Kyodo News

8月24日

日本語メインに戻る
トランプ氏友人も捜査協力
不倫口止め疑惑で証言か

 【ワシントン共同】トランプ米大統領の不倫もみ消し疑惑で、ウォールストリート・ジャーナル紙電子版などは23日、トランプ氏側と女性側の口止め料を巡る交渉を仲介するなどして関与したとされるトランプ氏の友人で「アメリカン・メディア」社のデービッド・ペッカー最高経営責任者(CEO)が検察当局に捜査協力し、刑事免責を受けたと伝えた。
トランプ氏とホワイトハウスで食事するなど親しい間柄のペッカー氏は、口止め料の経緯を詳細に証言したという。トランプ氏の元顧問弁護士コーエン被告に続いて関係者が捜査に協力し、真相解明が進みそうだ。


米中、公正貿易実現を協議
事務レベル、摩擦緩和探る

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは23日、米国で22日から行っていた事務レベルの米中貿易協議が終了し、公正な貿易取引の実現に向けて話し合ったと明らかにした。米中は互いに追加関税をかけ合う中で、約3カ月ぶりに対話を再開。今後の摩擦緩和につながるか注目される。
訪米した王受文商務次官らと、マルパス財務次官らが出席。米側は2日間の協議で「公正で均衡が取れた互恵的な経済関係の実現方法について意見を交換した」と説明した。中国による米先端企業の技術移転強要といった「構造的な問題」も含まれたという。


米、北朝鮮国連大使にビザ出さず
非核化停滞、けん制の狙いも

 【ニューヨーク共同】北朝鮮のキム・ソン新国連大使が5月下旬に米国査証(ビザ)を申請したものの、交付されず、前任者が帰国した後も着任できていないことが24日までに分かった。国連関係筋が明らかにした。6月の米朝首脳会談以降、非核化を巡る両国の協議は膠着状態が続いており、米国が北朝鮮をけん制する狙いもありそうだ。
北朝鮮にとって国連代表部は米国との限られた対話の窓口の一つで「ニューヨーク・チャンネル」とも呼ばれる。トランプ米政権は北朝鮮の非核化が実現するまで制裁圧力を維持する立場で、こうした姿勢が今回の措置に反映された可能性もある。


米、金正恩氏と会談予定なし
ポンペオ国務長官、来週の訪朝

 【ワシントン共同】米国務省のナウアート報道官は23日の記者会見で、来週訪朝するポンペオ国務長官が現地滞在中に金正恩朝鮮労働党委員長と会談する予定はないと明らかにした。ポンペオ氏の訪朝は4回目。7月の前回訪問では実現しなかった金氏との直接会談を実施し、核放棄に向けた具体的行動を引き出せるか注目されていた。
ナウアート氏は「金委員長との面会は旅程に含まれていない」と述べ、今回の訪朝は、あくまで北朝鮮の「完全非核化」に向け対話を重ねることが目的だと説明。停滞する非核化交渉を打開する見通しについては「時間を要するプロセスだ」とし、詳しい言及を避けた。
ポンペオ氏は23日、北朝鮮担当特別代表に米自動車大手フォード・モーター副社長を務めたスティーブン・ビーガン氏起用を発表、同日就任した。

23日、米国務省で記者会見するポンペオ国務長官(右)とスティーブン・ビーガン氏=ワシントン(米国務省提供・共同)


南ア土地政策に「介入」
トランプ氏、政府は反発


【ワシントン共同】南アフリカのラマポーザ大統領が、少数派の白人が所有する土地を無補償で収用できるよう憲法改正する方針を示したことについて、トランプ米大統領は22日夜「南アの土地収用や農家殺害」の実態を調査するようポンペオ国務長官に指示したとツイッターで明らかにした。突然の「介入」に南ア政府は強く反発した。
土地収用はまだ実施されていない。南アのシスル外相は「誤った情報に基づいており、遺憾だ」と表明。政府公式ツイッターは、アパルトヘイト(人種隔離)の歴史を踏まえ「植民地時代の過去を思い起こさせるような偏狭な認識は断固として受け入れない」と強調した。


中国、元安抑制策を再開
7カ月ぶり、米圧力か

 【北京共同】中国の外国為替市場を運営する中国外貨取引センターは24日、日々の人民元取引の目安となる対ドル基準値の設定に関して、過度な元安進行を食い止めるための措置を約7カ月ぶりに再開したと発表した。
トランプ米大統領は、元の下落傾向が続くのは中国の為替操作によるものだと批判しており、米国の圧力を受け再導入した可能性がある。
この措置は、当局が毎朝発表する基準値を算出する際、前日に元相場が対ドルで下落した場合でも、元高方向に戻す計算要素を加えることで元の急速な下落を抑制する。


中国、東シナ海でガス田試掘か
中間線付近に移動式施設

 【ワシントン共同】米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)は23日、東シナ海の日中中間線付近のガス田開発を巡り、最新の衛星写真に基づき、中国が新たに移動式の掘削施設を設置し、試掘に着手した形跡があるとの分析を発表した。
日中両政府は2008年にガス田共同開発で合意したが、中国は中間線の中国側海域に複数の掘削施設を建造し、単独開発を実施している。河野太郎外相は今年6月、中間線付近で中国の掘削船を確認したとして「一方的な開発」に抗議したことを明らかにしたが、これとの関係は不明という。

東シナ海の日中中間線付近に設置された移動式掘削施設=8月10日(CSISアジア海洋透明性イニシアチブ・デジタルグローブ提供、共同)


米、段階的利上げ継続
FRB議長「経済は強い」

 【ジャクソンホール共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日、西部ワイオミング州ジャクソンホールでの経済シンポジウムで講演し「米経済は力強い」との認識を示し、段階的に利上げを続ける方針を改めて強調した。
パウエル氏は「所得と雇用の力強い拡大が続けば、さらなる段階的な利上げが適切になるだろう」と語った。同氏は今年2月に就任しており、議長として同シンポジウムで初の講演となった。
FRBは3カ月に1回のペースで利上げしており、今年は3月と6月に利上げした。年内あと2回の利上げを見込んでいる。


豪の新首相にモリソン財務相
ターンブル氏は辞任へ

 【シドニー共同】オーストラリアの与党自由党は24日の議員総会で、辞任の意向を示したターンブル首相(63)に代わる新たな党首選を実施し、モリソン財務相(50)を選んだ。自由党が主導する与党保守連合は下院で過半数を制しており、モリソン氏が国家元首(英女王)の代理である総督の任命などを経て新首相に就任する。
ターンブル氏は21日の党首選でダットン前内相(47)に勝利し、一度は首相を続投した。だが与党保守連合の支持率低迷で、党内で「ターンブル氏では来年5月までに行われる総選挙で勝てない」との見方が広まり、退陣圧力が強まっていた。


FB、英アプリのアクセス禁止
情報不正使用の恐れ

 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は23日、個人情報の不正使用がないか数千のアプリを調査した結果、英大学の学生らが作った性格診断アプリについて、FB情報へのアクセスを禁止したと発表した。アプリ側が調査を拒否した上、利用者の個人情報保護が不十分だったという。
アプリは「マイパーソナリティー」。FBは約400万人の利用者に、研究者や企業に個人情報が不正使用された恐れがあると通知する予定。日本の利用者が含まれるかは明らかにしていない。


ソニー、米でアイボ発売へ
ブランド復活の成否注目

 【ニューヨーク共同】ソニーは23日、人工知能(AI)を搭載した家庭用犬型ロボット「aibo(アイボ)」を米国で発売すると発表した。ソニーはアイボを約12年ぶりに復活させ、日本で1月に発売し、人気を集めている。新型アイボの海外販売は初めて。
9月から購入の受け付けを始める。価格は3年間の通信プラン込みで2899ドル(約32万円)。8月24日から10月14日までニューヨークの同社施設で展示する。旧型アイボは米国で2006年まで販売していた。

ソニーが米家電見本市「CES」に出展した家庭用犬型ロボット「aibo」=1月、米ラスベガス(共同)


北京で日本酒コンテスト
中国人好み探り輸出増へ

 【北京共同】日中平和友好条約の締結40周年を記念し、中国人が日本酒を試飲しておいしさを評価するコンテストが24日、北京で開かれ、会場では多くの人が顔を赤くしながら飲んだり、口に含んで味わったりした。中国人が好む日本酒の傾向を探り、輸出増につなげる狙いだ。26日まで。
コンテストでは銘柄を隠した日本酒6、7種を試飲し、5段階で評価。高得点だった日本酒や酒蔵を表彰する。通信アプリの微信(ウェイシン)を通じ参加者千人を募集した。
酒造組合などを通じて出品を呼び掛け、24府県の62蔵が計約140本の日本酒を提供した。

日中平和友好条約の締結40周年を記念した日本酒コンテストで、鏡開きをするミス日本酒の須藤亜紗実さん(右端)ら=24日、北京(共同)


虐殺のイワノフカ村で日ロ慰霊祭
シベリア出兵、継承誓う

 【イワノフカ村(ロシア極東アムール州)共同】1918年から日本が軍事介入したシベリア出兵中、旧日本軍が約300人の住民を虐殺したロシア極東アムール州イワノフカ村で24日、日ロ合同慰霊祭が行われた。第2次大戦後のシベリア抑留経験者や地元の子供ら約80人が祈りをささげ、史実の継承を誓った。
抑留経験があり、20年以上イワノフカ村で慰霊を続けている岐阜県揖斐川町の僧侶横山周導さん(93)は「当時の日本には『反省』がなかった。(出兵開始から)100年がたち、多くの人に慰霊に参加してもらえるようになり、感謝の思いでいっぱいだ」と話した。

24日、ロシア・イワノフカ村で行われた日ロ合同慰霊祭(共同)


ラサのチベット寺院、火元は電線
中国自治区、文化財に影響なし

 【ラサ共同】中国チベット自治区の区都ラサにある世界遺産のチベット仏教寺院ジョカン寺の管理部門責任者ラッバ氏は23日、共同通信など一部外国メディアの取材に応じ、2月に寺院内で発生した火災について「ショートした電線からの発火が原因で文化財への影響はなかった」と語った。
自治区当局者によると、火災に関して寺院幹部が外国メディアに発言するのは初めて。寺院は2008年3月に起きた大規模暴動の中心地の一つだった経緯があり、不審火を疑う声が根強い。ラッバ氏の発言は、こうした見方を打ち消し、観光名所として名高い寺院のイメージ回復を図る狙いがあるとみられる。

中国チベット自治区ラサのチベット仏教寺院ジョカン寺=23日(共同)


ダル、原因分かり「安心した」
検査結果後、初めて苦しさ語る

 【シカゴ共同】米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(32)が23日、本拠地シカゴで右肘故障のため今季絶望となってから初めて取材に応じ「骨に明らかなストレスがあって、そのまま投げ続けると疲労骨折になるということだった。(痛みの原因が)見つけられたということについては安心した」と語った。
リハビリが3カ月近くに及んだため「自分を疑い、メンタル的な問題なんじゃないかと思っていた時期もあった。家族とかと一緒にいるときとかでも、いつも肘のことを気にしていた」と苦しい思いも吐露した。
今後に向けては「違和感がない状態でキャッチボールするのがまずは目標」と話した。

ダルビッシュ投手=8月20日(共同)


日中財務対話を31日開催
金融協力協議、北京で

 財務省は24日、日中両国の財政当局が政策運営を協議する「日中財務対話」を31日に北京で開くと発表した。一層の関係改善に向け、財政や金融分野の協力を議論する。昨年5月に横浜市で開かれて以来で、7回目の開催となる。
麻生太郎副総理兼財務相と劉昆財政相らが参加する見通し。麻生氏と米中の貿易交渉を担当する劉鶴副首相との個別会談も検討されている。
日中は5月、金融危機の発生時に互いの通貨を融通し合う「通貨交換協定」の早期再開に合意しており、今回の財務対話で条件などの協議を続ける。
貿易摩擦が世界経済に与える影響に議論が及ぶ可能性もある。


日米韓外相が今月会談へ
東京で28日軸、訪朝説明

 日米韓3カ国は、今月下旬に東京で外相会談を開く方向で最終調整に入った。ポンペオ米国務長官が北朝鮮訪問後の27日にも来日し、河野太郎外相、韓国の康京和外相に訪朝結果を説明する予定だ。外相会談は28日の開催を見込んでいる。複数の日本政府関係者が24日、明らかにした。
日米韓外相会談は7月の東京開催以来で、6月の米朝首脳会談後では3回目となる。日米韓は北朝鮮政策での緊密連携をアピールしたい考えだ。北朝鮮の「完全非核化」を目指すとした方針を再確認し、実現への協力強化を申し合わせる。
河野氏は拉致問題にも言及し、米韓に早期解決に向けた後押しを要請するとみられる。


佐賀知事オスプレイ配備受け入れ
漁協と協議開始、自衛隊初

 自衛隊初となる陸自の輸送機V22オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画について、佐賀県の山口祥義知事は24日午後、記者会見し、受け入れる考えを正式表明した。その後、計画に反対し、配備予定地を所有する地元漁協の幹部に、配備に向けた協議開始を申し入れ、漁協幹部は協議する考えを示した。
山口氏は以前、受け入れをいったん表明したが、2月に陸自の戦闘ヘリコプターが佐賀県神埼市の住宅に墜落したことなどを受け、最終判断を留保していた。一貫して反対してきた漁協が協議に応じる姿勢も見せ、佐賀県内の調整が本格化したことで、配備計画が大きく動きだした。


トヨタ系、自動運転新会社設立へ
年内にもデンソーなど4社

 トヨタ自動車グループの部品大手デンソーなど4社が、自動運転技術を開発する新会社を年内にも共同で設立する方針を固めたことが24日、分かった。電子部品やステアリング制御など各社の強みを集約して開発を加速する。トヨタだけでなく世界の自動車メーカーに自動運転のシステムを一括して提案する態勢を整える。
自動運転を巡っては、部品大手のボッシュやコンチネンタルなどドイツ勢が開発に力を入れているほか、米IT大手のグーグルなど異業種からも参入が相次いでいる。高い技術力を持つトヨタ系4社が協力して開発強化に乗り出すことで、主導権争いが激化しそうだ。

自動運転を巡るトヨタ系部品4社の取り組み


日産、米工場に190億円投資
新型アルティマでてこ入れ

 日産自動車は24日、米国テネシー州のスマーナ工場などに1億7千万ドル(約190億円)を投資すると発表した。今秋、全面改良して発売する主力セダン「アルティマ」新型車の生産設備を増強する。販売不振の米国に人気車種を刷新してこ入れを図る。
新型アルティマは高出力で燃費がいい新型エンジンを、インフィニティブランドのスポーツタイプ多目的車(SUV)「QX50」に続き搭載。自動運転技術「プロパイロット」も採用する。
アルティマは1993年に米国で発売し、スマーナ工場での累計生産台数は約460万台に上る。

日産自動車が今秋発売する新型「アルティマ」


来卒大学生の就職内定率9割迫る
8月、現行日程で最高

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は24日、2019年春卒業予定の大学生の8月1日時点の内定率を前年同時点比3・8ポイント増の88・0%と発表した。人手不足を背景とした「売り手市場」の影響で企業が積極的に内定を出し、現行日程で最も高くなった。
複数の内定を得た学生は前年比0・6ポイント増の64・8%で、1人当たりの平均取得数は2・42社に達した。リクルートキャリアの担当者は「学生を十分確保できなかった企業は秋にも募集する。内定取得者の約15%は、より志向に合った就職先を探して活動を続けるようだ」と指摘した。

大学生の就職内定率の推移


AI導入の動き製造現場に広がる
熟練工の代わり務める?

 人工知能(AI)を取り入れた工作機械やロボットを製造現場に導入する動きが広がっている。背景にあるのは人手不足と少子高齢化だ。電機メーカーからは「人を確保できないなら自動化するしかない」との声が上がっており、AIが熟練工の代わりを務める日が近づきつつある。
三菱電機が6月下旬、名古屋製作所で開いた最新機械の展示会で目玉の一つとして紹介したのは、スマートフォンや自動車部品の金型を製造する機械だ。19年ぶりに新シリーズを発売した。
金型製造は従来、熟練工の細かな調整作業が必要だった。


オウム教祖の死刑執行で抗議集会
「事件なぜ」今後も探る

 オウム真理教で教祖麻原彰晃を名乗った松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=を治療するよう求めていた映画監督や作家らが24日、東京都内で元死刑囚の刑執行に抗議する集会を開いた。映画監督の森達也さん(62)は「なぜ事件が起きたのか。加害者の声を聞くことが必要だった。麻原はいなくなったが、今後も『なぜ』を探っていく」と話した。
松本元死刑囚は一審の途中から意味のある言葉を話さなくなり、2006年に刑が確定。森さんらは今年6月、自ら事件の詳細を語らせるためとして、元死刑囚の治療などを求める会を発足させ、記者会見を開いた。7月6日、元死刑囚の刑は執行された。

オウム真理教の元幹部らの死刑執行に抗議し、集会で発言する映画監督の森達也さん=24日午後、東京都文京区


「核軍縮、米国が主導を」と強調
オバマ政権高官、長崎で講演

 オバマ米政権時代にホワイトハウスで核政策担当の特別補佐官を務めたジョン・ウォルフスタール氏が24日、核兵器を巡る現状をテーマに長崎市で講演し、米国が核軍縮を主導することが重要だと強調した。
ウォルフスタール氏は「核兵器は、安全保障を揺るがすものだ」と主張。核なしでも強大な軍事力を持つ米国が自ら核軍縮を行うことが、廃絶につながると説いた。
講演会は、長崎大や市などでつくる「核兵器廃絶長崎連絡協議会」が主催。大学生や市民ら80人が参加した。
ウォルフスタール氏はオバマ政権下で、2015年のイラン核合意などに関わった。

長崎大で講演するジョン・ウォルフスタール氏=24日午後、長崎市


新幹線トンネルで風圧体感
JR西、最高時速300キロ

 JR西日本が山陽新幹線のトンネル内で、車両検査の社員に最高時速300キロの高速走行を至近距離で体感させる研修を行っていることが24日、JR西への取材で分かった。
2015年8月に福岡県内のトンネルを走行中の新幹線で車両カバーが脱落、乗客が負傷した事故を受けた研修で、車両保守の職責の重要性を再認識させるのが目的という。労働組合や労務管理の専門家からは「恐怖感を与え、行き過ぎた研修」と批判する声も上がっている。
JR西によると「時速300キロ近接体感研修」と呼ばれ、16年から実施。

トンネルに入る新幹線=2015年2月、神戸市


60メートル風車倒れる、淡路島
関西地方、車両横転など被害

 台風20号が通過した関西地方では、24日に風車倒壊や車両横転、鉄道などへの被害が次々と判明、復旧作業に追われた。
兵庫県淡路市の北淡震災記念公園では午前6時ごろ、公園施設に電気を送る高さ約60メートルの発電用の風車が倒れているのが見つかった。けが人はいなかった。
風車は支柱の土台がむき出しになって倒壊。羽根が折れ曲がり、一部が公園脇の道路まで達した。風車が立っていた敷地や脇の市道では、羽根や部品の残骸などが散乱。市によると、風車は2002年に設置された。昨年5月に風車付近で起きた落雷が原因で故障し、稼働していなかった。

兵庫県淡路市の北淡震災記念公園で倒れた風車=24日午前9時41分(共同通信社ヘリから)


台風20号、各地に爪痕
猛烈な風雨、13人けが

 徳島県や兵庫県に上陸した台風20号は24日未明には日本海に抜け、石川県輪島市沖を北寄りに進んだ。通過に伴って神戸市の神戸空港では1時間に136ミリの猛烈な雨を観測し、レーダー解析では京都府綾部市西部付近で約90ミリの雨が降った。和歌山・友ケ島では23日午後11時すぎに52・3メートルの最大瞬間風速を観測した。和歌山県新宮市では熊野川が氾濫。総務省消防庁によると、強風にあおられて転ぶなどし7府県で13人が負傷した。
淡路島と本州を結ぶ明石海峡大橋ではトラックなど計5台が強風にあおられて横転。3人が病院に運ばれた。兵庫県淡路市では発電用の風車が倒れた。


吉本興業が国連の活動に協力
笑いで「持続可能な開発目標」

 【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部で開催された会議で23日、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の知名度向上に協力している吉本興業のユニークな活動が報告された。SDGsを題材にした同社所属のお笑いタレントらのコミカルな映像が会場で上映されると、大きな笑い声が上がった。
この会議は、国連の広報活動と市民社会の連携を話し合うため22日から2日間開かれた「国連広報局/NGO会議」。
SDGsは貧困や飢餓の撲滅、男女平等の実現など2030年までの達成を目指す。吉本興業は約2年前に東京の国連広報センターから依頼され、電通と共に広報に協力している。

23日、国連の会議に出席した国連広報センターの根本かおる所長(奥右端)。奥左から2人目は吉本興業役員の羽根田みやびさん=ニューヨーク(共同)