Kyodo News

7月2日

日本語メインに戻る
EU、米商務省に警告の書簡
車輸入制限なら報復32兆円分

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は2日、トランプ米政権が検討している自動車の輸入制限が実施されれば、EUをはじめとする貿易相手国からの報復措置を招き、影響は計2940億ドル(約32兆円)分の米製品に及ぶ可能性があるなどと警告する書簡を、米商務省に送ったと発表した。
書簡は6月29日に送られた。2940億ドル分の米製品は、米国の2017年の全輸出額の19%に相当するという。
トランプ大統領は6月下旬、EUが米国からの輸出を阻む貿易障壁をすぐに撤廃しないなら「米国に入ってくる全てのEUの自動車に20%の関税を課す」とツイッターで表明していた。


米の経済界、トランプ氏に反旗
保護主義「発展損なう」

 【ワシントン共同】トランプ米大統領の保護主義的な通商政策が「貿易戦争」の危険性を高め、国内の消費者への打撃になり得るとして、米最大の経済団体、米国商業会議所が、トランプ政権の輸入規制や制裁関税の発動に反対する運動を始めたことが2日分かった。ロイター通信が報じた。
商業会議所のドナヒュー会頭はロイターの取材に対し、トランプ政権の保護主義的な政策によって「経済発展が損なわれる恐れがある」と回答。「われわれは自由で公正な貿易を追求すべきだが、方法が間違っている」と批判した。
商業会議所は約300万の会員で構成。


イラン取引の欧州企業も制裁対象
米大統領、原油念頭か

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日に放送されたFOXニュースのインタビューで、イランと取引をする欧州企業を米国の制裁対象とすると表明した。米政権は各国にイラン産原油の輸入停止を要求したばかりで、原油取引を念頭にした発言とみられる。
トランプ氏は、米国のイラン核合意からの離脱表明に反発したイランが、ウラン濃縮につながる作業に着手したとされることに「もしそうなら、とても大きな問題だ」と懸念を示した。
トランプ政権は6月26日、イラン産原油の輸入を11月4日までにゼロにするよう要求したが、中国やトルコが拒否する姿勢を表明、欧州各国も距離を取っている。


50社がイラン撤退表明
米制裁再発動控え

 【ワシントン共同】米国務省は2日、米国がイラン核合意離脱に伴って対イラン制裁を11月に再発動するのを前に、エネルギー産業を中心に約50の企業がイランとの取引を取りやめる意思を示したと明らかにした。国務省高官は「イラン指導部が行動を改めるまで、最大の圧力をかける」と強調、各国に同調を求めた。
トランプ米政権は6月26日、イラン産原油の輸入を11月4日までにゼロにするよう各国に求めていると発表した。


金正恩氏、中朝国境を連続視察
制裁緩和見越した動きか

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、金正恩朝鮮労働党委員長が北西部、新義州の紡織工場などを視察したと報じた。中朝国境地域での金氏の経済視察が伝えられるのは3日連続。北朝鮮は核開発に対する国連制裁で繊維製品の輸出などを禁じられているが、中朝蜜月で制裁緩和を見越したかのような動きが目立ってきた。
2日には北朝鮮の対外経済省の具本泰次官が空路で北京入り。金氏は3月以降、3度訪中し、習近平国家主席と会談するなど急接近している。具氏の訪問目的は明らかにされていないが、経済協力を巡り中国高官と協議する可能性がある。


北朝鮮、ミサイル工場を拡張か
米紙報道、衛星写真の分析で

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは1日、衛星写真を専門家が分析した結果として、北朝鮮がミサイル製造工場の拡張を進めていると伝えた。米朝両国は北朝鮮が約束した完全非核化を具体化するため近く高官協議を開く見通しだが、北朝鮮の非核化意思を疑問視する報道が相次いでいる。
同紙によると、シンガポールで6月12日に初の米朝首脳会談が行われた前後に、北朝鮮は東部咸興にあるミサイル工場で外壁部分の工事を終えようとしていた。咸興では、長距離弾道ミサイルの燃料を製造しているともされている。


メキシコ新大統領に対米強硬左派
既成政党以外初、「歴史的な日」

 【メキシコ市共同】メキシコ大統領選が1日投開票され、トランプ米大統領への強硬姿勢を取る野党新興左派、国家再生運動(MORENA)のロペスオブラドール元メキシコ市長(64)が当選を確実にした。選挙管理当局の集計や地元メディアが報じた出口調査によると、同氏が他候補を大きくリード。ロペスオブラドール氏は1日、「今日はメキシコにとって歴史的な日だ」と述べ、勝利宣言した。
メキシコでは革命後の1929年以降、与党制度的革命党(PRI)と野党中道右派、国民行動党(PAN)の既成政党以外から大統領が選ばれたことはなく、米国の隣国で初めての新興左派政権が誕生する。


EV、テスラが生産目標達成か
新型セダン、週5千台

 【ニューヨーク共同】米電気自動車メーカーのテスラが、量産が難航していた新型セダン「モデル3」について生産目標の週5千台を達成したもようだとロイター通信が1日、報じた。テスラ従業員2人の話としている。近く週6千台の生産を目指すという。
モデル3は米国での基本価格が3万5千ドル(約388万円)と、これまでの車種よりも価格を抑えたのが特色。今年3月末時点の予約が45万台を超えており、今後も高水準の生産台数を確保するのが課題となる。
テスラは6月末までにモデル3で週5千台の生産を達成すると公約していた。


タイ洞窟、13人全員を無事発見
不明10日目、奇跡の生存確認

 【チェンライ共同】タイ北部チェンライ県の知事は2日、チェンライ郊外の洞窟で6月23日以降、行方不明になっていた地元サッカーチームの少年12人と男性コーチ1人の計13人全員を洞窟内で無事発見したと発表した。いずれも命に別条はないという。行方不明から10日目の奇跡の生存確認となった。タイ海軍特殊部隊の潜水士らが早期発見を目指し、捜索を続けていた。
洞窟内は水位が上昇している場所が多く、少年らをすぐに洞窟の外へ連れ出すのは難しい。そのため、少年らが避難している場所に医療チームを派遣するほか、潜水士らが飲料水や食料を運ぶ方針という。

タイ北部の洞窟捜索の状況(タイ海軍特殊部隊提供・共同)


バリ島火山で溶岩噴出
インドネシア、人的被害なし

 【ジャカルタ共同】インドネシア国家災害対策庁は2日夜、噴火活動が続くバリ島東部アグン山(標高3千メートル超)で溶岩の噴出を確認したと明らかにした。人的被害は報告されていない。
噴火警戒レベルは4段階のうち、上から2番目のまま維持されている。

噴火で溶岩が噴出し、森林火災を起こしたインドネシア・バリ島のアグン山=2日(インドネシア国家災害対策庁提供・共同)


中国、デモ隊と警察衝突か
立ち退き補償額巡り

 【香港共同】香港紙、蘋果日報などは2日、中国浙江省嘉興市で6月30日、都市開発を巡る立ち退きの補償額に抗議していたデモ隊と警官隊が衝突、デモ隊が地元政府の庁舎内に押し入って物品を壊す騒ぎがあったと報じた。双方に負傷者が出たという。
嘉興市長は胡錦濤前国家主席の長男の胡海峰氏が務めていた。この騒動が海峰氏の人事に影響する可能性も指摘されていたが、中国メディアは2日、海峰氏について同省麗水市の共産党委員会書記への昇任が決まったと伝えた。
報道によると、デモ隊はれんがを投げるなど行動をエスカレートさせ、当局は警官を大量動員して鎮圧した。


飛び降り自殺を笑って中継、中国
救助妨害でやじ馬2人を拘束

 【北京共同】中国甘粛省慶陽市で6月、衣料品店の販売員女性(19)が飛び降り自殺した際、集まったやじ馬が「早く飛べ」などと騒いだり、冷笑しながらスマートフォンで中継したりしたことが伝えられ、動揺や怒りの声が広がっている。地元当局は救助を妨害したとして2人を拘束した。
中国メディアによると、地元公安当局は6月20日、女性がビルの8階から飛び降りようとしていると通報を受けた。駆け付けた警察や消防が説得に当たったが、通報から約3時間半後に飛び降り、死亡が確認された。女性は高校の教師からわいせつ行為を受け、うつ病を患っていた。


移民200人超、リビア沖溺死か
密航船の遭難が相次ぐ

 【ジュネーブ共同】国際移住機関(IOM)は1日、移民・難民を乗せて欧州に向かっていた密航船が週末に相次いでリビア沖で遭難し、少なくとも204人が溺死したとみられると発表した。今年に入って地中海での遭難事故による移民・難民の死者・行方不明者は千人を超えた。
IOMによると、6月29日にリビア・トリポリ北方沖でガンビアやスーダン、イエメンなどからの移民らを乗せたゴムボートが沈没、乳児3人を含む103人が死亡した。救助されたのは16人。7月1日にはトリポリ東方沖で同規模の遭難事故が起き、これまでに41人が救出された。


ドイツ内相が辞任表明
メルケル首相の難民政策に不服

 【ベルリン共同】ドイツのゼーホーファー内相は1日、南部ミュンヘンでの与党の会合で、メルケル首相の寛容な難民政策を不服として内相を辞任する考えを表明した。メルケル政権の一角を占める保守、キリスト教社会同盟(CSU)の党首も退く意向。DPA通信などがCSU関係者の話として伝えた。
難民政策を巡る連立政権内の対立が激化する中、ゼーホーファー氏は自らの辞任で政権崩壊を回避する狙いがあるとの見方が出ている。ただCSU党内では続投を求める声が強く、実際に辞任するかどうかは不透明だ。

豪貿易相が拡大を歓迎、TPPで
「多くの国参加を」

 来日中のオーストラリアのチオボー貿易・投資相は2日、東京都内で講演し、米国を除く日本やオーストラリアなど11カ国が署名した環太平洋連携協定(TPP)に関し「多くの国の(新規)参加を歓迎したい」と述べ、拡大に前向きな考えを示した。参加国の増加は貿易や投資の経済圏拡大につながり、日本が強く望む米国の復帰を促す材料にもなりそうだ。
また、日本や中国、インド、オーストラリアなど16カ国が交渉を続けている東アジア地域包括的経済連携(RCEP)については「TPPで出した結果をRCEPでも目指している」と語り、交渉進展に意欲を見せた。

講演するオーストラリアのチオボー貿易・投資相=2日午後、東京都港区


北朝鮮ミサイル警戒を緩和
常時配置の迎撃態勢解除

 日本政府が米朝首脳会談を踏まえ、自衛隊による北朝鮮の弾道ミサイルへの警戒態勢を一部緩和したことが2日、政府関係者への取材で分かった。日本海に海上自衛隊のイージス艦1~2隻を常時配置してきたが、発射の兆候把握から24時間程度で迎撃態勢を整えられるように変更した。一方、防衛相が破壊措置命令を常時発令する状態は維持する。
6月12日の米朝首脳会談やその後の経緯から、政府はミサイル飛来の可能性は低くなっているとして、隊員への負担の大きい常時警戒態勢を続けるべきか検討していた。


北朝鮮非核化でブルネイ協力強化
外務省で外相会談

 河野太郎外相は2日、ブルネイのエルワン第2外務貿易相と外務省で会談し、北朝鮮の非核化実現に向けて協力を強化する方針を確認した。7月末から8月初旬にかけてシンガポールで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合の成功を含め、日本とASEANが協力することも申し合わせた。日本は同会合に合わせた日朝外相会談開催を模索している。
ブルネイは今夏までASEANの対日窓口を務めている。エルワン氏との会談で河野氏は、北朝鮮による日本人拉致問題と核・ミサイル問題を包括的に解決する重要性を強調。両氏は、北朝鮮から具体的な行動を引き出す必要があるとの認識で一致した。


拉致相「全被害者の帰国目指す」
特定失踪者家族に

 加藤勝信拉致問題担当相は2日、北朝鮮に拉致された可能性が否定できない特定失踪者の家族らと内閣府で面会した。政府の取り組み強化を求める要請書を受け取った上で「全ての拉致被害者の帰国に向け、主体的にあらゆる施策を駆使する」と強調した。
家族側は、6月の米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題を提起したことを踏まえ、特定失踪者問題も解決するよう訴えた。特定失踪者大沢孝司さん=失踪当時(27)=の兄昭一さんは、政府認定の拉致被害者だけでなく、全被害者の再調査が必要だと指摘した。


AI社会実現目指し官民拠点
WEFが東京に開設

 スイスのダボスで開かれる年次総会(ダボス会議)で知られる世界経済フォーラム(WEF)は2日、人工知能(AI)などによる先端社会の実現を目指す官民連携拠点「第4次産業革命日本センター」を東京に設立したと発表した。自動運転や医療福祉の分野で国際的なルールの整備や実証実験を行い、技術の発展を後押しする。
センターの活動には、日立やNECなどが参加する。AIなどの国際ルールや技術の在り方を、1年半かけて議論する。自動運転を巡るリスクや責任の範囲といった課題を洗い出したり、認知症予防の実現、国境を越えてデータを活用する際の制度設計を検討したりする。


「空飛ぶ車」で官民協議会設立へ
政府が年内にも、新規参入促す

 政府は2日、空を移動できる「空飛ぶ車」の実用化に向けた官民協議会を年内にも設立する方針を明らかにした。国内では空飛ぶ車の開発などを巡る動きが遅れており、企業などの新規参入を促進する狙いがある。
菅義偉官房長官が2日午後の記者会見で「都市部の渋滞対策だけでなく、災害時や離島、中山間地、観光促進での活用が想定される」と指摘。協議会には政府側から経済産業省と国土交通省が参加し「課題について官民で議論し、ロードマップを策定する」と述べた。
空飛ぶ車はプロペラを使って垂直離陸できるものや、操縦士なしで移動できるものなどが検討されている。

カーティベーターが開発中の空飛ぶ車「SkyDrive」のイメージ図(同団体提供)


景気拡大の先行き暗雲、日銀短観
原材料高、人件費上昇が重し

 日銀が2日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、原材料価格や人件費の上昇が重しとなり、大企業製造業の景況感が5年半ぶりに2期連続で悪化した。企業の設備投資計画は強気だが、米国を発端とする貿易摩擦への警戒感が強まれば、慎重姿勢に転じる可能性もあり、拡大を続けてきた国内景気の先行きに暗雲が広がってきた。2日の東京株式市場では、短観への失望感から日経平均株価の下げ幅が一時、500円を超えた。
大企業製造業の景況感は、石油・石炭製品や自動車、電気機械で悪化が目立つ。原油や鋼材などが上昇傾向にあり、日銀は「利ざやが縮小しているとの声が聞こえる」と指摘する。


大手百貨店4社とも増収、6月
梅雨明けで夏物好調

 大手百貨店4社が2日発表した6月の既存店売上高(速報)は、全社で前年同月の実績を上回った。1日多かった土曜日が下旬に始まったセール期間に入った効果があったほか、関東地方で初めて6月に梅雨明けしたことで、日傘など夏物関連の商品が好調だった。7月も好天が続けば、夏物を中心に売り上げの伸びが見込めそうだ。
大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは、前年同月比4・7%増と15カ月連続で前年を上回った。三越伊勢丹ホールディングスは9・5%増で11カ月連続のプラスだった。高島屋は4・7%増。そごう・西武も4・9%増となった。

西武池袋本店の夏季セール=2日午後、東京都豊島区


国内新車販売1・8%減
18年上半期、スバル不調

 2018年上半期(1~6月)の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年同期比1・8%減の273万2478台だった。上半期として2年ぶりに前年水準を下回った。不正が発覚したSUBARU(スバル)は大きく落ち込んだ。
日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が2日、発表した。


FB、パナソニックにも利用許可
個人情報を61社、報告書で公表

 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)が、2015年5月に外部企業が利用者の個人情報にアクセスできなくした後も、パナソニックや米スポーツ用品大手ナイキなど計61社に6カ月弱にわたってアクセスを許可していたことが1日、分かった。FBが米議会へ提出した報告書で、61社の社名を記して公表した。
パナソニックは「事実関係を確認している」とコメントしている。
61社には、FBから許可を得ていたことが既に判明している日産自動車も含まれる。日産はこれまでに、顧客情報は日産が使うものではなく、顧客が車から自分のFB情報にアクセスするためと説明した。


米軍銃弾貫通か原因究明求める
沖縄・名護市議会が意見書

 沖縄県名護市議会は2日、米海兵隊キャンプ・シュワブに隣接する同市数久田の農作業小屋の窓ガラス2枚が破損し、貫通したとみられる銃弾が見つかったことを受け、「米軍使用の銃弾の可能性が高い」などとして原因究明などを防衛省沖縄防衛局長や在沖縄米軍トップの沖縄地域調整官らに求める意見書と決議案を全会一致で可決した。
県警によると6月21日午後、農作業小屋に銃弾のようなものが落ちているのがみつかり、その後銃弾と特定。県警が米軍に照会している。


女子は医師、男子は選手に
生徒の就きたい職業アンケート

 クラレは2日、今春小学校を卒業した生徒を対象に将来就きたい職業を尋ねたアンケート結果を発表した。女子の首位に医師が初めて躍り出て、前年1位の教員は3位に後退。男子のトップは前年と変わらずスポーツ選手だった。
女子では看護師が2位だったほか獣医師も7位と医療系が人気。クラレの担当者は「女医が活躍するドラマの影響もあるのでは」と話している。また、スポーツ選手が15位から10位に上昇。冬季五輪が開催されたことや、東京五輪が近づいていることが影響しているようだ。
男子の2位はエンジニア。3位が教員、4位はゲームクリエーターと続いた。


台風7号、九州に接近
東シナ海北上、災害警戒

 強い台風7号は2日、鹿児島・奄美大島の北西の東シナ海を北寄りに進んだ。3日昼すぎから夜遅くにかけて九州北部に最接近する見通し。沖縄・奄美では強い風が吹き、海は大しけとなっている。気象庁は土砂災害、暴風や高波、浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。
気象庁によると、台風は2日午後9時現在、奄美大島の北西約190キロの海上を時速約25キロで北北東に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域になっている。

台風7号の予想進路(2日21時現在)


東日本中心に各地で猛暑日
気象庁、熱中症予防を呼びかけ

 太平洋上で停滞している高気圧が張り出した影響で、2日も東日本を中心に晴れ、気温が上がった。観測点のうち最高気温となった群馬県伊勢崎市では37・3度を観測。気象庁は暑さが厳しい地域に対して熱中症予防を呼びかけた。
気象庁によると、全国に927ある観測点のうち533地点で30度以上を記録し、このうち61地点が35度以上の猛暑日となった。東京都心は33・5度になり、6月25日以降、8日連続で30度以上の真夏日に。北海道でも室蘭市で27・8度になるなど今年一番の暑さになる地域が相次いだ。

早くも今年6回目の猛暑日となった埼玉県熊谷市で、35・4度を示す百貨店入り口の大温度計。買い物に訪れた女性は「今日は風があるからまだいいけど、出歩きたくないですね」と話した=2日午後


産経コラムの調停、不成立
元朝日記者、慰安婦問題で

 元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏(60)が、産経新聞に掲載されたジャーナリスト桜井よしこ氏のコラムに誤りがあるとして、産経新聞社に訂正記事掲載を求めた東京簡裁での調停は2日、不成立となった。産経新聞の訂正記事の内容に、植村氏が納得できなかったという。植村氏の代理人弁護士が明らかにした。
産経新聞社広報部は「当社としては6月4日付訂正をもって、できる限りの対応はしたと考えている」としている。


わずか数秒で次々襲撃
新幹線殺傷、多数狙ったか

 東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された無職小島一朗容疑者(22)の両隣にいた女性2人が切り付けられ、殺害された会社員梅田耕太郎さん(38)が止めに入るまで数秒しかなかったことが12日、捜査関係者への取材で分かった。
県警によると、2人掛けの座席で小島容疑者の右隣にいた女性が最初に襲われた。女性は「男が突然立ち上がり、無言で切り付けられた」と説明。直後に後方に逃げた。通路を挟んで左隣の3人掛けの座席にいた女性はすぐ逃げたが、背後から切り付けられた。
小島容疑者の2列後ろの座席にいた梅田さんが止めに入り、首を切られたとみられる。


落語家の桂歌丸さんが死去
81歳、「笑点」レギュラー

 日本テレビ系演芸番組「笑点」のレギュラーを長く務め、軽妙な語り口で親しまれた落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳。横浜市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻椎名冨士子(しいな・ふじこ)さん。お別れ会を11日午後2時から横浜市港北区菊名2の1の5、妙蓮寺で開く。
15歳で古今亭今輔に入門し、後に桂米丸さんの門下に。1966年に始まった「笑点」で大喜利レギュラーに。68年に真打ちに昇進した。
寄席では、埋もれていた古典落語を高座にかけた。

桂歌丸=2017年8月13日

五代目三遊亭円楽さん(右)の自前の寄席「若竹」が入ったビルの完成披露パーティーで
握手する桂歌丸さん=1985年3月、東京都江東区


昇太さん、歌丸さん「安らかに」
「笑点」の司会受け継ぐ

 桂歌丸さんから演芸番組「笑点」の司会を受け継いだ落語家の春風亭昇太さんは2日、東京都内で開いた独演会後に取材に応じ「歌丸さんにはご苦労さまと言いたい。立派な人生だったと思います。残念だが、格好いいところは覚えているので安らかに」と、沈痛な面持ちで故人を悼んだ。
司会交代の際には「昇太さん、気楽にやってくださいよ」と言われた。「後輩に対しても丁寧な言葉で、気を使ってくれる師匠だった。戦争も体験しており、人としてのすごみがあった」としのんだ。
今後の「笑点」については「明るくやるのが一番のお礼になる。楽しくやっていきたい」と語った。

桂歌丸さんの訃報を受け、取材に応じる春風亭昇太さん=2日夜、東京都世田谷区


天文法華の乱で長刀略奪
京都・祇園祭巡行、刀鍛冶が奪還

 京都・祇園祭の前祭巡行で、先頭を進む「長刀鉾」に掲げていた長刀が、天文5(1536)年の「天文法華の乱」で略奪され、近江の刀鍛冶が買い戻していたことが分かり、京都国立博物館が2日、発表した。
長刀に彫られた銘文によると、長刀は大永2(1522)年に京都の刀鍛冶が制作。比叡山延暦寺の僧徒と日蓮宗徒が争った天文法華の乱の際に何者かに奪われ、翌年、近江の石塔寺(滋賀県東近江市)の麓に住む刀鍛冶・助長が見つけて買い戻し、八坂神社に奉納した。
長刀鉾保存会によると、現在は複製した刀で巡行。奪われた長刀について経緯は伝わっていたが、詳しい調査はされてこなかった。

京都・祇園祭の前祭巡行で、先頭を進む「長刀鉾」=2015年7月


京都で米愛好家の浮世絵展
相国寺承天閣美術館

 京都市上京区の相国寺承天閣美術館で2日、米国の美術品コレクターが集めた浮世絵を展示する「サンタフェ リー・ダークスコレクション  浮世絵最強列伝」が始まるのを前に、報道陣への内覧会が開かれた。
リー・ダークス氏は空軍士官として来日中に浮世絵に関心を持ち、帰国後、2000年ごろから本格的に収集を始めた。今回は葛飾北斎の「富嶽三十六景  神奈川沖浪裏」など約165点を公開。臨済宗相国寺派の有馬頼底管長は「実に良いものばかり。すごさを味わってほしい」と話した。
3日から9月30日まで。10月以降は横浜、東京、大阪に巡回する。

展示を見る臨済宗相国寺派の有馬頼底管長=2日午後、京都市の相国寺承天閣美術館