Kyodo News

8月16日

日本語メインに戻る
米大統領元側近の評決判断
ロシア疑惑捜査、初の陪審審理

 【ワシントン共同】米政権を巡るロシア疑惑捜査に端を発して詐欺罪などに問われたトランプ陣営の元選対本部長マナフォート被告(69)の審理で、南部バージニア州アレクサンドリア連邦地裁の陪審は16日、有罪か無罪かを判断する評議を始めた。検察側と弁護側は15日に最終弁論を行った。AP通信が伝えた。
ロシア疑惑捜査の一環で起訴された被告に陪審の評決が出れば初めて。今回の裁判はロシア疑惑とは直接の関係はないが、有罪評決が出ればトランプ大統領に打撃となる。一方、無罪と判断されればモラー特別検察官は捜査の進め方を問われる恐れもある。


トランプ氏、批判勢力を排除
元CIA長官への機密遮断

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は15日、ブレナン中央情報局(CIA)元長官が政府の機密情報に触れる権限を剥奪し、機密へのアクセスを遮断した。オバマ前政権の他の元高官の権限剥奪も検討しており、トランプ政権に批判的な勢力を情報機関の活動から排除する狙いとみられる。
情報機関高官らは退任後も機密に触れることが慣例として認められている。ブレナン氏は「批判する者を罰し、言論の自由を弾圧する行為だ」とツイッターで非難し、今後も政権批判を続ける考えを表明した。
ホワイトハウスのサンダース報道官が15日の記者会見で権限剥奪を決めたトランプ氏の声明を発表した。


米共和党、人気バンドに反発
公演ポスターの図柄問題視

 【ロサンゼルス共同】米人気ロックバンド、パール・ジャムが15日までに、ホワイトハウスが炎上する図柄のポスターを発表した。トランプ大統領を思わせる遺体がワシに食べられる絵も下部に小さく描かれており、与党共和党は「非常に不快だ」と反発したが、バンド側は謝罪する考えはないとの声明を出した。AP通信などが報じた。
ポスターは西部モンタナ州で13日に開かれた公演用。11月の中間選挙で野党民主党候補への投票を呼び掛けるメッセージが込められており、共和党が神経をとがらせているようだ。


トランスジェンダーが候補に
米史上初、バーモント州知事選

 【ワシントン共同】米東部バーモント州で14日、11月の中間選挙の予備選があり、心と体の性が一致しないトランスジェンダーのクリスティン・ハルクイスト氏(62)がほか3人を破って知事選の民主党候補に選ばれた。米メディアが伝えた。
米国の州知事選でトランスジェンダーを公表した人が主要政党の候補となるのは史上初。本選で勝利すれば米国初のトランスジェンダーの知事になる。共和党候補には現職フィル・スコット知事(60)が選ばれた。
ハルクイスト氏は2015年に男性から女性に転換し、名前をデービッドからクリスティンに変えた。バーモント州の電力企業の元最高経営責任者。


北朝鮮貿易で中ロ企業制裁
石油など密輸、米財務省

 【ワシントン共同】米財務省は15日、国連安全保障理事会の決議に違反し北朝鮮への石油やアルコールなどの密輸に関与したとして、中国とロシアなどの企業3社とロシア企業代表1人を制裁対象に追加すると発表した。米国内の資産が凍結され、米企業との取引が禁じられる。
ムニューシン財務長官は声明で「最終的で検証可能な非核化を達成するまで、制裁違反に厳しく対処する」と強調し、各国に厳格な履行を求めた。
3社のうち中国の貿易会社とシンガポールの提携会社の2社は、アルコールやたばこなどを繰り返し北朝鮮に輸出。ロシアの港湾関連会社は、北朝鮮への石油の輸出を手助けした。


米中貿易協議が今月下旬再開へ
約3カ月ぶり、事務レベルで

 【北京共同】中国商務省は16日、王受文商務次官らが今月下旬に訪米し米国と貿易協議を行うと発表した。貿易摩擦の解消へ向け中断していた両国の協議が事務レベルで再開する。米中貿易協議は約3カ月ぶり。米国側はマルパス財務次官が交渉の代表を務める。
巨額の貿易不均衡やハイテク分野を巡る産業政策などの主要争点で両国の主張の隔たりは大きい。事務レベルでの協議が閣僚級の貿易協議の再開につながるかは不透明だ。
中国商務省は「一国主義や貿易保護主義には反対で一方的な貿易制限措置は受け入れない」としながら「対等、平等、誠実さをベースに対話を行うことを歓迎する」と強調した。


米、トルコ報復関税を非難
牧師解放も鉄鋼制限維持

 【ワシントン共同】サンダース米大統領報道官は15日の記者会見で、米国によるトルコ製鉄鋼の関税倍増への対抗として、トルコ政府が課した米製品への報復関税について「間違った方向に進んでいる」と非難した。
サンダース氏は、米国による鉄鋼輸入制限は「国家安全保障上の観点から発動している」と主張。両国対立の要因である米国人牧師をトルコが解放したとしても、鉄鋼制限は維持するとの見方を示した。
米国は3月、大量輸入が安全保障上の脅威とみて米通商拡大法232条に基づき鉄鋼に25%の追加関税を発動。トルコに対しては今月13日から関税率を50%に倍増した。


トルコリラに落ち着き
カタール投資で買い戻し

 【ロンドン共同】15日の外国為替市場で、トルコリラが対ドルで買われ、前日と比べ一時約8%高となった。トルコの銀行監督当局が事実上の金融引き締めに乗り出し、投資家が買い戻した。中東カタールが混乱するトルコへの投資を表明したと伝わり、やや落ち着きを取り戻した。
米国とトルコの対立激化を背景に、リラは13日のアジアの外国為替市場で一時1ドル=7リラ台前半まで急落したが、15日は5・8リラ台まで上昇する場面があった。
トルコメディアなどはカタールがトルコに150億ドル(約1兆7千億円)の直接投資を実施する計画だと伝えた。


米軍、核攻撃で「国家存続」阻止
60年代の対ソ連計画

 【ワシントン共同】冷戦期の1960年代にジョンソン米政権がソ連と核戦争に突入した場合「国家の存続」を阻止するため、軍事施設や都市部の産業基盤を包括的に攻撃する作戦計画を立案していたことが15日、機密解除された米公文書で分かった。放射性物質などによる広範囲の被害が想定され、甚大な市民の犠牲を出すことを辞さない方針だった。
米ジョージ・ワシントン大のシンクタンク、国家安全保障公文書館が文書を入手した。文書は64年6月5日付。米統合参謀本部がソ連や中国との全面核戦争をにらんで作成した「単一統合作戦計画(SIOP)」に関する極秘報告書。


米海兵隊の駐留倍増へ
ノルウェー、訓練目的

 【ロンドン共同】ノルウェー国防省は15日、訓練や演習目的で同国にローテーション配備の形で駐留する米海兵隊の規模を現在の330人から最大700人に増やすことで米側と合意したと発表した。ロシアの脅威を念頭に置いた措置とみられる。
ノルウェーは北大西洋条約機構(NATO)に1949年の発足時から加盟。自国内での外国軍駐留を禁じる政策をとってきたが方針転換し、昨年1月から中部トロンヘイム郊外に米海兵隊が駐留している。
発表や報道によると、当初の駐留は半年間の予定だったが、その後、今年末までに延長されていた。


ルラ被告が立候補届け出
10月のブラジル大統領選

 【リオデジャネイロ共同】10月7日実施のブラジル大統領選の立候補が15日締め切られ、収賄罪で収監中の左派の元大統領ルラ被告(72)が高等選挙裁判所に出馬を届け出た。各種支持率調査で首位を走り、根強い人気を誇るが、受理されるかどうかは不透明だ。
13人が立候補を届け出た。かつての軍事政権を評価するなど過激な発言で「ブラジルのトランプ」と呼ばれる右派ボルソナロ下院議員(63)が、ルラ被告に次ぐ支持率を保っている。
高等選挙裁は9月17日までに受理の可否を決める。


伊も難民受け入れ表明
地中海で救助

 【パリ共同】マルタ政府は15日、リビア沖の地中海で人道支援団体の船が救助した難民・移民141人の受け入れを分担する合意に、イタリアも新たに参加を表明したと発表した。現政権が強硬な反移民政策を掲げるイタリアは船の入港を拒否し、フランスやドイツなど5カ国が14日、受け入れ分担に合意した際には参加していなかった。
人道支援団体の船は10日に難民らを救助したが、接岸を許可する国が当初見つからず、欧州各国に緊急な対応を呼び掛けた。合意を受けて、船は15日、マルタに入港。アフリカのソマリアやエリトリア出身者を中心とした141人は全員上陸した。


インドのバジパイ元首相が死去
98年に核実験を実施

 【ニューデリー共同】インドメディアによると、同国が1998年に核実験を実施した際に首相だったアタル・ビハリ・バジパイ氏が16日死去した。93歳だった。今年6月に腎臓の感染症などを理由に首都ニューデリーの病院に入院していた。
1924年、中部マディヤプラデシュ州生まれ。大学卒業後、ジャーナリストとして活動し、51年、ヒンズー至上主義団体を支持基盤とする現与党インド人民党(BJP)の前身、ジャンサン(大衆連盟)の創設メンバーになった。57年、下院議員に当選。
98年5月、インドは24年ぶりに核実験を実施、欧米などから経済制裁を受けたが、国民には支持された。


日本食品の品質、香港でアピール
フードエキスポが開幕

 【香港共同】香港で16日、世界各国から約1560の企業や団体が参加する食品展示会「フードエキスポ2018」が、20日までの日程で開幕した。ジャパンパビリオンでは、日本食品の最大の輸出先である香港でさらなる市場拡大を図ろうと、各地の旬の果物や水産物などを紹介、品質の高さをアピールした。
農林水産省によると、昨年の香港への農水産物輸出額は、全体の約4分の1に当たる約1877億円。香港政府は7月、東京電力福島第1原発事故後から続けていた栃木など5県の一部日本食品の輸入停止措置を、福島県を除いて緩和した。
ジャパンパビリオンは18日まで。

ジャパンパビリオンの開幕式でテープカットする斎藤農相(前列左から3人目)=16日、香港(共同)


豪でナチスの用語使い議会演説
移民制限訴え、激しい非難受ける

 【シドニー共同】オーストラリア連邦議会のアニング上院議員が16日までの議会演説で移民制限を求め、ユダヤ人を大量虐殺したナチス・ドイツが使用した「最終的解決」との言葉を使った上、イスラム教徒の入国禁止を主張し、激しい非難にさらされている。
少数野党に所属するアニング氏は14日、初めての議会演説で移民削減を訴え「最も同化できないのはイスラム教徒だ」と指摘し、入国を禁ずるよう求めた。
さらに「移民問題の最終的解決はもちろん国民投票だ」と強調した。ナチスが「ユダヤ人問題の最終的解決」としてホロコースト(大量虐殺)が本格化したことから、アニング氏に批判が殺到した。


仏ニース、2年前のテロ後初花火
トラック突入の現場

 【パリ共同】2016年7月にトラック突入テロの現場となったフランス南東部ニースの海岸で15日夜、テロ後初となる花火が上がり、警察と軍が陸海空で警備を敷く中、多くの市民や観光客が楽しんだ。地元メディアが伝えた。15日は聖母被昇天の祝日。
約2年前、フランスの革命記念日の16年7月14日夜、花火見物を終えた群衆にトラックが突っ込み、86人が死亡した。


伊首相が非常事態宣言
橋崩落対策6億円拠出へ

 【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故を受け、コンテ首相は15日、ジェノバで閣僚会合を開き、1年間の非常事態を宣言した。周辺住民への支援やがれきの撤去などのため緊急対策費500万ユーロ(約6億3千万円)を拠出する方針も示した。
現場はさらなる崩落の恐れがあるとして600人以上の住民が避難しており、サルビーニ副首相兼内相はこれらの人々に年内に避難住宅を用意すると述べた。
政府は事故原因に関し、老朽化した橋の点検などが不十分だったとして、高速道路の運営を委託する管理会社の保安体制に問題があったと断定した。


イタリア高架橋崩落を専門家予見
3万カ所が老朽化で危険

 【ローマ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出たことに関し、地元の専門家らが橋の構造に問題がある恐れを指摘、事故を予見し建て直しを提言していたことが16日分かった。またイタリアには老朽化が進み崩落の危険がある橋などが約3万カ所あることも判明した。地元メディアが報じた。
事故が起きた「モランディ橋」は1967年に建設されたが、90年代から繰り返し補強工事を実施しており、構造に欠陥があるためではないかとささやかれてきた。


スイス、核禁条約署名せず
安保政策のリスクと判断

 【ジュネーブ共同】スイス政府は15日、核兵器禁止条約に現時点では署名しない方針を決定したと発表した。現在の国際情勢下での条約加盟は安全保障政策上のリスクになると判断した。下院は6月に政府に速やかに禁止条約に署名と批准手続きを行うよう求める動議を採択していた。
スイスは昨年、国連本部で行われた禁止条約制定交渉に参加、採択にも賛成した。しかし政府内で条約に関して検討を進めた結果、加盟は軍縮外交や安保政策上のリスクを伴うとの結論に達した。ただし今後の状況次第で立場を再検討することもあるとした。
スイスは武装中立国で、北大西洋条約機構(NATO)には非加盟。


EU、夏時間廃止を検討
健康への影響指摘

 【ブリュッセル共同】2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、安倍晋三首相が時間を夏季だけ早めるサマータイム(夏時間)導入の可否を検討するよう自民党に指示する中、欧州連合(EU)は長年続ける夏時間の存廃の検討を本格化させている。
標準時を年2回、1時間前後させることによる健康への悪影響や、想定されたほどの省エネ効果が得られないことなどが指摘されるためだ。EU欧州委員会は16日まで実施するパブリックコメント(意見公募)も参考に方針を決める。

北欧デンマークの首都コペンハーゲンで、人魚姫の像を眺めて夏の一日を楽しむ観光客=2017年8月(共同)


金正男氏殺害、2被告審理継続へ
マレーシア、正恩氏の異母兄

 【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が昨年、マレーシアの空港で猛毒の神経剤を顔に塗られ殺害された事件で、実行犯として殺人罪に問われた女2被告の公判が16日、クアラルンプール近郊の高裁で開かれた。裁判所は、弁護側によるさらなる立証が必要として、審理を継続する判断を示した。
事件は北朝鮮の国家的関与が疑われている。2被告は「顔に塗ったのが猛毒とは知らなかった」と無罪を主張している。今後の公判では、2被告が初めて法廷で証言する見通し。
ベトナム国籍とインドネシア国籍の2被告は、北朝鮮国籍の男4人と共謀し、殺害したとされる。

16日、法廷に到着したドアン・ティ・フオン被告(中央)=クアラルンプール近郊(共同)


NYで辺野古移設反対デモ
在米邦人、翁長氏遺志継ぐ

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの日本総領事館前で15日、在留邦人ら約10人が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を阻止しようと、安倍政権と相対してきた翁長雄志知事を追悼し、移設に反対するデモを行った。
ニューヨーク在住の文筆業八巻由利子さん(61)=東京都出身=は「翁長氏は保守派だったのに移設反対の意思が強かった。最期まで闘った遺志を継ぎ、米国に暮らす日本人として頑張りたい」と語った。米在住の長島志津子さん=青森県十和田市出身=は、辺野古埋め立て承認の撤回をアピールする横断幕を手に参加した。

15日、米ニューヨークの日本総領事館前で、翁長沖縄県知事を追悼し普天間飛行場の辺野古への移設に反対する在留邦人ら(共同)


台湾の総統入店で不買運動
中国、ネットで呼び掛け

 【台北共同】中南米を外遊中の台湾の蔡英文総統が12日に経由地の米西部ロサンゼルスで台湾系のカフェチェーン「85℃」に立ち寄ったところ、蔡総統率いる台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)政権に反発する中国のネットユーザーが不買運動を呼び掛ける事態になった。中央通信社が15日報じた。
蔡総統が立ち寄ってコーヒーを購入したことが報じられると、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で「台湾独立派企業だ」として非難や不買運動の書き込みが相次いだ。
グルメマスター社が運営する「85℃」は中国内で約590店舗。米国、香港などにも展開し、店舗数は計千店舗を超える。

12日、米ロサンゼルスでカフェチェーン「85℃」に立ち寄る台湾の蔡英文総統。同行している立法委員(国会議員)が13日、フェイスブックで公開した(共同)


襲撃や自爆テロで93人死亡
アフガン、タリバン攻勢

 【イスラマバード共同】アフガニスタンで14日夜から15日にかけ、襲撃や自爆テロが相次ぎ、少なくとも93人が死亡した。10日以降、反政府武装勢力タリバンの攻撃が続き、市民も含めた死者は計220人以上となった。政府や米国は和平を模索しており、優位な立場で交渉を始めたいタリバンが攻勢を強め、急速に治安が悪化している。
北部バグラン州で14日夜、タリバンが国軍基地を襲撃、地元メディアによると少なくとも兵士ら45人が死亡した。
15日には首都カブールの学校で自爆テロがあり、保健省によると少なくとも48人が死亡、67人が負傷した。犯行声明は確認されていない。


アレサ・フランクリンさん死去
米黒人歌手、「ソウルの女王」

 【ロサンゼルス共同】「ソウルの女王」と呼ばれた米音楽界を代表する黒人女性歌手、アレサ・フランクリンさんが16日、膵臓がんのためミシガン州デトロイトの自宅で死去した。76歳だった。米メディアが伝えた。数日前から危篤状態とされていた。今春には音楽フェスティバルの出演やコンサートが直前にキャンセルされていた。
1942年、テネシー州メンフィスで生まれ、デトロイトで育った。美声で有名な牧師を父親に持ち、幼少時から教会でゴスペルを歌って過ごした。61年にデビュー。60年代後半にアトランティック・レコードに移籍し「貴方だけを愛して」「リスペクト」などが大ヒットした。

地方で初のサイバー防護隊新設へ
陸自西部方面隊に、中国を見据え

 防衛省・自衛隊は陸上自衛隊西部方面隊(熊本市)に、サイバー空間への攻撃に対する防御を専門とする部隊「方面システム防護隊(仮称)」を本年度内に新設する方針を固めた。地方にサイバー対処部隊を置くのは初めて。サイバー戦力の増強を進める中国を見据え、「国防の要衝」(防衛省筋)である南西諸島を管轄する西部方面隊の体制を強化する狙いだ。政府関係者が16日、明らかにした。
防護隊は、通信状況の監視、現場で使う野外通信システムと指揮系統に関わるネットワークに対するサイバー攻撃発生時の対処が主な任務となる。
西部方面隊は、中国公船の領海侵入が相次ぐ沖縄県・尖閣諸島を含む。


働き方改革でCO2削減
中小企業向け、効果を計算

 環境省は、残業時間の削減や自宅で仕事をするテレワークの導入など、働き方改革を進めることで、企業活動による二酸化炭素(CO2)の排出量をどの程度減らせるかパソコンで計算するツールを作成した。中小企業向けで、担当者は「働き方改革は、仕事の効率化や従業員のやる気向上だけでなく、地球温暖化対策にもつながる」と活用を呼び掛けている。
同省のホームページ(HP)から無料でダウンロードできる。表計算ソフト「エクセル」をベースに作成した。
働き方改革以外でも、職場の照明の間引きや発光ダイオード(LED)への交換、冷暖房の設定温度の見直しなどによる効果が算出できる。

環境省が作成した「働き方改革によるCO2削減効果」簡易算定ツール


貿易収支、2カ月ぶり赤字
7月、2312億円

 財務省が16日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2312億円の赤字だった。輸入の伸びが輸出を上回り、2カ月ぶりの赤字となった。
輸出は鉄鋼などが増え、前年同月比3・9%増の6兆7474億円。輸入は原油や医薬品などが押し上げ、14・6%増の6兆9786億円だった。
国・地域別では、米国に対する貿易収支が5027億円の黒字。黒字幅は2カ月ぶりに縮小した。欧州連合(EU)と中国についてはいずれも赤字で、それぞれ1228億円と2120億円だった。

輸出入のコンテナが並ぶ東京港=7月


プラ製ストロー廃止へ
すかいらーく、外食大手初

 ファミリーレストラン「ガスト」や「ジョナサン」を運営するすかいらーくホールディングスが、2020年までに国内外の約3200店でプラスチック製の使い捨てストローの利用をやめることが16日、分かった。日本国内の外食大手では初めてだという。他の企業にも広がる可能性がある。
プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化しており、環境保護の取り組みを強化する。年内に日本のガスト約1370店で、客が自由に飲み物を取れるドリンクバーのストローを廃止し、20年までに日本、台湾の全店舗で使用を取りやめる。ドリンクバーではグラスだけの提供になる。

すかいらーくホールディングスが運営するファミレス「ガスト」のドリンクバー。同社は2020年までにプラスチック製ストローの利用をやめる(同社提供)


遺骨のDNA鑑定「日本人なし」
比で収集「戦没者」

 厚生労働省に委託された2人の専門家が、太平洋戦争の激戦地・フィリピンで旧日本兵のものとして収集された遺骨の一部をDNA鑑定し「日本人である可能性が高い人骨はなかった」などとする報告書をまとめていたことが16日、関係者への取材で分かった。
厚労省は2012年10月に報告書の提出を受けたが、結果を公表していなかった。同省の担当者は報告書の存在を認めた上で「11年に実施した検証結果の域を出るものではないと判断し、公表しなかった。隠していたわけではない」と述べた。
フィリピンでの遺骨収集事業は8年前に現地住民のものが混入している可能性が指摘され、中断している。

フィリピンでの戦没者遺骨収集の経過


米旅客機2キロのパネルが落下か
成田着のアメリカン航空

 16日午後5時25分ごろ、成田空港に到着した米ダラス・フォートワース発のアメリカン航空61便ボーイング777で、重さ約2キロのパネル1枚がなくなっていると国土交通省成田空港事務所に連絡があった。同事務所は飛行中に落下した可能性があるとみて調べている。
同事務所によると、パネルは右主翼の付け根付近の胴体に取り付けられ、大きさは縦横いずれも約1メートル。成田国際空港会社(NAA)が滑走路を一時閉鎖して点検したが、見つからなかった。
アメリカン航空機は午後4時25分ごろに到着した。着陸後の点検でパネルがないことが判明した。

アメリカン航空61便ボーイング777の胴体。主翼の付け根付近にはパネルがなくなったと思われる痕跡が見える(中央)=16日夜、成田空港


学テ最下位なら、市長が賞与返上
大阪市、来年の結果が給与に反映

 全国学力テストの結果を教員の給与に反映させる方針を示している大阪市の吉村洋文市長は16日、来年のテストで全政令指定都市中最下位を脱することができなければ、自身の夏の賞与を全額返上すると明らかにした。
吉村市長は「教員らに対して結果に責任を負うよう求める以上、自身もそうあるべきだ」と述べた。学力向上の指導をする教育委員会の担当者にも責任を持ってもらうとして、教員と同様にテスト結果が給与に反映する制度の構築を検討するとした。
各学校の目標については一律に決めたいとしていたが、学校の実情や地域の特性なども考慮して個別に決める可能性にも言及した。


阿波おどりの人出最少に
運営巡る対立影響か

 15日に閉幕した徳島の夏の風物詩「阿波おどり」の人出が昨年より約15万人少ない約108万人で、記録が残る1974年以降、最少だったことが16日、徳島市への取材で分かった。有力踊り手団体が、市を中心とする実行委員会の中止決定に反して「総踊り」を強行するなど運営を巡る対立が影響した可能性があり、市は原因を検証する。
昨年まで主催していた市観光協会が多額の累積赤字を抱えて破産。今年から市主導でつくる実行委が新たな主催者となった。毎年8月12~15日に開催、市によると雨天で一部の日程が開催できなかった年を除き、これまでの最少は2014年の約114万人だった。

阿波おどりの団体が独自に行った「総踊り」=13日、徳島市


高校生演説、今年は要請せず
ジュネーブ軍縮会議

【ジュネーブ共同】毎年8月にジュネーブ軍縮会議を訪れ、核兵器廃絶を訴えている日本の高校生平和大使の会議場での演説について、今年は日本政府が軍縮会議事務局に実施を要請しなかったことが15日、分かった。派遣団体が要望を見送ったのが理由。外交筋が明らかにした。
平和大使は2014年から3年連続で軍縮会議で演説したが、17年は中国などの反対で断念した。
平和大使を派遣している「高校生平和大使派遣委員会」の担当者は「日本政府が高校生に意見表明できる機会をきちんと設けるとのことで要望は見送った」と説明した。


ダルビッシュ、今月中にも復帰か
カブス監督が見解

 【シカゴ共同】米大リーグ、カブスのマドン監督は15日、右肘などの故障のため戦列を離れているダルビッシュの復帰時期について「全てが順調にいけば、今月中にも可能だと思う」と見解を示した。
前日に実戦形式で3回を想定して55球を投げたこともあり、マドン監督は「悪いニュースを聞いていないのがいい証しだ」と説明する。一方で「急がせるつもりはない」と慎重な姿勢も崩さなかった。
ダルビッシュは16日(日本時間17日)の投球練習を経て19日(同20日)にマイナーでリハビリ登板をする見込みで、この日はキャッチボールなどで軽めに調整した。