA)や他の情報機関の分析官は異なる見方をしていると指摘した。


金正恩氏が中朝国境を視察
黄炳瑞氏も同行、復権か

 【北京共同】朝鮮中央通信は30日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国と国境を接する北西部の平安北道薪島郡を視察したと報じた。視察日時は不明。3度の中朝首脳会談を経て中朝関係が緊密化する中、中国との経済協力を視野に入れた視察の可能性がある。
視察には、昨年秋に処罰されたとされ、朝鮮人民軍総政治局長を解任された黄炳瑞氏らが同行した。黄氏の動静が伝えられたのは昨年10月以来で、復権したとみられる。
薪島郡には、中朝の共同開発が中断している経済特区、黄金坪島も含まれる。金氏はアシ総合農場を視察し、アシによる繊維生産を活性化させるよう指示、積極的支援を約束した。


米国務省東アジア担当高官辞任へ
ソーントン氏

 【ワシントン共同】米CNNテレビは29日、米国務省のスーザン・ソーントン次官補代行(東アジア・太平洋担当)が7月に辞任すると同僚宛てのメールで伝えたと報じた。ソーントン氏は昨年12月に国務次官補に指名されたが、人事は撤回される見通し。
ソーントン氏は今年3月に解任されたティラーソン前国務長官が後ろ盾だったが、後任の長官に就任したポンペオ氏が体制刷新を図るため、人事が白紙に戻るとの観測が強まっていた。
ソーントン氏は中国駐在経験が長く、習近平指導部とも太いパイプを持つとされる。対中強硬姿勢に傾くトランプ政権の一部からは親中派と見なされていた。


米大統領、偽議員と電話
いたずらと気付かず

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が27日、いたずらと気付かないまま、民主党のロバート・メネンデス上院議員(ニュージャージー州選出)に成り済ました相手と大統領専用機エアフォースワンから電話する珍事が起きた。
いたずらを仕掛けたのは米国の有名コメディアン、ジョン・メレンデス氏で、録音した電話のやりとりを29日公開した。メレンデス氏は議員秘書を名乗ってホワイトハウスに電話し、応答した担当者は大統領が後から折り返すと伝えた。


メキシコ、大統領選の投票開始
対米強硬派優勢

 【メキシコ市共同】メキシコで1日朝(日本時間同日夜)、大統領選の投票が始まった。トランプ米大統領に対しメキシコに「敬意を払え」と訴える対米強硬派の野党左派、国家再生運動(MORENA)のロペスオブラドール元メキシコ市長(64)が世論調査の支持率で大きくリードしており、政権交代がほぼ確実な情勢だ。
同時実施の上院(定数128)、下院(定数500)の選挙でもMORENAなどでつくる左派連合が過半数を獲得する勢い。不法移民問題などで冷え込む対米関係にも大きな影響を与える可能性がある。


メキシコ、大統領選よりもW杯?
腐敗政治に市民は疲弊

 【メキシコ市共同】メキシコ大統領選を翌日に控えた6月30日、腐敗政治に疲弊した市民らには選挙に向けた熱狂はなかった。投票を呼び掛ける候補者らのポスターなどは既にはがされ、首都メキシコ市の街中ではむしろ7月2日に予定されるサッカーのワールドカップ(W杯)決勝トーナメントのメキシコ対ブラジル戦への興奮が漂っていた。
「もちろん投票に行く。でもブラジル戦の方が気になる」。市中心部のソカロ広場で、メキシコのユニホーム姿でサッカーボールを蹴っていた30代男性が息を切らせながら笑った。

6月30日、メキシコ市中心部のソカロ広場でサッカーボールを蹴る人たち(共同)


香港返還21年で5万人デモ
「共産党独裁の終結」叫ぶ

 【香港共同】香港中心部で1日、英国から主権が中国に返還されて21年となったのに合わせ、民主化を求めるデモが行われた。主催者によると、参加者は5万人(警察発表は9800人)で、6万人以上が参加した昨年より少なかった。参加者は「(中国共産党の)一党独裁を終わらせろ」と叫びながら大通りを行進した。
中国の習近平指導部が香港への締め付けを強める中、香港当局は、2014年の大規模民主化デモを主導した学生団体の元幹部の被選挙権を認めないなど、中国に批判的な勢力の封じ込めを図っている。若者を中心に無力感が漂っており、1日のデモの参加者減につながったとみられる。


WHO出産女性の命救う新薬開発
大量出血防止へ

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は29日までに、アフリカやアジアの途上国を中心に、出産時に多くの女性が死亡する原因となっている大量出血の防止に向け、輸送・保管が容易で世界中で利用しやすい薬が開発されたと発表した。
世界では毎年、分娩後出血で約7万人が死亡。母親の死亡後1カ月以内に乳児も亡くなるリスクが高く、テドロスWHO事務局長は新薬について、出産後の母子を生かすための医療技術に「大変革をもたらすことになる」と評価するコメントを発表した。


トイザラス、米国の全店を閉鎖
創業の地で70年の歴史に幕

 【ニューヨーク共同】昨年9月に経営破綻した米玩具販売大手トイザラスは29日、米国の全店を閉鎖し、創業の地での70年の歴史に幕を下ろした。今年3月に金融支援が受けられなかったとして米国での事業継続を断念し、全735店の閉鎖に向けた法的手続きに入っていた。
ニューヨークの店舗では、閉鎖後に訪れた親子が残念そうに立ち去る姿も。子どものころにトイザラスを訪れたというアンドリアス・アリカさん(30)は「懐かしさは感じるが、客が行かなくなったのだから閉鎖は妥当」と話した。
日本では、日本トイザらス(川崎市)が約160店を運営している。今後も通常通り営業する見通しだ。

閉鎖したトイザラスの店舗=29日、ニューヨーク(共同)


アフガンで爆発、19人死亡
大統領訪問中の東部都市

 【イスラマバード共同】アフガニスタンのガニ大統領が訪問していた同国東部ジャララバードで1日、自爆テロとみられる爆発があり、地元メディアによると、少なくとも19人が死亡し、20人が負傷した。地元警察はガニ氏と面会予定だった少数派のシーク教徒らを乗せた車両が、政府施設へ向かう途中に狙われたとみている。犯行声明は確認されていない。
地元メディアなどによると、ガニ氏は1日、ジャララバードで医療施設の建設現場などを訪れ、反政府武装勢力タリバンとの停戦や和平交渉の再開に意欲を示し、地元住民に協力を呼び掛けた。


水道水への不満から衝突、イラン
デモ参加者が重傷

 【テヘラン共同】イラン南西部ホラムシャハルで6月30日夜、水道インフラの劣化で安全な水道水が飲めなくなっていることに端を発した抗議デモが発生し、治安当局との衝突に発展した。国営イラン通信によると、参加者1人が重傷となり、投石などで複数の当局者が負傷した。
首都テヘランのバザール(市場)では6月24~26日に国内不況に抗議するデモやストライキが発生しており、当局は警戒を強めている。
デモの参加者らは、政府の水道設備管理が不十分なため、水道水に海水が混ざっていると抗議。一部は暴徒化して政府機関や店舗の窓を破壊し、治安当局が催涙ガスなどで鎮圧に乗り出した。


ベルギーにルムンバ広場
暗殺されたコンゴ初代首相

 【ブリュッセル共同】ベルギーのブリュッセル市は6月30日、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)が宗主国ベルギーから独立した翌年の1961年に暗殺されたアフリカ独立運動の旗手、ルムンバ初代首相を記念し、ブリュッセル中心部の広場を「ルムンバ広場」と改称する式典を行った。
ベルギー政府は2001年に暗殺の「道義的責任」を認め、翌年謝罪したが、同国機関が暗殺に絡んでいるとの指摘は根強い。社会には暗殺や過酷な植民地支配を語ることをタブー視する空気もあり、市は改称で過去を忘れない決意を示した。

6月30日、ブリュッセルでコンゴ独立記念日に合わせて行われた「ルムンバ広場」の改称式典。左端はブリュッセルのクロース市長。ルムンバ像(右端)も登場した(共同)


全米で親子分離抗議デモ
トランプ政権「恥を知れ」

 【ワシントン、ニューヨーク共同】メキシコ国境を越えて米国に不法入国した移民の親子を分離収容する措置に抗議するデモが6月30日、全米各地で行われた。米メディアによると、デモは700カ所以上で計画。「児童虐待をやめろ」「恥を知れ」などと声を上げ、「不寛容政策」を掲げるトランプ政権に移民政策の転換を求めた。
首都ワシントンでは猛暑の中、ホワイトハウス前の広場に数万人が集まり、連邦議会議事堂前まで行進。ニューヨークの市役所近くの公園でも「移民・税関捜査局(ICE)を廃止しろ」などと書かれたプラカードを掲げた数千人が集まり抗議の声を上げた。

「繰り返してはならない事が、今繰り返されようとしている」とメッセージを掲げ、デモ行進するシカゴのジャパニーズ・アメリカン・コミュニティ=6月30日(シカゴ新報)


南スーダンで戦闘再燃
停戦直後、和平に暗雲

 【ケープタウン(南アフリカ)共同】2013年12月から続く内戦を巡り、30日に停戦が発効したばかりの南スーダンで同日、戦闘が再燃した。政府軍と反政府勢力が非難し合い、早くも和平実現に暗雲が垂れ込めている。AP通信が報じた。
停戦は30日午前0時(日本時間同6時)に始まった。反政府勢力の報道官は、北西部ワウ付近で同日午前7時ごろに政府軍と隣国スーダンの武装勢力が合同で攻撃を仕掛けたとしている。一方、政府報道官は反政府勢力が攻撃を開始したと主張し「南スーダンの人々に平和な生活を送る機会が与えられるべきだ」と語った。

RCEP、年内の大筋合意確認
米対抗、アジアに大経済圏

 日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)などの16カ国が交渉する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が1日、東京都内で開かれ、年内の大筋合意目標を確認する共同声明を公表した。11月の首脳会議で重要分野をまとめ、実質的な妥結を打ち出すことを目指す。
声明は「一方的な行為や報復により国際貿易環境が深刻な危機にさらされている」と鉄鋼輸入制限など強硬策を辞さないトランプ米政権を非難し、巨大経済圏を築いて対抗する姿勢を示した。
日本での閣僚会合開催は初めて。16カ国の国内総生産(GDP)を合わせると世界の約3割、人口は半分を占める。

RCEPの閣僚会合であいさつする世耕経産相=1日午前、東京都内のホテル


中国、車や日用品の関税引き下げ
米保護主義に対抗、日本企業好機

 【北京、上海共同】中国政府は1日、海外から輸入する自動車や日用品など1400品目以上の関税を引き下げた。保護主義色を強めるトランプ米政権に対抗し、市場開放をアピールして国際的な影響力を高める狙いがある。中国向けに製品を輸出する日本企業にとっては巨大市場で販売を伸ばす好機となりそうだ。
自動車の輸入関税は25%から15%に縮小。輸入車が買いやすくなり、日本勢では高級車ブランド「レクサス」を中心に昨年約15万台を輸出、販売したトヨタ自動車が恩恵を受けそうだ。

1日、中国上海市のレクサス販売店で車の説明を受ける人たち(共同)


外務省、拉致問題解決へ体制強化
北朝鮮専門課発足

 外務省は1日付で対北朝鮮政策を専門に扱う「北東アジア2課」を発足させた。北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の解決に向けて体制を強化。朝鮮半島を管轄してきた「北東アジア課」を韓国担当の「1課」と2分割して業務を分散し、職員の働き方改革も進める。
安倍晋三首相が最優先の外交課題に位置付ける日朝首脳会談の実現を目指し、政府間交渉の本格化に備える狙いもある。2課長には朝鮮半島情勢に精通する北東アジア課長の金井正彰氏を起用。1課長にはソウルの在韓日本大使館に勤務経験がある長尾成敏官房総務課企画官を充てた。


大型マグロに都道府県別の漁獲枠
沿岸の規制強化、罰則適用も

 水産庁は1日から資源回復が必要な太平洋クロマグロの沿岸漁業への規制を強化し、30キロ以上の大型魚に都道府県別の漁獲枠を設けた。操業停止命令に従わない場合の罰則適用も開始。国際合意で決まった国内漁獲枠を厳守するため、取り過ぎを抑止するのが狙い。日本全体の漁獲枠に変更はないため、価格への影響は小さいとみられる。ただ、漁業者が減収を強いられるケースも想定され、支援を求める声が高まりそうだ。
日本が加盟する中西部太平洋まぐろ類委員会は大型魚と小型魚にそれぞれ漁獲枠を設定している。1日は沿岸漁業の新たな漁期の開始日となっており大型魚の枠は日本全体で732・7トン。

クロマグロの沿岸漁業への新たな規制


役員報酬1億円以上は538人
首位はソニー会長の27億円

 東京商工リサーチは29日、2018年3月期に1億円以上の役員報酬を受け取った上場企業の役員は前の期より72人多い538人で、開示制度が始まった10年3月期以降では最も多かったと発表した。最高額は4月に社長を退任したソニーの平井一夫会長で27億1300万円だった。
報酬はストックオプションや退職慰労金などを含む。2位はソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長の20億1500万円。同じくソフトバンクのマルセロ・クラウレ副社長の13億8200万円と続いた。
報酬1億円以上の役員が最も多かったのは三菱電機の22人で4年連続トップ。


台風7号接近、大雨の恐れ
九州沖縄は高波にも警戒

 台風7号は1日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。暴風域を伴いながら2日未明ごろ沖縄にかなり接近する見込み。海上は大しけになり、沖縄から九州北部までの広い範囲で高波への注意が必要だ。西日本では2日にかけて台風周辺の湿った暖かい空気が流れ込み、局地的に非常に激しい雨になる恐れがあり、気象庁が警戒を呼び掛けた。
台風は沖縄に接近後は東シナ海を北上し、3日朝にかけて九州北部に近づくとみられる。1日午後9時現在、台風は那覇市の南西約130キロの海上を時速15キロで北北西に進んだ。

台風7号の予想進路(1日18時現在)


交番襲撃事件、自宅で暴力騒ぎ
「社会貢献を」と自衛官に

 警察官が刺殺され、警備員も射殺された富山市の交番襲撃事件で、殺人未遂容疑で逮捕された元自衛官島津慧大容疑者(21)=富山県立山町、入院中=が中学時代に不登校となり、自宅でたびたび暴力騒ぎを起こしていたことが1日、知人らへの取材で分かった。事件直前にもアルバイト先の上司に暴行を加えており、県警は動機につながる手がかりとみている。
「社会に貢献できるよう頑張る」。2015年3月、立山町長室。陸上自衛隊入隊者の激励式で18歳の島津容疑者は決意を語り、同期と励まし合った。同席した町職員は「礼儀正しくはきはきと話し、堂々としていた」と印象を振り返った。

富山市の交番襲撃事件で、家宅捜索が行われた島津慧大容疑者の自宅=6月27日、富山県立山町


日本列島、各地で猛暑日相次ぐ
熱中症に注意、気象庁

 日本列島は1日、南から暖かい空気が入り込んで気温が上昇した。最も高かったのは富山市の36・9度で、他にも各地で35度以上の猛暑日になった。厳しい暑さは2日も続くとみられ、気象庁はこまめな水分補給や冷房の適切な利用で熱中症にならないよう注意を呼び掛けている。
気象庁によると、1日午後4時現在、全国に927ある観測地点のうち半分以上の534地点で30度以上を記録した。このうち猛暑日となったのは36地点に上った。
ほかに福島県伊達市で36・8度、群馬県伊勢崎市で36・5度、石川県小松市で36・2度を記録した。

真夏日となった東京・銀座で日傘を差して歩く人たち=1日午後


ウィンブルドン選手権、2日開幕
錦織、ジョコと調整

 【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は2日、創立150周年のロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕する。男子シングルスで第24シードに入った錦織圭は1日、練習会場で調整し、3日に組まれる見通しの世界ランキング200位のクリスチャン・ハリソン(米国)との1回戦に備え、元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と打ち合った。
2日に1回戦で西岡良仁が昨年準優勝の第3シード、マリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。杉田祐一やダニエル太郎も出場する。
女子シングルスは第18シードの大坂なおみと奈良くるみが挑む。

ウィンブルドン選手権の開幕を前に、練習会場で調整する錦織圭=ウィンブルドン(共同)


大谷、投手相手に打撃練習
監督は合流時期明言せず

 【ボルティモア共同】右肘の内側側副靱帯の損傷で故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、エンゼルスの大谷が6月30日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで、マイナーの投手を相手に戦線離脱後初めて実戦形式の打撃練習に臨んだ。球団が発表した。
大谷は右肘の手術回避が決まった28日に故障判明後初めて両手で打撃練習を行い、29日は屋外で打ち込んだ。ソーシア監督はオリオールズ戦で遠征中のボルティモアで合流時期は明言しなかったが「速い球に慣れれば、大谷本人の感覚と、メジャーの投手と張り合えるとの医療スタッフの判断が一致すると思う」と説明した。