Kyodo News

8月28日

日本語メインに戻る
車部品調達比率75%に上げ
米メキシコNAFTA合意

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は27日、米国、カナダ、メキシコが結ぶ北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡り、メキシコとの2国間で基本合意したと発表した。自動車の関税をゼロにする基準で、域内からの部品調達比率を62・5%から75%に引き上げる。域内での生産を促すのが狙いだ。米政府高官は週内にカナダとの妥結を目指す考えを示した。
米とメキシコの2国間の合意がそのまま3カ国に反映されれば、現地で生産する日本の自動車メーカーは域外からの部品を使いにくくなり、経営戦略に大きな影響を与える可能性がある。


3カ国の枠組み維持強調
メキシコ次期大統領

 【ロサンゼルス共同】メキシコのロペスオブラドール次期大統領は27日、米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡って2国間で基本合意したことを「非常に歓迎する」と述べる一方、カナダを含む3カ国の枠組みを維持することの重要性を強調した。地元メディアに話した。
メキシコの大統領府によると、ペニャニエト現大統領も27日、カナダのトルドー首相と電話会談し、3カ国の枠組みを堅持する考えで一致した。トランプ米大統領との電話会談でも、3カ国の枠組みの重要性を伝えた。


7月にベトナムで日朝接触
情報当局高官、米に伝えず

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は28日、関係者の話として、日本と北朝鮮の情報当局高官が7月にベトナムで極秘接触していたと報じた。米国には事前に伝えていなかったという。
同紙によると、日本からは北村滋内閣情報官、北朝鮮からは南北関係を担当する統一戦線部のキム・ソンヘ統一戦線策略室長が出席した。複数の米政府高官は、北朝鮮政策を巡り緊密に連携しているにもかかわらず、日本政府が接触の計画を事前に伝えなかったことに不快感を示した。


米の訪朝中止、裏に秘密書簡
非核化進まずと判断か

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは27日、トランプ米大統領が24日に急きょポンペオ国務長官の訪朝中止を指示したのは、直前に北朝鮮からの秘密書簡を受け取り、非核化が十分な成果を上げていないと判断したのが原因だったと報じた。
書簡の具体的な内容は不明だが、同紙は「訪朝を取りやめるのに十分なほど好戦的だった」と指摘した。複数の米政府高官の話として伝えた。
書簡は金正恩朝鮮労働党委員長の最側近、金英哲党副委員長が送った。ポンペオ氏が24日朝に受け取ってトランプ氏に示し、トランプ氏は訪朝中止を決断した。


米大統領、議員追悼行事に欠席
死去のマケイン氏、最後まで苦言

 【ワシントン共同】25日死去したマケイン米上院議員の関係者は27日、トランプ大統領が首都ワシントンで31日に行われる追悼行事を欠席すると明らかにした。米メディアが伝えた。トランプ氏をたびたび批判していたマケイン氏は生前に記した「国家へのお別れのメッセージ」で名指しは避けながらもトランプ氏に苦言を呈していた。
マケイン氏に反発していたトランプ氏は25日にツイッターで短く弔意を示しただけで、ホワイトハウスは追悼のための半旗を27日午前に早々とやめた。しかし各界から批判が高まり、トランプ氏は27日午後になって半旗を埋葬まで掲げるよう指示した。


米、ロシアに新制裁発動
英神経剤襲撃で一部禁輸

 【ワシントン共同】トランプ米政権は27日、英南部で今年3月に元ロシア情報機関員らが神経剤「ノビチョク」で襲撃された事件を巡り、新たな対ロ制裁を発動した。ロシア側は強く反発しており、米ロ関係の悪化は避けられない情勢だ。
官報で27日に公示された新制裁は、宇宙協力や航空安全などの分野を除き、航空エンジンや電子機器など国家安全保障に関わる製品の対ロ輸出を禁止し、米政府機関によるロシアへの融資や財政支援も禁じる内容。
約3カ月以内にロシアが化学・生物兵器を今後使わないと同意し国連などの査察を受け入れなければ、大規模な禁輸など第2弾の制裁を発動する可能性がある。


米、WTO人事を阻止
紛争処理機能まひの恐れ

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関の会合が27日、ジュネーブで開かれた。紛争処理手続きの「二審」に当たる上級委員会の委員1人の再任を求める人事について米国が認めず、事実上阻止した。任期が切れる9月末以降、上級委は定数7人の半数以下で審理することになり、WTOの紛争処理機能がまひする恐れも出てきた。
上級委は現在3人が欠員で、4人で審理している。今回そのうちの1人が再任を求めていた。
通商筋によると、米は会合で、上級委について「規則に反した運営が行われている」と表明、委員の再任を拒否した。


米韓合同軍事演習、追加中止なし
マティス国防長官が表明

 【ワシントン共同】マティス米国防長官は28日の記者会見で、米韓合同軍事演習を追加で中止する予定はないと述べ、小規模な合同演習は継続する方針を示した。来年の主要な演習については未定としている。
6月の米朝首脳会談後にトランプ大統領は、北朝鮮と対話を継続している間の米韓演習中止を表明。米韓両国は合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」に加え、二つの合同演習を中止すると発表した。
マティス氏はトランプ氏の指示を受けて北朝鮮に対する「善意」として複数の演習を中止したと説明、今後の対応については非核化を巡る米朝交渉の推移に基づき判断するとした。


韓国国防予算案8・2%増
南北融和も軍事費は拡充

 【ソウル共同】韓国国防省は28日、2019年度の国防予算案について、18年度比8・2%増の約46兆7千億ウォン(約4兆7千億円)に上ると発表した。増加率は09年度以降最大。防衛力強化を柱としているが、最近の南北融和路線とは対照的な内容となった。
国防省は、報道資料で「現存する北朝鮮の脅威だけでなく、将来の潜在的脅威にまで対応可能な能力の構築」を目指すと強調。米軍主導の米韓連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管に備え「革新的な防御能力の確保に優先的に予算を投入」したとしている。
ミサイル攻撃に備えた先制攻撃能力と防衛システムなどに5兆ウォン余を充てた。


人気のフランス環境相が突如辞任
マクロン氏に打撃

 【パリ共同】フランスのユロ環境相(63)は28日、政府の環境政策の推進が不十分だとしてラジオの生番組で辞任を表明した。環境活動家で国民に人気のユロ氏の辞任は、経済政策などを巡り支持率が低下したマクロン大統領へさらなる打撃となりそうだ。マクロン氏やフィリップ首相に予告しておらず、政権に大きな衝撃が走った。
ユロ氏は公共ラジオのインタビューに対し「もう自分にうそをつきたくない。私が政権にいることで、環境問題への対応が優れているとの錯覚を生じさせたくない」として辞任を明言。予告なしの表明については「事前に伝えれば思いとどまるよう説得されただろう」と説明した。


豪モリソン新政権が発足
分裂与党の融和目指す

 【シドニー共同】オーストラリアのモリソン首相の内閣が28日、連邦総督に就任宣誓し、新政権が正式発足した。主要閣僚の顔ぶれは大半が留任かポストの横滑りで新味に乏しい。モリソン氏は24日の与党、自由党党首選で敗れたダットン前内相を再び内相に起用するなど、党首選で分裂した党内の融和を目指した布陣となった。
モリソン氏はターンブル前首相の側近で、党内でも比較的穏健派とみられ、基本政策に大きな変更はないもよう。新エネルギー政策の確定や、前政権下で悪化した中国との関係改善などが課題となる。


プーチン氏、短い夏休みを楽しむ
今年も国防相と一緒

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は25、26日の両日、南部トゥワ共和国の山林を散策し、美しい自然の中で短い夏休みを楽しんだ。ペスコフ大統領報道官が27日、明らかにした。
プーチン氏は西シベリア・ケメロボ訪問前に、週末を利用してトゥワの自然保護区を訪れた。昨年もトゥワで夏休みを過ごしており、昨年同様に地元出身のショイグ国防相が同行した。ボルトニコフ連邦保安局(FSB)長官も参加した。
昨夏は上半身裸のプーチン氏の“マッチョ”な写真が公表されて話題となったが、大統領府が今年公表した写真は、帽子にジャケット姿などおとなしめだった。


中国少林寺、初の国旗掲揚
宗教統制強化の一環

 【北京共同】禅宗や中国武術、少林拳の発祥地とされる中国河南省の少林寺で27日、中国国旗の掲揚式が行われた。中国メディアは28日、少林寺の1500年を超える歴史で国旗が掲揚されたのは初めてと伝えた。習近平指導部は宗教への統制を強めており、伝統ある寺での国旗掲揚はその一環。
少林寺のホームページによると、掲揚式には寺の僧侶のほか、地元政府の宗教部門の責任者らも参加した。全国の宗教関係者が集まり7月末に北京で開かれた会議で、宗教活動拠点では国旗を掲揚するべきだとの提案があり、その提案に従ったという。

中国河南省の少林寺で行われた国旗掲揚式=27日(共同)


自由の女神像の近くでぼや
3400人が一時避難

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの観光名所、自由の女神像があるリバティー島で27日、女神像近くの工事現場でぼやがあり、観光客ら約3400人が一時避難する騒ぎとなった。作業員1人が軽いやけどを負った。米メディアが伝えた。
地元テレビによると、現場は来年開館予定の新博物館の建設地。プロパンガスのタンク付近で出火し、すぐに消し止められたが、爆発の恐れがあるため島にいた観光客らを船で避難させた。約2時間にわたり島は立ち入り禁止となった。当局が詳しい原因を調べている。


ロボット兵器、禁止条約が必要
平和賞のウィリアムズさん

 【ジュネーブ共同】対人地雷全面禁止運動でノーベル平和賞を受賞したジョディ・ウィリアムズさんは27日、ジュネーブで記者会見し、人間の兵士に代わって敵を殺傷する「殺人ロボット兵器」の規制に関し「禁止条約など法的拘束力を持つ文書が必要だ」と訴えた。
ジュネーブでは27日からロボット兵器の規制に関する国連公式専門家会議が開かれている。
ウィリアムズさんは、欧州やアフリカでロボット兵器規制の声が高まるなど「今の状況は対人地雷禁止運動の時の機運を思い起こさせる」と述べ、禁止条約などの制定に向け交渉を始めるべきだと指摘した。


米乱射の容疑者、合法的に銃入手
フロリダ州のゲーム会場

 【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州のビデオゲーム大会の会場で起きた銃乱射事件で、警察当局は27日、デビッド・カッツ容疑者(24)が約2週間前に合法的に拳銃を購入していたことを明らかにした。容疑者は乱射後に自殺したが、警察は引き続き動機などを調べる。
容疑者は事件当時、2丁の銃を所持していた。自宅のある東部ボルティモアで購入したもので、うち1丁で乱射した。
また、容疑者は10代の頃、精神科の医療施設に2度入院し当時、抗精神病薬などを処方されていたことも分かった。容疑者の両親が約10年前に離婚した際の裁判所記録を基にAP通信が伝えた。

大坂なおみ、3年連続で2回戦へ
全米テニス第2日

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第2日は28日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス1回戦で第20シードの大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング146位のラウラ・シグムント(ドイツ)を6―3、6―2で下し、3年連続で2回戦に進んだ。
男子シングルス1回戦で世界91位の杉田祐一(三菱電機)は第26シードのリシャール・ガスケ(フランス)と顔を合わせ、第1セットを3―6、第2セットを1―6で落とした。

女子シングルス1回戦 ラウラ・シグムントと対戦する大坂なおみ=ニューヨーク(共同)


EV充電規格、日中統一へ調印
共同開発で世界標準

 【北京共同】電気自動車(EV)の急速充電器を巡り、日本と中国の業界団体は28日、次世代規格の共同開発に着手する覚書に調印した。技術力の高い日本と世界最大のEV市場を抱える中国が規格を統一、世界標準を将来握ることを目指す。日本の自動車メーカーが海外市場を開拓する上でも追い風となりそうだ。
急速充電器は現在、日本が「CHAdeMO(チャデモ)」と呼ばれる規格を推進する一方、中国や欧州市場がそれぞれ異なる規格を使う。メーカーは市場ごとに異なる部品を搭載する必要があった。規格統一でコスト負担を軽減でき、他国市場への参入も容易になる。

北京で開かれたEV充電器の規格統一に向けた日中業界団体の覚書調印式=28日(共同)


北朝鮮追放男性、帰国
政府、拘束経緯を調査

 【北京共同】北朝鮮に観光客として入国し今月上旬に拘束され、国外追放となった杉本倫孝氏が28日午後、経由地の北京を空路出発し、同日夜、羽田空港に帰国した。日本政府は杉本氏から聞き取るなどして拘束当時の詳しい状況を調査。早期解放に応じた北朝鮮側に対日姿勢の変化があるかどうか慎重に見極める方針だ。
杉本氏は28日午前、平壌発の高麗航空便で北京国際空港に到着。空港内で北京の日本大使館幹部らが待ち受け、帰国便への乗り継ぎを案内した。
北朝鮮関係筋は「罪が軽微だったために刑事手続きを取らなかっただけだろう」と語り、対日姿勢の軟化とは言えないとの認識を示した。

28日、北朝鮮から国外追放処分となり北京国際空港に到着した杉本倫孝氏(共同)


沖縄県、辺野古承認を近く撤回
延期応じず、政府は対抗措置へ

 沖縄県は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部での埋め立て承認を近く撤回する方針を固めた。複数の県関係者が28日、明らかにした。政権側は、9月30日投開票の知事選が終わるまで撤回を延期するよう要請していたが、県内では9月上旬に市町村議選の投開票日が集中しており、その前に意思表示する必要があると判断した。移設反対の機運を知事選につなげたい思惑があるとみられる。政府は効力停止を求めて法的対抗措置を講じる方針だ。
翁長雄志知事は、7月に撤回の手続きに入る意向を表明。県は翁長氏死去翌日の8月9日に沖縄防衛局から弁明を聞くための聴聞を実施した。

米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部=18日


30日に日ロ次官級協議
共同経済活動で議論

 河野太郎外相は28日の記者会見で、ロシアとの外務次官級協議を30日にモスクワで開催すると発表した。ロシア極東ウラジオストクでの安倍晋三首相とプーチン大統領との首脳会談を9月中旬に控え、北方領土での共同経済活動や平和条約問題について議論する。
次官級協議には、日本側から森健良外務審議官、ロシア側からモルグロフ外務次官が出席する。これに先立つ29日には局長級の作業部会も開き、意見調整を進める。


外国人労働者増で「入管庁」設置
来年4月、法務省

 法務省が入国管理局を改組、格上げして、来年4月に「入国在留管理庁」(仮称)を設置し、職員319人を増員する方針を固めたことが27日、関係者への取材で分かった。関連費用約30億円を来年度予算の概算要求に盛り込む。政府は来年4月から、新たな在留資格創設による外国人労働者の大幅な受け入れ拡大を目指しており、膨大になる業務を担う官庁の新設が必要と判断した。
入国在留管理庁には、長官の下に次長や審議官を配置。出入国管理部や在留管理支援部を設ける。
少子高齢化や深刻な人手不足を背景に政府は、新たな在留資格で、数十万人規模の受け入れを目指している。


来年9月にスマホ回線制限解除
中古端末市場で総務省

 総務省は28日、中古スマートフォンを対象に、使える回線を制限する「SIMロック」を解除するよう来年9月に携帯各社へ義務付けると決めた。市場競争を活発にし、料金引き下げにつなげる。中古端末の購入者は契約する携帯会社を自由に選べるようになり、選択肢が広がりそうだ。
スマホを自社回線でしか利用できなくするSIMロックは、販売から一定期間後に解除することが義務付けられているが、中古端末には明確な規定がなかった。例えばソフトバンクが販売し、ロック解除する前に中古品として流通した端末の場合、NTTドコモやKDDIの回線では使えなかった。


トヨタ、ウーバーとの提携拡大
自動運転へミニバン提供

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は27日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズとの提携を拡大し、自動運転分野での協力関係を構築すると発表した。ウーバーが自動運転車を使った配車サービス事業に参入する際、ミニバンをトヨタが提供する。トヨタはウーバーに5億ドル(約550億円)を追加出資する。
自動運転車の開発を巡っては、運転手が不要な「無人タクシー」の実用化を目指す米IT大手グーグル系のウェイモや米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)との先陣争いが激化しており、トヨタとウーバーは両社の技術を融合させて対抗する。

トヨタ自動車の2018年型のミニバン「シエナ」(同社提供・共同)


岐阜、熱中症か患者4人死亡
エアコン故障、警察捜索

 岐阜市一番町1、「Y&M 藤掛第一病院」に入院していた80代の患者男女4人が26日から27日にかけて相次いで死亡していたことが28日、分かった。4人がいた部屋のエアコンが故障しており、岐阜県警は熱中症で死亡した疑いもあるとみて業務上過失致死容疑を視野に捜査。28日夜、死亡の経緯を詳しく調べるため殺人容疑で令状を取り、病院を捜索した。
岐阜県と岐阜市も同日、病院の対応が適切だったか確認するため、医療法に基づき病院を立ち入り調査した。藤掛陽生病院長は「エアコンの故障が死亡につながったとは考えていない。いつ容体が急変してもおかしくない症状だった」と話した。


大阪市長、ヘイト対応で特例要望
投稿者情報の提供など

 ヘイトスピーチ抑止を目的に実施団体や個人名などを公表できるとする大阪市条例を巡り、吉村洋文市長は28日、法務省と総務省を訪れ、インターネット上のヘイトスピーチ動画の投稿者を特定できるよう、通信の秘密を定める電気通信事業法に特例を設けるなどの法整備を要望した。
吉村市長は法務省で葉梨康弘副大臣に面会。インターネットのプロバイダーに対し、自治体の求めに応じて投稿者情報の提供や保存を義務付けることなどを求めた要望書を手渡した。その後、総務省にも同じ内容の要望書を提出した。


裁判IT化、19年度から導入
ウェブ会議で争点整理

 最高裁が民事裁判IT化の一環として、2019年度から裁判所と弁護士事務所をインターネットでつなぐ「ウェブ会議」を争点整理手続きに導入する方針を固めたことが28日、関係者への取材で分かった。裁判官と弁護士との協議に使うタブレット端末を一部の地裁に配備する。
19年度予算の概算要求に関連経費約2億5千万円を盛り込む。欧米などに比べIT化が遅れていると指摘されている日本の民事裁判は、本格的な改革の緒に就く。
政府の有識者検討会は今年3月、訴状や準備書面をネットで提出できるようにするなど、手続きを全面的にIT化するよう提言した。


台風の発生、8月は9個目
最多記録の10個に並ぶ可能性

 太平洋の南鳥島近海で28日、台風21号が発生した。8月に入って台風の発生は9個目。12~16日には15~19号まで5日連続で発生した。統計を開始した1951年以降、月別の発生数は60年と66年の8月の各10個が最多で、今年8月が記録に並ぶ可能性が出てきた。
気象庁によると、北西太平洋では東からの貿易風とインド洋方面からの風が集まり、台風のもととなる渦ができやすくなっている。強い日差しで海水が蒸発し、大量の水蒸気が発生。上空で水蒸気が冷やされて水滴になる時に放出される熱が上昇気流を強め、渦の勢いが増せば台風に発達する。

相次いで日本付近を襲った台風19号、20号の進路=24日


平和大使が11万人署名提出
核なき世界願い、国連に

 【ジュネーブ共同】核兵器廃絶を世界に訴える、日本の高校生平和大使20人が28日、ジュネーブの国連欧州本部を訪れ、各地で集めた約11万人分の署名をジュネーブ軍縮会議の事務局に提出した。
20人は署名提出に先立ち、リレー方式で全員が英語でスピーチ。被爆地の広島、長崎からは長崎西高の徳永雛子さん(16)ら5人が曽祖父母らの被爆体験について語り、「世界中の人に原爆被害の恐ろしさを伝えていきたい」と強調した。
署名はジュネーブ軍縮会議事務局のカスパーセン部長に手渡された。カスパーセン氏は「皆さんの活動は自分の国だけでなく国境を越える素晴らしいものだ」と称賛した。

核兵器廃絶を訴え、ジュネーブ軍縮会議事務局の担当者(左端)に署名を提出する高校生平和大使ら=28日、スイス・ジュネーブ(共同)


高校生大使3人がスピーチ
「核なき世界」実現訴え

 【ジュネーブ共同】毎年8月に反核署名を国連に届けている日本の高校生平和大使20人が27日、ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部主催のレセプションに参加、各国外交官ら約60人を前に被爆者の体験談を紹介するなどし「核兵器なき世界」の実現を訴えた。
諫早高(長崎)の山西咲和さん(17)ら3人がスピーチ。被爆3世の山西さんは「祖母は友人を失ったつらい思いを他の人にはさせたくないと話した」と述べ、長崎を最後の被爆地にするため核廃絶を成し遂げたいとした。沼田高(広島)の久保田音美さん(16)とノートルダム清心高(広島)の下久保理子さん(16)は平和大使の活動を紹介した。

ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部主催のレセプションでスピーチする山西咲和さん=27日、スイス・ジュネーブ(共同)


大リーグ、大谷が15号3ラン
田中5敗目、10勝持ち越し

 【アナハイム共同】米大リーグは27日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのロッキーズ戦に「4番・指名打者」でフル出場し、1―2の四回に15号3ランを放って5打数2安打3打点、2得点で1三振だった。チームは10―7で勝ち、6連敗で止めた。
ヤンキースの田中はホワイトソックス戦に先発し、7回を10安打4失点、7三振2四死球で5敗目(9勝)を喫した。日米通算2千奪三振を達成したが、日本投手で黒田(ヤンキースなど)以来2人目の5年連続2桁勝利は持ち越した。チームは2―6で敗れ、4連勝でストップした。

ロッキーズ戦の4回、15号3ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)