Kyodo News

8月27日

日本語メインに戻る
マケイン氏の追悼文発表せず
米大統領、英雄視を拒否

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は26日、トランプ米大統領が、25日に死去した与党共和党重鎮のジョン・マケイン上院議員を追悼する声明の発表を拒否したと伝えた。政策や政治姿勢を批判されていたトランプ氏は、マケイン氏を「英雄」と呼んで称賛することに同意しなかったという。
マケイン氏は昨年7月に脳腫瘍と診断され、家族は今月24日に本人の意思で治療を打ち切ったと発表。ホワイトハウスは事前に追悼声明を用意していたが、トランプ氏が発表を許可しなかった。トランプ氏は26日、首都ワシントン郊外のゴルフ場を訪れたが、記者団には対応しなかった。

トランプ大統領=8月22日撮影(ホワイトハウス


米とメキシコがNAFTA合意
車基準厳格化、カナダ参画へ

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、米国、カナダ、メキシコが結ぶ北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡り、米国とメキシコが2カ国協議で合意したと発表した。自動車の関税をゼロにする基準の厳格化が柱。今後カナダが協議に加わり最終合意を目指す。加盟3カ国で合意すれば、日本の自動車メーカーの調達戦略に影響を与えることになる。
米とメキシコは、焦点である自動車部品の調達基準で、3カ国内の比率を現行62・5%から引き上げる方向で、日本など域外からの調達がしにくくなる。新たに一定の賃金以上の工場で生産する比率も設定する見通しだ。


中国、「核の先制不使用」転換も
米が分析「不透明な近代化」

 【ワシントン共同】米国防総省は27日までに、敵の核攻撃を受けない限り核兵器を使用しない「核の先制不使用」政策を維持してきた中国が、方針を転換した可能性があるとの分析をまとめた。通常兵器による攻撃で体制や核部隊が危機にさらされると判断した場合は、核使用を辞さないとの見解が軍部で浮上していると懸念を示した。
中国の軍事動向に関する国防総省の年次報告書は、核の先制使用を中国指導部が支持したことを示す明確な証拠はないとしながらも「中国の不透明な核近代化計画は、疑念を抱かせるのに十分だ」と指摘した。


一帯一路の協力覚書に調印
中国、ギリシャ両外相

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相とギリシャのコジアス外相は北京で27日に会談した後、中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する両国協力の覚書に調印した。中国はギリシャを「欧州の窓口」と見なし、一帯一路の重要な協力相手と位置付けている。
会談後の記者会見で王氏は、中国との貿易摩擦を抱え一帯一路に対し懐疑的な米国を念頭に「単独主義や保護主義が台頭する中、共に一帯一路を建設することは多国間主義そのものを意味する」と述べた。コジアス外相も一帯一路への支持を強調した。

調印式で笑顔を見せるギリシャのコジアス外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相=27日、北京の釣魚台迎賓館(共同)


パレスチナ難民救済機関が財政難
トランプ政権の拠出金凍結が原因

 【エルサレム共同】国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の財政難が深刻化している。最大の資金拠出国だった米国のトランプ政権が支援凍結を続けているためだ。UNRWAはパレスチナ自治区で働く職員の削減方針を発表。難民の子どもが通う学校の運営資金が不足しているとして国際社会に緊急拠出を求めるなど、支援に影響が出始めている。
UNRWAはパレスチナ自治区やヨルダン、レバノンなどで711の学校を運営しており、パレスチナ難民の子ども計約52万6千人が通う。財政危機で教員の給与が不足するなどし、新学期の開始も危ぶまれたが、UNRWAは予定通りの開始を発表した。


仏マクロン氏支持率34%に低下
就任後最低、警護官事件影響か

 【パリ共同】26日付のフランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュは、マクロン大統領の支持率が昨年5月の就任後最低の34%になったとの世論調査結果を報じた。7月に発覚した大統領警護官の暴行事件などが影響したとみられている。
世論調査は大手調査機関IFOPが8月23、24日に実施。大統領としてマクロン氏に満足しているとの回答は34%、不満足は66%だった。支持率低下は4カ月連続で、満足とした回答は7月の調査から5ポイント下落。昨年6月は64%に上っていた。

フランスのマクロン大統領


機長「情緒不安定」が原因
ネパールの旅客機事故

 【ニューデリー共同】ネパールの首都カトマンズの国際空港で3月、バングラデシュのUS―バングラ航空機が着陸に失敗し炎上、乗客ら51人が死亡した事故について、機長が情緒不安定な状態で操縦し、無理な着陸を強行したことが原因だったとする報告書を、ネパールの事故調査委員会がまとめたことが27日判明した。機長は操縦室で喫煙していたという。
機長も死亡し、委員会はボイスレコーダー(音声記録装置)の記録などを調査。報告書によると、機長は飛行中、自分のパイロットとしての能力に同僚の女性が疑問を示したことに激怒していると繰り返し発言しては、喫煙したり泣いたりしていた。


韓国、国民選出1位に慰安婦問題
「憲法裁決定30選」

 【ソウル共同】韓国の憲法裁判所が今年で創設30年を迎えるのを記念し、27日までに公表した「国民が選んだ憲法裁判所の決定30選」の1位に、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る決定が選ばれた。昨年の朴槿恵前大統領の罷免などを上回った。
1位は、韓国政府が元慰安婦らの賠償請求権に関し、日本に協議申し入れなど具体的な措置を取らなかったのは違憲とした2011年の決定。これを機に慰安婦問題が外交問題化し、朴前政権が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意を15年に結んだ。
調査は1万5千人余りを対象に、過去の主要な決定から記憶に残った最大五つを選ぶ形式で実施された。


韓国の全斗煥元大統領、出廷せず
名誉毀損事件初公判

 【ソウル共同】1980年に韓国・光州で起きた民主化運動弾圧の際、軍のヘリコプターが市民に機銃掃射したとの故人の目撃談を回顧録で否定、うそつき呼ばわりしたとして死者名誉毀損罪に問われた全斗煥元大統領(87)の初公判が27日、光州地裁であった。全被告はアルツハイマー病を理由に出廷しなかった。聯合ニュースが報じた。
全被告の妻は公判に先立ち、被告の認知能力が衰え「裁判の状況に関する説明を聞いても、しばらくすると聞いたこと自体を忘れてしまう状況」と声明で説明。「大統領だった人が公開の場所に呼び出され、かみ合わない話をする姿を国民も見たくないだろう」と主張した。


米乱射、ゲーム大会敗退に不満か
容疑者の動機を捜査

 【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州ジャクソンビルで起きた銃乱射事件で、警察当局は26日、動機解明に向けた捜査を本格化させた。容疑者の男は、現場で開かれていたビデオゲーム大会で敗退した後に他の参加者らに向けて発砲し、自殺した。警察はゲームの結果への不満が背景となった可能性などを調べる。
ジャクソンビルの警察によると、男は東部メリーランド州ボルティモアのデビッド・カッツ容疑者(24)とみられる。米メディアによると、警察当局は26日、カッツ容疑者の自宅を家宅捜索し家族から事情を聴いた。
大会の映像によると、参加者のプレー中、銃声が突然響き始め悲鳴が聞こえた。


米アパート火災で8人死亡
シカゴ、6人は子ども

 【ニューヨーク共同】米中西部シカゴのアパートで26日、火災があり、住民とみられる8人が死亡、消防士を含む数人が負傷し病院に運ばれた。死者のうち6人は子どもだった。米メディアが伝えた。
AP通信によると、同日午前4時ごろ、シカゴ南西部のヒスパニック(中南米系)が多く住む地域のアパートから煙が出ているのを仕事帰りの女性が発見し通報した。約1時間後に鎮火したが、3階建てのアパートと隣接する車庫が燃えた。原因は不明。地元警察は犠牲者の名前や年齢を公表していない。
CNNテレビによると地元消防署長は、近年でこれほどの犠牲者を出す火災はシカゴではないと話した。


関東で局地的に大雨や雷
都内110ミリ、交通に影響

 関東地方は27日夕から夜にかけて、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に大雨や落雷が続いた。交通機関に影響し、電車の運転見合わせや遅れなどが相次いだ。
気象庁によると、午後9時までの1時間に、東京都世田谷区付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、同庁は記録的短時間大雨情報を出した。東京都練馬区でも1時間に74・5ミリの非常に激しい雨が降り、さいたま市でも50・0ミリの雨と27・6mの最大瞬間風速を観測した。
京王電鉄では午後8時ごろ、落雷による停電が発生。一時、京王線などが運転を見合わせ、渋谷駅で入場を規制した。

局地的な大雨の影響で冠水し、通行止めとなった東京都杉並区内の道路=27日夜


秋葉外務次官、今週訪中
王国務委員らと協議へ

 政府は27日、今週中に外務省の秋葉剛男事務次官を中国・北京に派遣する方向で最終調整に入った。9月中旬にロシア極東ウラジオストクで見込まれる日中首脳会談に向けて環境整備を図る狙いがある。滞在中、王毅国務委員兼外相ら中国政府高官と協議する方向だ。複数の日中関係筋が明らかにした。
安倍晋三首相はウラジオストクでの会談を踏まえ、日中平和友好条約の発効から40周年となる10月23日前後に訪中するシナリオを描いている。秋葉氏は10月の首相訪中も見据え、本格的な日中関係改善に向けた意見調整を進める方針だ。


改憲案の秋提出、反対49%
共同通信世論調査

 共同通信社が25、26両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三首相が秋の臨時国会に自民党改憲案の提出を目指す意向を示したことについて「反対」との回答は49・0%で、「賛成」の36・7%を上回った。9月の自民党総裁選で、誰が次期総裁にふさわしいか聞くと、安倍首相が36・3%で、31・3%の石破茂元幹事長に先行した。野田聖子総務相は4・9%だった。
内閣支持率は44・2%。7月21、22両日の前回調査から0・8ポイント増のほぼ横ばいだった。不支持は42・4%。

世論調査の主な結果


拘束の邦人、解放・帰国へ
北朝鮮「人道主義」強調

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日夜、最近訪朝した日本人観光客が北朝鮮の法に違反する罪を犯し、関係機関の取り調べを受けたが、人道主義に基づき国外追放を決めたと報じた。日本の外交筋によると、27日までに解放され経由地の中国に到着したとみられるが、北朝鮮関係筋は確認しておらず、情報が錯綜している。日本政府は帰国させるための準備を急いでいる。
菅義偉官房長官は27日の記者会見で「政府として全力を挙げて対応しているが、具体的なことは控えたい」と述べた。
今月上旬、西部の港湾都市・南浦で拘束された30代の男性とみられ、日本政府が早期解放を求めていた。


地上イージスの必要性強調
防衛省側、秋田知事に面会

 政府がミサイル防衛強化策として導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、防衛省の深沢雅貴官房審議官が27日、配備候補地となっている秋田県を訪れ、佐竹敬久知事と面会した。秋田、山口両県への配備が最適だとして、必要性を強調した。
防衛省側は、地質調査などで陸上自衛隊演習場が不適となった場合も、周辺にある防衛省・自衛隊の所管外の国有地を候補地にすると伝えた。佐竹知事は「ほかの国有地の調査もしっかりやって、われわれに(情報を)提供してほしい」と応じた。


トヨタ系、来年に自動運転新会社
電動車部品も検討

 トヨタ自動車グループの部品大手デンソーとアイシン精機、ジェイテクト、アイシン子会社のアドヴィックス(愛知県刈谷市)の4社は27日、自動運転技術を開発する新会社を設立する検討に入ったと正式発表した。2019年3月の設立を目指す。
これとは別にデンソーとアイシンは、電動車両向けの部品開発や販売を手掛ける新会社を折半出資で19年3月に設立する検討を始めたことも公表した。
4社で設立する新会社の出資比率はデンソーが65%、アイシンが25%、アドヴィックスとジェイテクトがそれぞれ5%。

自動運転技術を開発する新会社を設立する検討に入ったと正式発表し、手を取り合う(左から)アドヴィックスの大竹哲也社長、アイシン精機の伊勢清貴社長、デンソーの有馬浩二社長、ジェイテクトの安形哲夫社長=27日午後、名古屋市


別府温泉、米民泊大手と提携
海外客増へ、旅館ホテル組合

 日本一の湧出量を誇る別府温泉を抱える別府市旅館ホテル組合連合会(大分県別府市)は27日、海外からの集客拡大につなげるため、民泊仲介大手の米エアビーアンドビーと提携すると発表した。エアビーが展開するホテルなどの予約サイトに、旅館やホテルを掲載し地域経済を活性化させる覚書を近く締結する。国内で旅館ホテル組合がエアビーと提携するのは初めてという。
別府市旅館ホテル組合連合会には、市内の旅館やホテル111軒が加盟する。覚書の締結を受け、サイトへの掲載方法に関する研修を行うほか、観光キャンペーンを展開する予定だ。


公道で自動運転タクシーの実験
営業走行は世界初、都内で

 車の自動運転技術を手掛けるベンチャーのZMP(ゼットエムピー、東京)とタクシー大手の日の丸交通(東京)は27日、一般客を乗せた自動運転タクシーの実証実験を東京都内で始めた。千代田区大手町と港区六本木の約5・3キロを自動で走行した。日の丸交通によると、タクシー事業者が自動運転で公道を営業走行するのは世界初。東京五輪・パラリンピックを見据え、2020年をめどに無人の完全自動運転での商用化を目指す。
自動運転タクシーは米企業が公道での実験を重ねて先行。日本でも3月に横浜市の公道で実験が行われたが、今回は実際に客を乗せて営業走行し実用化への課題を検証する。

自動運転で公道を営業走行するタクシーの実証実験=27日午前、東京都千代田区


東洋インキ、トルコ工場着工延期
リラ急落で

 東洋インキSCホールディングス(HD)が、2018年下期に予定していたトルコ工場の着工を半年から1年程度、延期することが27日、分かった。トルコの通貨リラ急落で、トルコ国外から調達する建設資材の費用が膨らむため。トルコ経済の動向を見極める。
建設を予定していたのは、食品などの包装用インキに使う樹脂製品を製造する工場。現地の工業団地に既に約6万2千平方メートルの土地を取得している。
東洋インキは中東や東欧諸国への展開強化に向けて、15年にトルコに販売会社を設立し、16年に現地のインキメーカーを買収していた。


東京医大、前理事長ら現金受領か
「強い要望」、マニュアル作成

 東京医科大の不正入試に関する内部調査報告書が、不正に加点した受験生側から、前理事長の臼井正彦被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=と、前学長の鈴木衛被告(69)=同=が現金を受け取っていた疑いがあることに言及していることが7日、関係者への取材で分かった。臼井被告は調査に不正に加点した理由を「卒業生から強い要望があった」と話しているという。
医学部医学科の一般入試で、女子と3浪以上の男子の合格者数を抑える得点操作に関する具体的な方法を記したマニュアルが学内で作られ、担当者間で引き継がれていたとみられることも判明した。


高校生平和大使がICAN訪問
核廃絶実現へ意見交換

 【ジュネーブ共同】核兵器廃絶を世界に訴える日本の高校生平和大使20人は27日、スイス・ジュネーブにある、非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の本部を訪れた。ICANのフィン事務局長が20人を出迎え、「今は国際平和実現にとって重要な時だ。ジュネーブで国連の活動や核軍縮について学んで日本で友だちと共有してほしい」とあいさつした。
その後、高校生4人が英語でスピーチし、新潟の長岡高校2年の佐藤倫花さん(17)は「(平和大使として)被爆者の体験を伝えていくことは私たちの義務だと思っている」と述べた。

ICANを訪れた高校生平和大使(奥)らと面会するフィン事務局長(手前)=27日、スイス・ジュネーブ(共同)


日朝関係改善願い平壌で学生交流
国際情勢進展背景にNGOが主催

 非政府組織(NGO)「KOREAこどもキャンペーン」(東京)などが主催する日本と北朝鮮の大学生の交流イベントが今月、平壌で開かれた。米朝交渉に伴う国際情勢の進展を背景に、拉致や核開発、植民地支配への賠償など日朝間のさまざまなテーマで意見交換。互いの立場の違いも率直に語り合いながら日朝関係の改善を望んだ。
日朝大学生交流は2012年に始まり、今年で6回目。昨年はミサイル問題の緊迫化に伴って中止され、2年ぶりに開催された。日本からは東京大や立命館大などから6人が参加し、平壌外国語大で日本語を専攻する学生8人と22日から計3日間の日程で交流した。

意見交換する日本と北朝鮮の大学生=25日、平壌(共同)


大谷、28日に3度目実戦形式
メジャー復帰へ最終登板か

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)は27日(日本時間28日)に本拠地アナハイムで行われるロッキーズ戦の前に、右肘故障後3度目となる打者を相手にした実戦形式の登板に臨む。
これまでと同じく非公開で、3イニングで45~50球が予定されている。経過が順調なら、これが最後の実戦形式となり、9月上旬に6月6日以来のメジャー登板に臨む可能性がある。
投打の「二刀流」の大谷は既に主力打者になっており、ソーシア監督はマイナーで登板せず、チームに同行しながら実戦形式の登板を重ねて投手復帰する方針を示している。

キャッチボールで調整するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)


テニス世界ランク、大坂は19位
女子、上位は変わらず

 女子テニスの27日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は19位で変わらなかった。奈良くるみ(安藤証券)は一つ下げて99位。
1位シモナ・ハレプ(ルーマニア)、2位キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、3位スローン・スティーブンス(米国)に動きはなかった。(ニューヨーク共同)

大坂なおみ


テニス世界ランク、錦織は19位
男子、上位は変わらず

 男子テニスの27日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は21位から19位に上昇した。ダニエル太郎(エイブル)は76位から64位に浮上。杉田祐一(三菱電機)は二つ上げて91位になった。
1位ラファエル・ナダル(スペイン)、2位ロジャー・フェデラー(スイス)、3位フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は変わらなかった。(ニューヨーク共同)

錦織圭