Kyodo News

7月3日

日本語メインに戻る
米、WTO脱退の可能性
大統領示唆、早期は否定

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は2日、世界貿易機関(WTO)に関し「もしWTOがわれわれを適切に扱わなければ、何かするだろう」と記者団に述べ、将来的な脱退の可能性を示唆した。ただ、トランプ氏は「今は何も計画していない」と語り、早期の脱退は否定した。
トランプ氏は2日、「WTOは何年もの間、米国をとてもひどく扱ってきた。彼らがやり方を変えることを望む」と強調し、WTOが途上国寄りの組織運営を改めるよう求めた。
米ニュースサイトのアクシオスは6月29日、トランプ氏がWTOから脱退したい意向を政権高官に繰り返し伝えていると報じた。

トランプ大統領(ホワイトハウス提供)


米中、6日に追加関税発動
互いに5兆5千億円対象

 【北京共同】貿易を巡って対立する米中両国は6日、互いの製品に25%の追加関税を課す制裁措置を発動する。双方は年間500億ドル(約5兆5千億円)分に相当する製品を対象にすることを決定済みで、6日はそのうち340億ドル分をそれぞれ先行実施する方針を示している。両国に発動回避に向けた具体的な動きは出ていない。制裁措置が発動されれば貿易が停滞し、世界経済に悪影響を与える恐れがある。
米国が課税対象とするのは自動車や航空機、情報通信技術関連の製品などの818品目。中国は報復として米国産の大豆や牛肉、自動車など545品目に課税する。


トランプ氏と電話会談
メキシコ次期大統領

 【メキシコ市、ワシントン共同】メキシコ大統領選から一夜明けた2日、次期大統領就任が確実となった野党新興左派のロペスオブラドール氏は、トランプ米大統領と電話会談した。
ロペスオブラドール氏はツイッターで、会話は敬意に満ちていたと評価した。トランプ氏が電話をかけてきたといい、ロペスオブラドール氏はメキシコで雇用を創出して米国への移民を減らし、国境地帯の治安を改善させるための包括的な合意づくりを申し入れた。
ロペスオブラドール氏は大統領選期間中、メキシコへの侮蔑的な発言を繰り返すトランプ氏に「敬意を払え」と反発。態度を改めなければ会談しないと話していた。


米、非核化「1年内」視野
北朝鮮と協議へ、隠蔽の懸念も

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は6日にも北朝鮮の平壌で金正恩朝鮮労働党委員長と会談し、北朝鮮が保有する核兵器などの大量破壊兵器を廃棄する具体的手順について協議する。最速で「1年以内に大半の廃棄」を実現することも視野に入れているもようだ。
朝鮮半島の完全非核化で合意した米朝首脳会談後、北朝鮮は非核化に向けた具体的措置を取っていない。米情報機関では北朝鮮が今後の交渉で核兵器や関連施設の存在を隠蔽するのではないかとの懸念が消えず、短期の非核化は「非現実的」(AP通信)との見方も根強い。


9月に米朝首脳再会談も
国連総会に合わせ

 【ワシントン共同】米ニュースサイトのアクシオスは2日、9月にニューヨークで開かれる国連総会に合わせて、2回目の米朝首脳会談を開催する案が米政権内で浮上していると伝えた。ただ、複数の米政府当局者は、会談実現に向け金正恩朝鮮労働党委員長が非核化に関して何らかの前進を示す必要があると訴えているという。
6月12日の米朝首脳会談以降、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を取っていないため、トランプ大統領との再会談の可能性を示すことで、北朝鮮に行動を促す狙いもあるという。


南北で独立運動記念行事を
韓国文氏、来年100周年

 【ソウル共同】朝鮮半島で1919年に日本の植民地支配に抵抗して起きた「3・1独立運動」から来年で100年となることなどを記念する事業の推進委員会の発足式が3日、ソウルで開かれ、韓国の文在寅大統領は北朝鮮との南北共同事業の検討を求めた。
文氏は、4月の南北首脳会談で金正恩朝鮮労働党委員長と共同事業推進を議論したと明らかにし「南北が独立運動の歴史を共有すれば互いの心をより近づけられる」と述べた。「70年間続いてきた南北分断と敵対は、独立運動の歴史も引き裂いてきた」とも指摘した。

記念事業の推進委員会発足式で、記念写真に納まる韓国の文在寅大統領(中央)ら=3日、ソウル(韓国大統領府提供・共同)


イラン民間機撃墜30年、追悼式
遺族、対米緊張で偶発的衝突懸念

 【テヘラン共同】1988年にペルシャ湾で米艦が戦闘機と誤認したイラン民間旅客機をミサイルで撃墜し、乗客乗員290人が死亡した事件から30年となった3日、現場海域で追悼式典が催された。トランプ米政権のイラン核合意離脱表明に伴う両国の緊張激化の中、遺族は偶発的な衝突の再発を恐れている。
「緊張が高まった状況下では、小さな勘違いが惨劇につながりかねない」。父親が犠牲になったイラン人は、現在の両国関係に危うさを感じ取る。
イラン国営テレビは、遺族らが船上から海に向けて献花する様子を報道。ザリフ外相はツイッターで事件などに触れ「明らかな標的は民間人だ」と非難した。

昨年の追悼式典に参加した、イラン航空機撃墜事件遺族のヘサモディン・アンサリアンさん=2017年7月3日、イラン・バンダルアバス沖の船上(共同)


中国軍、対外拡張打ち出す
習氏改革、防衛型を転換

 【台北共同】中国の習近平国家主席が2015年末から進めている大規模な軍の組織改革について、中国軍の内部教材で「国土防衛型」から「外向型」に転換し、対外拡張の意図を明確にしていることが3日、分かった。組織改革の狙いについて軍は指揮系統の近代化などと説明してきたが、改革が進めば東・南シナ海などで日本をはじめとする近隣国との摩擦が一層強まりそうだ。軍事力で米国を追い抜く意欲も示唆している。
教材は「習近平強軍思想」の理解を軍内で徹底させるため、軍の最高指導機関で、習氏がトップを務める中央軍事委員会の政治部門が今年2月に内部刊行。


独内相辞任撤回し危機回避
メルケル政権、もろさ露呈

 【ベルリン共同】ドイツのゼーホーファー内相は2日、メルケル首相の寛容な難民政策に反発して1日に表明した辞任を撤回した。ゼーホーファー氏はメルケル政権の一角を占める保守、キリスト教社会同盟(CSU)の党首。撤回を受け政権崩壊の危機は当面回避される見通しとなったが、政権のもろさが露呈した。欧州連合(EU)をけん引するドイツの政局が再び混迷してきた。
メルケル氏とゼーホーファー氏は2日、ベルリンで会談。メルケル氏が譲歩し、ドイツに流入した難民らを審査するための施設「トランジット・センター」をオーストリアとの国境に設置することで合意した。


マレーシア前首相を逮捕
政府系ファンドの流用疑惑

 【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は3日、政府系ファンド「1MDB」からの資金流用疑惑を巡り、同国のナジブ前首相を逮捕した。1MDBからは巨額の資金が横領され、前首相の個人口座に資金が流れた疑いが持たれている。
MACCなどでつくる特別捜査チームによると、ナジブ氏は首都クアラルンプールの自宅で逮捕された。4日に起訴される見通し。5月に発足したマハティール政権の下で疑惑の解明が一気に進む可能性が高まった。
ナジブ氏の政党連合は5月の下院選でマハティール氏側に敗れて政権を明け渡し、同国史上初の政権交代が起きた。


タイ少年ら水だけで10日しのぐ
雨予想、洞窟から安全な救出検討

 【チェンライ共同】タイ北部チェンライ県の洞窟内で行方不明になり、2日に生存が確認された少年ら13人が、自分たちを発見した潜水士に「ずっと食べていない」などと話していたことが3日分かった。地元メディアが伝えた。少年らは洞窟に閉じ込められて10日目となるまで、水だけを飲んで助けを待っていた可能性が高い。
タイ北部では4日から豪雨が予想され、洞窟内の水位が上昇する可能性もあるため、軍などは救出に向けた排水作業を急ピッチで進めている。救助当局は少年らの健康状況を確認しながら、安全な救出に向けた方策を慎重に検討している。


チャールズ皇太子が日本美術鑑賞
英ウェールズの展覧会

 【カーディフ共同】英国のチャールズ皇太子が2日、西部ウェールズのカーディフ国立博物館で開催中の日本美術展「KIZUNA―日本・ウェールズ・デザイン」を鑑賞した。チャールズ皇太子は「プリンス・オブ・ウェールズ」の称号を持ち、ウェールズと深いゆかりがある。
展覧会は、ウェールズ地方と日本との「絆」がテーマ。約400年前に英貴族が手に入れた見事な漆の木箱などウェールズに残る日本の古い美術品を紹介。江戸時代のびょうぶなど日本から今回持ち込まれたもののほか、日本の現代デザインに関する展示もある。

2日、英西部ウェールズのカーディフ国立博物館で日本美術展「KIZUNA―日本・ウェールズ・デザイン」を鑑賞した後、館内に置かれた折り紙を見るチャールズ皇太子(右端)(共同)


親善大使にベン・スティラー氏
UNHCR、米俳優を任命

 【ジュネーブ共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は2日、米国を代表するコメディー俳優のベン・スティラー氏(52)を親善大使に任命したと発表した。
スティラー氏は2016年春からヨルダンやドイツで難民と交流するなど、UNHCRを支援。最近も治安悪化で難民が増えている中米グアテマラを訪れ、子供らと面会した。親善大使任命を受け「大変名誉に思う」とのコメントを出した。
スティラー氏は映画「ミート・ザ・ペアレンツ」や「ナイトミュージアム」などへの出演で知られ、日本でも人気が高い。映画監督としても活躍している。

グアテマラの難民キャンプを訪れ、難民の女性と話すベン・スティラー氏(UNHCR提供・共同)


イラン反体制派に攻撃計画
ベルギーで夫婦逮捕

 【ブリュッセル共同】ベルギー検察は2日、イラン反体制派組織ムジャヒディン・ハルク(イスラム人民戦士機構、MKO)のパリ郊外での大規模集会に爆弾を仕掛けようとしたとして、ブリュッセルで6月30日、30代のイラン出身ベルギー人夫婦をテロ殺人未遂容疑で逮捕したと発表した。欧州メディアが伝えた。
夫婦の車から500グラムの爆発物や起爆装置が見つかった。検察の声明によると、夫婦と連絡を取っていたウィーン駐在のイラン外交官がドイツで拘束された。事件にイラン当局が関与した可能性がある。
集会は6月30日に開かれ、約2万5千人が参加した。

成田空港の定期便が100社に
開港40年節目、LCC増で

 成田空港に同時期に乗り入れる定期航空便の運航会社が3日、100社に達した。成田国際空港会社(NAA)によると、1978年5月の開港時は34社だったが、40年を迎えた節目に大台に到達。近年、旅客数を増やしている格安航空会社(LCC)の乗り入れ増の影響とみている。
100社目はフィジー・エアウェイズで、同国ナンディからの便が3日夜に到着した。就航記念式典では、NAAの荒川武取締役が「喜ばしい節目を迎え、皆さまのご協力に感謝したい」とあいさつ。取材に「誘致活動を強化してきた成果。一つの通過点として今後も会社を増やしたい」と述べた。

成田空港への乗り入れ100社目となり、歓迎の放水を受けるフィジー・エアウェイズ機=3日夜


TPP首席交渉官が会合へ
政府、17~19日で調整

 政府が米国を除く環太平洋連携協定(TPP)の参加11カ国による首席交渉官会合を開催することが3日、分かった。今月17~19日に神奈川県箱根町で開く方向で調整している。TPP関連法の成立を踏まえて参加国拡大への取り組みを加速。タイやインドネシアなど関心を示している国への働き掛けを強める。
TPP関連法案は6月29日の参院本会議で可決、成立した。メキシコに続き2カ国目で、計6カ国以上が国内手続きを終えると発効の条件が整う。会合では各国の手続きの状況を確認するほか、発効後に参加国を増やすための方策などについても議論を始めたい考えだ。


首相、今夏のイラン訪問を断念
核合意離脱の米国に配慮

 安倍晋三首相は、検討していた今夏のイラン訪問を断念した。複数の日本政府筋が3日、明らかにした。核合意を離脱してイランへの態度を硬化させるトランプ米大統領に配慮せざるを得ないと判断した。イランからの原油輸入打ち切りを求める米国への対応では、日本政府が「エネルギー事情に照らして応じ難い」(外務省幹部)と反論し、平行線をたどっている。
イラン訪問計画を巡り日本政府は、首相が7月中旬に同国の首都テヘランを訪れ、ロウハニ大統領と会談するスケジュールを想定し、イラン側と調整していた。


ロッキード社製レーダー採用へ
地上イージス

 防衛省は、北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛の強化策として導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に搭載するレーダーについて、米ロッキード・マーチン社製の「SSR」を採用する方向で調整に入った。政府関係者が3日、明らかにした。
政府は2023年度の運用開始を目指しており、レーダーの開発がそれまでに間に合うことなどが決め手になったとみられる。
レーダーは弾道ミサイルを探知する装置。SSRの探知範囲は、約500キロとされる海上自衛隊のイージス艦搭載のレーダー「SPY―1」に比べ、飛躍的に向上する。


人口減、行政に「圏域」提言
市町村連携でサービス維持

 人口減少や高齢化が深刻になる40年ごろの自治体行政を巡り、総務省の有識者研究会は3日、複数の市町村で構成する「圏域」を行政主体として法制化し、連携して行政サービスを担う態勢を整えるよう提言する報告書をまとめた。市町村ごとで施策を続けていては住民の暮らしが維持できなくなると強調した。
同省は市町村に関して近年、合併ではなく連携を推進しており、この流れを加速する内容。5日に発足する首相諮問機関の地方制度調査会で、具体化に向けた議論を進める。
報告書は「市町村が全分野の施策を手掛けるフルセット主義を脱却し、圏域単位の行政を標準にしなければならない」と明記した。

総務省研究会の報告書ポイント


ゾゾ、海外向けサイト開設
自動採寸の自社ブランド

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは3日、海外向けサイトを開設したと発表した。72の国と地域で、自動採寸用のボディースーツを使って体に合った洋服を届ける自社ブランド「ZOZO(ゾゾ)」を販売する。他社ブランドを扱うゾゾタウンは海外展開しない。
無料配布のボディースーツ「ゾゾスーツ」を着用した姿をスマートフォンで撮影して身体のサイズを詳細に計測できる仕組みを使って、最適なサイズのTシャツやジーンズを宅配する。これまでは国内のみの展開だったが、欧米やアフリカなど広範な地域に対応した。

記者発表会でプレゼンテーションするスタートトゥデイの前沢友作社長=3日午後、東京都港区


大手電力、再生エネルギーに本腰
脱火力依存へ大規模投資

 再生可能エネルギーを主力電源に位置付けたエネルギー基本計画が3日決定され、大手電力は再生エネの拡大に本腰を入れる。東京電力ホールディングスは千葉県銚子沖で洋上風力発電を計画し、関西電力は福岡県にバイオマス発電所を建設する。他電力も大規模投資で原発と火力発電に依存した電源構成からの脱却を急ぐ。
東電福島第1原発事故により原発への国民の不安は強く、再稼働への理解を広げるのは簡単ではない。地球温暖化対策の国際協定であるパリ協定の発効で、二酸化炭素(CO2)の削減を求められることも影響する。大手電力は排出量の多い火力の事業リスクは膨らむとみている。


アマゾンプライム会員世界1億人
日本値上げせず、顧客囲い込み

 インターネット通販大手アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は3日までに共同通信のインタビューに応じ、配送料無料や映画見放題などの特典があるプライム会員数が世界で1億人に達し、日本での最近1年間の加入伸び率が過去最高だったと明らかにした。国内の年会費を据え置いて顧客を囲い込み、インターネット通信販売で一段の収益拡大を狙う。
チャン氏は「(日本では)当面値上げする予定はない」と表明。「魅力的なサービスをどんどん提供する。まだできることはある」と述べた。米国では年会費を値上げしたが、日本では会員獲得を優先する。


日産、三菱自と共同研修施設
EV修理サービスも

 日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の企業連合は3日、顧客サービスの効率化のため、フィリピンに日産と三菱自のディーラー店舗のスタッフらを対象にした共同研修センターを開設したと発表した。
新たな研修センターは、フィリピンのラグナ州サンタロサにある三菱自の工場敷地内に整備。1日に最大200人の研修が可能としている。将来的に電気自動車(EV)の修理サービスの研修も行う。講師の効率的な時間利用や同一施設の使用で、コストも削減できるという。
3社連合は車両の設計や開発機能を段階的に統合しており、共同研修センターの設置はその一環。

フィリピンに開設された日産自動車と三菱自動車のディーラー店舗のスタッフらを対象にした共同研修センター


キャッシュレス推進へ産学官組織
40%達成へ課題解決や周知

 経済産業省は3日、電子マネーやクレジットカードなど現金を使わない決済手段の普及を推進する産学官の連携組織「キャッシュレス推進協議会」を設立したと発表した。2025年までに非現金の決済比率を40%に引き上げる目標の達成に向け、技術的課題の解決や周知に取り組む。
発足は2日付。初期メンバーにはNTTデータやみずほ銀行、ソフトバンクといった企業145社のほか、日本スーパーマーケット協会や全国地方銀行協会などの20団体も加わった。自治体からは和歌山県が参加する。
非現金の決済比率は現在、20%程度にとどまっている。


北太平洋のサンマ漁規制で議論
日本が上限設定案、ハードル高く

 日本や中国、台湾など8カ国・地域が北太平洋のサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が3日、東京都内で始まった。不漁が長引き、資源の枯渇を懸念する日本は国・地域別の漁獲量に上限を設定する案を示し、賛同を求める。ただ中国は数量規制に反発してきた経緯があり、合意のハードルは高い。
水産庁の長谷成人長官は会合で、東日本大震災の津波で被害を受けた漁村地域の振興を進める上でもサンマ資源は重要だと強調し「NPFCが早急に適切な資源管理措置を導入することを強く望んでいる」と述べた。会合は非公開で、5日に議論の結果を発表する。

開かれた北太平洋漁業委員会の年次会合=3日午前、東京都港区


中国、四国、九州で大雨
台風7号、災害警戒を

 台風7号は3日、九州の北の海上を北東に進んだ。中国・四国、九州には台風から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が安定しない状態が続いた。局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や川の増水・氾濫に警戒を呼びかけた。
台風は3日午後9時には、長崎県対馬市の北東約40キロの海上を時速約25キロで北東へ進んだ。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速(最大瞬間風速)は30メートル(40メートル)。中心から半径90キロが風速25メートル以上の暴風域。

台風7号接近による強い雨と風の中、傘をあおられる女性ら=3日午後、福岡市


北海道で大雨、住宅浸水も
気象台、4日以降も注意を

 北海道では3日、前線の影響で日本海側北部を中心に大雨となり、河川の氾濫や住宅浸水、土砂崩れなどの被害が出た。札幌管区気象台は4日以降も土砂災害などに警戒を呼びかけている。
道などによると、石狩川や雨竜川があふれたほか、旭川市などで7棟が床上浸水した。留萌、石狩両市と増毛町によると、少なくとも15カ所で土砂崩れが発生した。
東川町の天人峡温泉では、道路の通行止めで宿泊客や従業員約130人が孤立。電気や水道は通じており、客らの健康状態に問題はない。JR北海道によると、札幌と旭川などを結ぶ特急54本を含む、列車171本が運休した。

大雨の影響で大きく崩れた北海道東川町の天人峡美瑛線の道路=3日午前10時半ごろ(北海道上川総合振興局提供)


原爆前後を写した500枚発見
広島の写真家遺品から

 広島への原爆投下で被爆した写真家迫幸一さん(1918~2010)の遺品から、30~50年代ごろの広島市内や周辺を写した未発表の写真が見つかった。少なくとも500枚あり、専門家は「原爆投下前後の街の変遷を知る上で非常に貴重」と評価。迫さんの長男が広島市内にオープンする資料館で閲覧できる。
迫さんは広島県呉市出身で、原爆投下後の45年8月8日に広島市内に入り、残留放射線を浴びた。人や自然をテーマにした作品を数多く発表。海外で高い評価を受け、米国のニューヨーク近代美術館などに作品が収蔵されている。

被爆者で写真家の迫幸一さんの遺品から見つかった、産業奨励館(現・原爆ドーム)前で肩を組む学生の写真=1937年ごろ(迫青樹さん提供)


若狭湾に沈む潜水艦3隻を特定
海底調査で九工大チーム

 第2次大戦後、処分のため京都府舞鶴市沖の若狭湾に沈められた記録が残る旧日本軍の潜水艦3隻の位置と名前をすべて特定したと、九州工業大の浦環特別教授らの調査チームが3日、東京都内で発表した。
3隻は1924年建造で敵襲の見張りなどをした「呂68」、27年建造で機雷の敷設を担った「伊121」、43年にドイツから譲渡された「呂500」。舞鶴市・冠島付近の深さ90メートル前後の海底で見つかった。46年に連合国軍総司令部(GHQ)が沈めた時の形をほぼ保っているという。
調査は6月18~21日に実施。小型漁船から音波探知機を使い、海底の様子を調べるなどした。

若狭湾で見つかった旧日本軍の潜水艦「呂500」の艦橋前部。遠隔操作の無人潜水機が撮影した(ラ・プロンジェ深海工学会提供)


ベルリンフィル派遣は26歳女性
第1号、東京芸大から

 世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の人材育成機関「ベルリン・フィルハーモニー・カラヤン・アカデミー」が3日、東京都台東区の東京芸術大でオーディションを開き、卒業生の小川響子さん(26)=奈良県橿原市出身=が合格した。
オーディションは、アカデミーと東京芸大が若手音楽家を育成するため、4月に結んだ協定に基づく、初の試み。毎年、バイオリン専門の卒業生を1人派遣することになっている。
派遣第1号となった小川さんは、現在は東京フィルハーモニー交響楽団のバイオリン奏者。秋から2年間、ベルリンでベルリン・フィルの団員の指導を受ける。

「ベルリン・フィルハーモニー・カラヤン・アカデミー」に派遣される小川響子さん=3日午後、東京都台東区の東京芸術大


錦織、7年連続初戦突破
ウィンブルドン、杉田敗れる

 【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第2日は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス1回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング198位のクリスチャン・ハリソン(米国)を6―2、4―6、7―6、6―2で下した。7年連続で初戦を突破し、2回戦でバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦する。
世界69位の杉田祐一(三菱電機)は168位のブラッドリー・クラーン(米国)に6―2、6―7、2―6、2―6で逆転負けした。

男子シングルス1回戦 ポイントを奪いガッツポーズする錦織圭=ウィンブルドン(共同)