Kyodo News

9月1日

日本語メインに戻る
「トランプ氏ロシアの言いなり」
米司法省当局者が非公開証言

 【ワシントン共同】米メディアは8月31日、ロシア疑惑について米司法省当局者が28日に下院で非公開証言し、2016年の大統領選中に英秘密情報局(MI6)の元職員から「トランプ氏はロシアの言いなりだとロシアの情報機関が確信している」と聞いたと証言したと伝えた。
このMI6元職員はクリストファー・スティール氏で、連邦捜査局(FBI)の長年にわたる協力者。司法省当局者は情報の正確性は保証できないとしながらも、FBIの信頼できる情報源だと考えていたと説明した。
司法省当局者は16年7月30日、スティール氏と朝食を取りながら情報交換したといいう。


米加NAFTA合意せず
溝埋まらず5日再協議

 【ワシントン共同】米国とカナダの両政府は8月31日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、合意に至らず協議を終えた。トランプ米大統領は同日、既に基本合意したメキシコとの2国間協定に署名する意向を米議会に通知した。カナダとは9月5日に再び協議する。
米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とカナダのフリーランド外相は28日からワシントンで協議を進めていたが農産物分野で対立。米側が交渉期限のめどとしていた31日までに溝を埋められなかった。

NAFTA再交渉の協議後に記者会見するカナダのフリーランド外相=8月31日、米ワシントン(共同)


トランプ氏、APEC欠席
11月の東南アジア外遊

 【ワシントン共同】サンダース米大統領報道官は8月31日、トランプ大統領が11月にシンガポールで開かれる東アジアサミットと、パプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を欠席し、代わりにペンス副大統領を派遣すると発表した。
シンガポールは今年6月の米朝首脳会談の開催地で、東アジアサミットに合わせて2度目の首脳会談開催の可能性も取り沙汰されていた。同サミットには今年、ロシアのプーチン大統領の出席も予定されており、米ロ首脳会談が開催される可能性もあった。


党派超えマケイン氏追悼
元首級の扱い

 【ワシントン共同】25日死去した米共和党重鎮のマケイン上院議員の追悼式典が8月31日、首都ワシントンの連邦議会議事堂で行われ、与党共和、野党民主両党の議会指導部の議員らが参列した。米議会ではトランプ政権下で党派対立が激化しているが、重鎮議員の功績に敬意を表し、党派を超えて死を悼んだ。
マケイン氏の遺体を納めたひつぎは議事堂中央の円形大広間に安置され、式典後に市民が弔問に訪れた。大広間に安置されたのは米国史上でもリンカーン大統領ら約30人だけで、元首級の扱い。


不法移民若者救済停止の訴え棄却
米テキサスの連邦地裁

 【デトロイト共同】米南部テキサス州を含む計7州が裁判所に対して、オバマ前政権が導入した不法移民の若者らの救済措置「DACA」の停止をトランプ政権に命じるよう求めた訴訟で、テキサス州ヒューストンの連邦地裁は8月31日、訴えを棄却した。AP通信などが報じた。
判事はDACAの合法性に疑義を示しながらも、同措置を停止すれば対象となっている若者に多大な損害を与えることになると指摘した。
訴えを起こしていたのは他にアラバマ、ルイジアナなど保守的な南部州と中西部ネブラスカ州。報道によると、DACAを続ければ取り返しがつかない事態となると主張していた。


米政権、パレスチナ支援拠出中止
国際社会の反発必至

 【ワシントン共同】米国務省のナウアート報道官は8月31日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出を中止すると発表した。米国の負担が他国より重い上、対象の難民が増え続けて支援は「持続不可能」と批判。530万人超のパレスチナ難民の人道危機がさらに悪化する恐れがあり、国際社会の反発は必至だ。
トランプ政権との対立を深めるパレスチナ自治政府に圧力をかけて、米主導の中東和平交渉の席に着かせる狙いがあるとみられる。


アラブ連盟が米非難
UNRWA支援停止で

 【カイロ共同】アラブ連盟(21カ国と1機構)のアブルゲイト事務局長は1日、米政府が国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への資金拠出停止を発表したことについて「人道性と道徳性を欠いた判断」と強く非難する声明を発表した。中東通信が伝えた。
事務局長は、米国の支援停止によって、パレスチナ難民を多数受け入れているヨルダンやレバノンに深刻な影響が及ぶと指摘した。


パレスチナで米決定非難の声
「非人道的」「残酷で無責任」

 【エルサレム共同】トランプ米政権による国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への支援停止表明を受け、パレスチナでは1日、「非人道的」「残酷で無責任な動きだ」などと非難する声が相次いだ。パレスチナ通信などが伝えた。
パレスチナ自治政府のアッバス議長の報道官は「パレスチナ人の権利に対する攻撃だ。平和ではなく、地域のテロ行為を増やすことにつながる」と訴えた。
パレスチナ解放機構(PLO)幹部のハナン・アシュラウィ氏は「パレスチナ難民は1948年のイスラエル建国で家や家畜、安全を失った犠牲者なのに、米政権がさらに追い打ちをかけた」と批判した。


プーチン氏後継指名を伝達
エリツィン氏、米大統領に

 【モスクワ共同】ロシア紙コメルサントは1日、1999年9月に故エリツィン・ロシア大統領(当時)がクリントン米大統領(同)に対し、自分の後継者は現大統領のプーチン氏だと明かしていたと伝えた。米国のクリントン記念図書館が公開した公文書を基に報じた。
エリツィン氏は99年12月31日に電撃辞任しプーチン首相(同)を後継指名するまで、後継者を明らかにしなかった。だが、クリントン氏には辞任の約4カ月前に意向を伝えていたことになり、当時の米ロ首脳間の信頼関係が裏付けられた。
プーチン氏は翌2000年3月の大統領選で当選した。


海自護衛艦がフィリピン寄港
大統領の対中姿勢に変化も

 【スービック共同】海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「かが」など3隻が1日、フィリピン北部ルソン島のスービック港に寄港した。同国のドゥテルテ大統領は大野敬太郎防衛政務官や乗員らの出迎えを受け、艦内を視察。昨年6月に寄港した護衛艦「いずも」にも乗艦しており、日本との緊密な関係をアピールした。
ドゥテルテ氏は最近、フィリピンなどが中国と領有権を争う南シナ海問題に絡み、友好関係を築いてきた中国に強気の態度を見せ姿勢を微妙に変えている。日本はフィリピンとの防衛協力を誇示し、南シナ海に進出する中国のけん制を狙う。


中国軍が岩礁制圧を研究
南シナ海で陸海空一体作戦

 【台北共同】南シナ海でベトナムやフィリピンなどが実効支配している岩礁について、中国海軍幹部が、陸空海による制圧作戦を詳細に研究していることが1日、内部誌で分かった。中国軍は南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のミスチーフ礁などで軍事拠点化を推進、戦力強化により奪取に自信を深めていることを示している。
海軍内で権威ある専門誌の昨年6月号は、海軍陸戦隊(海兵隊)幹部による制圧作戦研究を掲載。「敵」は明示はされていないが、対象としているのはサウスウエスト島(ベトナムが実効支配)、パグアサ島(同フィリピン)、太平島(同台湾)などの岩礁がある海域。


韓国、軍防諜部隊を再編
戒厳令問題で大統領指示

 【ソウル共同】韓国国防省は1日、軍の防諜部隊「機務司令部」を解体して新たに設置する「軍事安保支援司令部」の発足式を開いた。機務司令部は、朴槿恵前政権下で権限を越えて戒厳令布告を検討する文書を作成していたことが判明し、文在寅大統領が再発防止に向け根本的な再編を指示していた。
南泳臣・初代司令官は発足式で「国民から必ず必要な組織だと認められるように努力していこう」と呼び掛けた。文書を巡り適切に対処しなかったとして事実上の更迭が発表された宋永武国防相も「今日を契機に過去を強く反省し、新たな未来に向かわなければならない」と述べた。


アップル自動運転車に追突
米西部で公道試験中

 【ロサンゼルス共同】米アップルが公道試験を行っている自動運転車が、西部カリフォルニア州で追突事故に巻き込まれていたことが1日、米運輸当局の資料で判明した。
アップルが自動運転車の公道試験の許可を得ていることは明らかになっていたが、試験を既に行っていることも分かったことになる。グーグルなどIT大手や自動車メーカーによる自動運転技術の開発競争は激しさを増しており、アップルも開発を本格化させているとみられる。
事故が起きたのは8月24日午後。アップルの試験車はトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」のスポーツタイプ多目的車(SUV)。


黒人指導者、葬儀で米大統領非難
アレサさんへのお悔やみに反発

 【デトロイト共同】米国で著名な黒人運動指導者アル・シャープトン師は8月31日、「ソウルの女王」と呼ばれた黒人歌手アレサ・フランクリンさんの死去を巡りトランプ大統領が「私のために働いてくれた」と述べたお悔やみについて「彼女はわれわれのために働いた。あなたには歌を歌っただけだ」と非難した。
地元の中西部ミシガン州デトロイトの教会で開かれた葬儀で述べた。教会周辺に設けられた大型スクリーンで見守っていた大勢のファンから大きな歓声が上がった。亡くなったフランクリンさんについて、トランプ氏は「生前よく知っていた」と述べ、ファンや関係者の間で反発が広がっていた。


国軍がロヒンギャ写真捏造か
ロイター報道

 【ヤンゴン共同】ロイター通信は、ミャンマー国軍が発行した「ミャンマー政治と国軍」に関する書籍で使用された写真を分析した結果、同国のイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関し、事実と異なる複数の写真が使われた疑いがあると1日までに報じた。分析が正しければ、ロヒンギャを巡る歴史を捏造し悪印象を読者に与えようとしたとの批判が起こりかねない。
ロイターによると、「地元民族を残忍に殺害するベンガル人(ロヒンギャを指す)」との説明がある1940年代のものとされる写真は、バングラデシュ独立を巡ってパキスタン軍に多くのバングラデシュ人が殺害された際の71年の写真と判明した。


記者釈放求めデモ行進
ミャンマー、3日に判決

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの最大都市ヤンゴンで1日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャ虐殺の取材を巡り、国家機密法違反の罪で起訴されたロイター通信のミャンマー人記者2被告の判決が3日に言い渡されるのを前に、記者や活動家ら約50人が2被告の即時釈放を求めデモ行進した。
デモ隊はヤンゴンの大通りを約1時間にわたり行進。参加した記者の一人は「彼らは法律に違反するようなことは何もしていない」と述べた。
2被告は、治安当局とロヒンギャの武装集団が衝突した西部ラカイン州に関する極秘書類を警察官から不法入手したとして昨年12月に逮捕された。

1日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、ロイター通信記者の2被告の釈放を求めるデモ参加者ら(共同)


オランダで刃物テロか
首都中央駅、米国人2人重傷

 【ブリュッセル共同】オランダからの1日の報道などによると、同国首都アムステルダムの中央駅で8月31日、男が近くにいた2人を刃物で刺し、重傷を負わせた。警察は男に発砲し、拘束した。男はドイツの在留許可証を持つアフガニスタン人(19)で、被害者2人は米国人旅行者。警察はテロの疑いもあるとみて動機などを調べている。
同駅は美しい駅舎で知られ、観光客も多数訪れる首都のシンボルの一つ。事件当時、現場はパニック状態になった。男も警察に撃たれ負傷したが、命に別条はないという。


爆発で親ロシア派指導者死亡
ウクライナ東部緊張高まる

 【モスクワ共同】ウクライナ東部の親ロシア派支配地域ドネツク中心部で8月31日、爆発が起き、親ロ派指導者で「ドネツク人民共和国」の首長ザハルチェンコ氏が死亡した。親ロ派幹部らも負傷した。インタファクス通信などが伝えた。
親ロ派は、対立するウクライナ政府の特殊機関によるテロ行為と主張したが、ウクライナ側はこれを否定。親ロ派は支配地域に非常事態を宣言し部隊が警戒を強化。ウクライナ軍も警戒態勢に入っており、東部で緊張が高まっている。
事件は今秋の「人民共和国」首長選を巡る内部抗争との見方もある。爆発物を仕掛けた複数の容疑者が拘束されたと報じられた。


アフリカで子ども5百万人死亡
20年間、紛争原因

 【ナイロビ共同】アフリカ各地で1995~2015年に、紛争が原因のけがや栄養失調、感染症により、500万人前後の5歳未満の子どもが死亡した可能性があることが分かった。うち300万人超は1歳未満の乳児だった。英医学誌ランセット電子版が1日までに、米スタンフォード大などの研究者の論文を発表した。
調査対象となった20年間に、アフリカではコンゴ(旧ザイール)や南スーダン、ソマリアなどで紛争が起きた。研究者らは「従来の仮説に比べ、死者がかなり多い」と警鐘を鳴らしている。
アフリカ54カ国のうち35カ国で約1万5千件の武力衝突のデータを分析、推定した。

栄養失調などのため、南スーダン・ジュバの病院に入院した子どもたち=2017年5月(共同)


収監中の元大統領の立候補認めず
ブラジル、10月に大統領選

 【リオデジャネイロ共同】10月7日実施のブラジル大統領選に出馬を届け出た、収賄罪で収監中の左派の元大統領ルラ被告(72)について、高等選挙裁判所は8月31日、立候補を認めない決定をした。各種世論調査で首位を走るルラ氏側は異議申し立てが可能だが、候補者の変更は9月17日までしか認められず、所属する労働党は時間との闘いを迫られている。
ルラ被告は企業から便宜供与を受けたとして、ことし1月に禁錮12年1月の二審判決を受け、4月に収監された。ブラジルの法律では二審まで有罪となった場合、公職選挙への出馬が8年間禁じられる。


国連の殺人ロボ規制、議論継続へ
禁止条約の必要性指摘も

 【ジュネーブ共同】人間の兵士に代わって敵を殺傷する「殺人ロボット兵器」の規制に関する国連公式専門家会議は1日、来年も議論を継続すべきだとする報告書を採択、閉幕した。オーストリア、ブラジル、チリが禁止条約制定を視野に交渉グループ設置を求める提案を行ったが、各国に時期尚早との意見が強く、採択されなかった。
アフリカ諸国やキューバが禁止条約制定の必要性を指摘した。しかし武器輸出大国の米国、ロシア、さらに英国、韓国などはロボット兵器の定義すらはっきりしていない状態での交渉入りに反対を表明。日本も民生用技術への影響を恐れ早急な規制議論には慎重な立場を取った。


グアテマラ汚職調査委活動停止へ
国際社会からの非難噴出は確実

 【リオデジャネイロ共同】中米グアテマラのモラレス大統領は8月31日、汚職撲滅などを目的に国連との合意に基づき設置された「グアテマラ無処罰問題対策国際委員会」の任期を更新しないと発表した。委員会は検察と共に、モラレス氏の汚職疑惑を捜査していた。
疑惑逃れとも取られる決定に、国際社会からの非難が噴出するのは確実だ。委員会の任期は来年9月3日に切れるが、モラレス氏は委員会から同国当局への権限移譲を直ちに始めると述べた。決定はグテレス国連事務総長に通告したという。
モラレス氏は委員会が「われわれの法を破り、汚職をそそのかしてきた」と根拠を示さずに非難した。

台風21号、西日本に接近
4日にも上陸する恐れ

 猛烈な台風21号は1日、日本の南の太平洋上を進んだ。次第にコースを北寄りに変え、4日には西日本に近づいて上陸、その後、本州を縦断したり本州に沿って北上したりする恐れが出てきた。台風接近に伴い、小笠原諸島や沖縄の周辺海域ではうねりが強くなり、高波に注意が必要になる。
気象庁によると、台風は1日午後9時現在、時速20キロで北西に進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

台風21号の予想進路(1日18時現在)


財務対話、中国側が接近
対米貿易協議抱え警戒も

 麻生太郎副総理兼財務相が訪中して8月31日に開いた日中財務対話は、反保護主義や金融分野での連携を示し、関係が一時冷却した中国の接近ぶりが目立った。安倍晋三首相と習近平国家主席の10月の会談実現を後押しした半面、対米貿易協議を抱える日本政府内では、米国を刺激する展開への警戒感もくすぶる。
金融分野の日中協力は2002年に本格スタート。アジア通貨危機を教訓に、非常時に互いの通貨を融通し合う通貨交換協定を結んだ。協定は沖縄・尖閣諸島の国有化問題の余波で13年に失効、関係は停滞したが、財務対話では「継続的で強固な日中関係の発展に貢献する」との合意文書を交わした。

麻生副総理兼財務相(前列左から5人目)が出席して開かれた日中財務対話=8月31日、北京(共同)


イラン原油輸入停止へ
元売り各社、10月から代替

 米国がイラン産原油の禁輸を各国に要求している問題で、日本の石油元売り各社が輸入を停止する見通しとなったことが1日、分かった。10月から他の中東産原油に切り替える。イラン産の価格は割安とされ、各社の調達費は増える見込み。ガソリンや灯油の値上がりに拍車が掛かる恐れがある。米政権の強硬な外交政策が日本の消費者に影響を及ぼしかねない。
トランプ米政権は8月、イラン核合意からの離脱に伴い、対イラン制裁の一部を再発動した。経済的な圧力を強めるため、11月4日までにイラン産原油の輸入量をゼロにするよう各国に求めている。


イルカ追い込み漁解禁、和歌山
悪天候で初日は中止

 和歌山県太地町で1日、イルカなど小型鯨類の追い込み漁が解禁された。午前5時ごろ、太地いさな組合の漁船12隻が太地漁港を出発したが、悪天候のため漁を取りやめ、午前6時ごろに全ての船が港に戻った。漁は約半年間続く予定。
違法な妨害活動を警戒し、警察官らが夜明け前から漁港付近を巡回。数人のグループが日本の国旗を掲げて漁船を見送ったり、出漁後に反捕鯨団体のメンバーとみられる外国人数人が港の様子を撮影したりしたが、大きな混乱はなかった。
和歌山県警によると、反捕鯨団体シー・シェパードの活動家で、以前も太地町を訪れたことがある女性が8月末に入国を拒否されたという`。

悪天候のため漁を取りやめ、港に戻る太地いさな組合の漁船=1日早朝、和歌山県太地町


港の様子などを撮影する反捕鯨団体のメンバーとみられる外国人=1日早朝、和歌山県太地町


防災の日、災害に備える
南海トラフ、首都直下を想定

 「防災の日」の1日、政府は南海トラフ巨大地震を想定した総合防災訓練を行った。自治体や住民が連携して首都直下地震などに備えた訓練も各地で実施。6月の大阪府北部地震や7月の西日本豪雨など自然災害は後を絶たず、初動を含む必要な対応の確認・検証を通じて防災意識を高め、いざという時に命を守る行動につなげる。
政府の訓練は、午前7時10分ごろに和歌山県の南方沖でM9・1の地震が起き、太平洋側の各地で震度7などが観測されたと想定。安倍晋三首相は人命救助に全力で取り組むよう求めた上で「被害状況を早急に把握し、連携してこの国難に一丸で対応してください」と会議で指示した。