Kyodo News

9月22日

日本語メインに戻る
米、日本に市場開放要求へ
首脳会談、農畜産物対象か

 【ワシントン共同】米ホワイトハウス高官は21日、ニューヨークで26日に開く日米首脳会談で、日本側に市場開放を求める考えを明らかにした。ロイター通信が伝えた。トランプ米大統領は貿易赤字の抜本的な削減を目指し、農畜産物の市場開放など具体的な取り組みを求める可能性がある。
通商交渉を巡り、安倍晋三首相は米国が環太平洋連携協定(TPP)に復帰するべきだとの立場を崩していない。トランプ氏は自由貿易協定(FTA)を念頭に日本に2国間交渉を迫ってきた。
ロイターによると、米高官は「米国は日本市場にもっとアクセスしたい。首脳会談がどう進むか注視する」と語った。


司法副長官が米大統領解任画策か
昨年5月ごろ、秘密録音も提案

 【ワシントン共同】米主要メディアは21日、ローゼンスタイン司法副長官が昨年5月ごろ、合衆国憲法修正25条に基づきトランプ大統領を事実上解任するため閣僚らの会合を開くことを画策していたと報じた。政権内の混乱を明らかにするため、自らトランプ氏の会話を秘密裏に録音することも司法省高官らに提案していたという。複数の関係者の話としている。
ローゼンスタイン氏はロシア疑惑捜査を指揮するモラー特別検察官を監督する立場にある。捜査に不満を強めるトランプ氏はローゼンスタイン氏をたびたび非難している。ローゼンスタイン氏は「不正確で間違っている」と報道否定のコメントを出した。


ロシア疑惑文書の公開急がない
司法省からの懸念受けトランプ氏

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、2016年大統領選のロシア介入疑惑を巡る捜査に関連した機密文書を公開するよう指示したことを巡り、司法省から捜査に悪影響が出る懸念を伝えられたとして、公開を急がない考えを示した。ツイッターに投稿した。
同盟国からも公開しないよう求める声が届いたという。トランプ氏はツイッターに「必要となれば、私はいつでも文書の機密を解除できる」と書き込んだ。
開示対象には、大統領選でトランプ陣営の外交顧問を務めたカーター・ペイジ氏に対する通信傍受許可令状の請求も含まれている。


中国が貿易協議を取りやめ
米の追加制裁表明で

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは21日、中国が、貿易摩擦をめぐる米国との協議再開を取りやめたと報じた。関係者の話として伝えた。協議再開を米側が提案していたが、米国が制裁関税第3弾の発動を決めたため、態度を硬化させた。米中の対立は一段と激化しそうだ。
米中の貿易摩擦を巡っては、中国の劉鶴副首相が率いる代表団が今月下旬に訪米し、ムニューシン米財務長官らと閣僚級の貿易協議をワシントンで開く予定だった。
だが、米国が制裁関税の発動を決めたことで、中国政府関係者は「(米国の)脅しの下での交渉には応じない」としている。


中国軍、米制裁に厳重抗議
撤回要求や対抗措置

 【北京共同】新華社電によると、中国共産党中央軍事委員会の黄雪平・国際軍事協力弁公室副主任は22日夜、ロシアからの武器購入取引に関わったとして米国が同委員会の装備発展部などを制裁対象に指定したことを受け、北京の米国大使館の駐在武官代理を呼び出して厳重抗議、撤回するよう求めた。
中国側は対抗措置として、25~27日に北京で予定されていた米中両国軍の統合参謀部門間の対話を延期。訪米中の海軍トップの沈金竜司令官の米海軍視察を取りやめ、呼び戻すことを決定した。


イラン、米の対話提案「不誠実」
ロウハニ大統領、核合意離脱も

 【ワシントン共同】イランのロウハニ大統領が21日、国連総会出席のための訪米を前に米紙ワシントン・ポストに寄稿し、イラン核合意を一方的に離脱しながら対話を呼び掛けるトランプ米大統領を「不誠実」だと非難、対話を拒む姿勢を示した。イランの合意離脱も示唆しており、経済悪化への救済措置を講じるよう合意の当事者である欧州に圧力をかけた形だ。
ロウハニ師は寄稿で、イランは国際法や地域の安定を尊重して合意にとどまったと強調。米政権はイスラエルなどの情報に依存し、「制裁でイランを譲歩に追い込めるという幻想」にとらわれていると厳しく批判した。


中国がドミニカに大使館開設
5月に台湾と断交

 【リオデジャネイロ共同】5月に台湾と断交し、中国と外交関係を結んだカリブ海のドミニカ共和国の首都サントドミンゴで21日、中国大使館の開設式典が行われた。
現地からの報道によると、中国の王毅国務委員兼外相が出席し「歴史的プロセスにおいて、中国人民はドミニカ共和国の国民の側に立つことをしっかりと選んだ」とあいさつ。王毅外相は式典後、メディナ大統領と会談した。
中米ではパナマが昨年6月に、エルサルバドルがことし8月に台湾と断交し、中国と国交を樹立している。


EU首脳、英に離脱方針修正促す
「歩み寄りは依然可能」

 【ザルツブルク共同】英国の欧州連合(EU)離脱後、「モノの自由貿易圏」を構築するとの英政府方針を巡り双方が対立している問題で21日、トゥスクEU大統領は「歩み寄りは依然可能と確信している」と強調し、英方針の修正と交渉の継続を呼び掛ける声明を発表した。
声明は英方針を「正しい方向性」とし、修正した上で交渉を継続するよう促した。
トゥスク氏が20日、EU非公式首脳会議後の記者会見で、英政府の貿易圏構想は「機能しない」と発言。これに対しメイ氏は「詳細な説明や対案なしに相手側提案を拒否するのは受け入れられない」と、厳しく批判していた。


音声AI、20分雑談可能に
5~10年後、アマゾン幹部

 【シアトル共同】米インターネット通販大手のアマゾン・コムの幹部は21日、共同通信などの取材に対し、音声を使った人工知能(AI)の開発の進捗について、5~10年後に人間と20分以上、雑談を続けられるようになるとの見通しを明らかにした。
政治や娯楽、スポーツといった幅広い話題で自然な会話を実現するのが目標で、アマゾンは、大学生向けに賞金付きのコンテストを実施し、研究開発を促している。音声AIの研究開発責任者のローヒット・プラサード氏は「開発は進んでいるが、達成に5~10年はかかるだろう」と述べた。

米アマゾン・コムのAIスピーカー「エコープラス」の新モデル=20日、米シアトル(共同)


フェリー沈没死者2百人超
タンザニア、ビクトリア湖

 【ナイロビ共同】アフリカ東部タンザニアのビクトリア湖で20日に起きたフェリー沈没事故で、ロイター通信は22日、死者が200人を超えたと報じた。約40人が救助されたが、約300人が乗っていたとの情報もあり、死者がさらに増える恐れがある。
定員超過で沈没した疑いが指摘されており、マグフリ大統領は21日、関係者の逮捕を治安当局に指示。国民に、4日間喪に服すよう呼び掛けた。
ビクトリア湖はタンザニア、ケニア、ウガンダにまたがるアフリカ最大の湖。老朽化したフェリーの大規模な事故がたびたび起きている。


イランで銃撃、25人死亡
軍事パレード標的、米批判

 【テヘラン共同】イラン南西部フゼスタン州アフワズで22日、軍事パレードの隊列を4人組の武装グループが銃撃した。国営イラン放送によると、軍人や見物客ら25人が死亡、約60人が負傷した。当局はテロと断定、米国の支援があったと主張した。
イラン各地では22日、イラン・イラク戦争開戦日を記念して恒例の軍事パレードを開催。軍事力を国内外に誇示するための国家的行事を狙った異例のテロ。イラン指導部の親衛隊的な性格を持つ革命防衛隊の隊員も犠牲になり、衝撃が広がった。
ザリフ外相はツイッターに「外国の政権に雇われ、訓練され、武器を供与されたテロリストの攻撃」と投稿した。


「オクトーバーフェスト」開幕
ミュンヘン、世界最大のビール祭

 【ベルリン共同】世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」が22日、ドイツ南部ミュンヘンで始まった。1810年からの伝統行事で、10月7日までの期間中に世界中から約600万人の来場者が見込まれる。
ビールの価格は年々上昇し、今年は1リットル当たり10・7~11・5ユーロ(約1400~1500円)。ミュンヘンのライター市長がハンマーでたるに蛇口を取り付けて開幕を宣言すると、巨大テントで待ち構えていた地元の政治家や市民が一斉にビールを飲み始めた。
2016年にドイツでテロが相次いだことを受け、主催者は会場周辺にフェンスを設置し、持ち物検査も大幅に強化した。


盗撮容疑、韓国で日本人の男拘束
トイレにカメラ

 【ソウル共同】韓国・ソウルの江南警察署は22日までに、江南区三成洞の建物のトイレにカメラを設置し盗撮した疑いで、日本人の会社員の男を拘束した。容疑を認めているという。韓国メディアが伝えた。
韓国紙、中央日報によると、20代の女性がトイレを利用した際、ごみ箱にトイレットペーパーが積み重なっているのを不審に思い、カメラが隠されているのを見つけた。自身や他の女性のほか、男の顔も映されていた。
女性の通報を受けた警察が監視カメラなどで男を割り出したという。


中国とバチカン、歴史的合意
長年懸案の司教任命問題で

 【ローマ、北京共同】国交がない中国とキリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ法王庁)が22日、長年の懸案だった中国内の司教任命の主導権問題を巡り、北京で暫定合意に達した。バチカンと中国外務省が発表した。無神論を掲げる中国共産党と、ローマ・カトリック教会の最高機関である宗教国家の接近は、本来相いれない両者の対立解消に向けた歴史的な一歩だ。
バチカンの元首たるローマ法王は中国内でも司教任命権は自らが持つと主張、中国政府が内政干渉と反発してきた。両者の歩み寄りの動きに、バチカンと外交関係がある台湾が神経をとがらせている。


中国職員の法執行に抗議、香港
民主派、高速鉄道駅巡り

 【香港共同】香港民主派は22日、香港と中国広東省広州を結ぶ高速鉄道「広深港高速鉄道」の開通式に合わせ、香港側の西九竜駅周辺で抗議デモを行った。中国側職員が同駅で出入境手続きなどの法執行を行うことに市民ら数十人が反発、「香港の法治の破壊だ」と訴えた。
同鉄道では、西九竜駅に中国本土の出入境や税関、検疫施設を設置。中国側の管轄区域では中国の法律が適用され、香港メディアによると、公安関係者など計約700人の中国側職員が勤務する。高速鉄道の車内も中国の管轄となる。
香港基本法(憲法に相当)は、中国の法律は一部の例外を除いて香港では適用されないと規定している。


来年はノーベル文学賞復活
性暴行疑惑から立て直し

 ノーベル文学賞の選考主体、スウェーデン・アカデミーのアンデシュ・オルソン事務局長は22日までに共同通信と会見し、アカデミー関係者の性的暴行疑惑で今年は見送られた受賞者発表を、来年は予定通り行うことに「自信がある」と述べた。10月の文学賞以外のノーベル各賞発表を前に、スウェーデンの首都ストックホルムで語った。
世界最高権威とされるノーベル賞の文学賞で受賞者が決まらないのは1949年以来で、醜聞による見送りは極めて異例。アカデミーは失墜した信頼の回復を図り、来年10月に今年の分も含めて発表できるよう組織の立て直しを進めている。(ストックホルム共同)

インタビューに応じるスウェーデン・アカデミーのアンデシュ・オルソン事務局長(共同)

安倍首相、米朝首脳再会談へ協力
トランプ氏に伝達する方針固める

 安倍晋三首相は米ニューヨークで26日(日本時間27日)に行うトランプ米大統領との会談で、北朝鮮の非核化に向け、米朝首脳再会談の実現に協力する意向を伝える方針を固めた。日米関係筋が22日明らかにした。再会談の成果として、北朝鮮が具体的取り組みに踏み出すよう、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を完全履行する重要性を改めて確認する。
25日(同26日)の国連総会一般討論演説でもこうした考えを示す。
非核化を巡っては、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が南北首脳会談で寧辺の核施設廃棄の用意があると表明。ポンペオ米国務長官は2021年1月の非核化実現を打ち出した。


日米、通商交渉入り視野
関税引き下げや投資拡大

 日米両国政府が、関税引き下げや投資拡大を見据えた通商交渉入りを視野に、2国間協議に乗り出すことが22日分かった。トランプ米政権が農畜産物の一層の市場開放を通じた対日貿易赤字の削減を要求しており、対米関係を重視する安倍政権は一定の配慮を示す方向。合意できれば、米国時間26日午後(日本時間27日午前)に米ニューヨークで予定する日米首脳会談後に、日米が目指すべき今後の交渉の方向性を示す成果文書を公表する見通し。
ロイター通信によると、米ホワイトハウス高官は「米国は日本市場にもっとアクセスしたい。首脳会談がどう進むか注視する」と述べ、会談の成果に期待を寄せた。


中国軍、対日衝突の回避訴える
内部雑誌で、「一帯一路」優先

 【台北共同】中国人民解放軍海軍の将校が昨年4月、軍の内部雑誌の論文で、沖縄県・尖閣諸島を巡り日中軍事衝突の可能性が高まっているとした上で、中国主導の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を成功させるため、日中間のハイレベル交流などを強化して衝突を極力回避すべきだとの考えを示していたことが22日、分かった。
習近平指導部は昨年来、対日関係改善に積極的で、今年10月には安倍晋三首相の訪中も実現する方向。尖閣諸島周辺では中国海軍の艦船や公船による接近を続けているが、軍事衝突までは意図していないことを示唆している。
論文は海軍将校2人が執筆した。

「一帯一路」をテーマにした国際会議の首脳会合を終え、記者会見する中国の習近平国家主席=2017年5月、北京(共同)


河野氏、男1人の国際会議に参加
相好を崩す

 【モントリオール共同】カナダ東部モントリオールで21日に開かれた世界各国の女性外相が集う国際会議に、男性の外相としてただ1人参加した河野太郎外相が女性15人に囲まれ、相好を崩す場面があった。
記念撮影では当初、一番端の位置に向かった河野氏だったが、カナダのフリーランド外相らに強く呼び止められ、真ん中の位置へ。終始、照れ笑いを浮かべながら撮影に応じた。
会議はフリーランド氏らが主催。河野氏は先進7カ国(G7)外相のメンバーとして招待を受けた。出席したところ、男性は河野氏1人だけだった。河野氏は、関連会議のうち夕食会など一部の会合に出席した。

記念撮影に応じる河野外相(中央)と、カナダのフリーランド外相(前列右から4人目)ら女性外相会議の出席者=21日、カナダ東部モントリオール(共同)


水玉模様で車の速度抑制図る
群馬・安中で一般道初の試み

 群馬県安中市の国道18号碓氷バイパスの一部区間で交通事故防止を狙い、水玉模様の路面標示をペイントし、車の速度抑制を図る取り組みが試行的に始まった。視覚に働き掛け、無意識に減速を促す効果があるという。国土交通省高崎河川国道事務所によると、首都高速道路で導入例があるが、一般道では初。
楕円形の水玉模様を路上に一定の間隔で描く。ドライバーは水玉模様が視界に入ると速度が上がったような感覚になり、自然にスピードを落とすとされる。
碓氷バイパスの上り坂となっている車線の約1・4キロ区間に8月、標示を配置した。この区間では、速度超過による横転や荷崩れが頻発していた。

国道18号碓氷バイパスにペイントされた水玉模様の路面標示=15日、群馬県安中市


錦織、準決勝でバヒンガーに敗戦
テニスのマゼル・オープン

 【メッス(フランス)共同】男子テニスのマゼル・オープンは22日、フランスのメッスでシングルス準決勝が行われ、世界ランキング12位で第1シードの錦織圭(日清食品)が予選から勝ち上がった世界166位のマティアス・バヒンガー(ドイツ)に6―2、4―6、5―7で逆転負けした。
錦織はツアーで4月のマスターズ・モンテカルロ大会準優勝以来の決勝進出を逃した。

シングルス準決勝 マティアス・バヒンガーと対戦する錦織圭=メッス(共同)


東レテニス、大坂2年ぶり決勝へ
加藤、二宮組は日本勢初V

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第6日は22日、東京・アリーナ立川立飛で行われ、シングルス準決勝で全米オープンを初制覇した20歳の大坂なおみがカミラ・ジョルジ(イタリア)を6―2、6―3で下し、2016年大会準優勝以来2年ぶりに決勝に進出した。
大坂は日本勢として1995年大会覇者の伊達公子以来23年ぶりの優勝を目指し、23日の決勝でカロリナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。
ダブルス決勝で加藤未唯、二宮真琴組がアンドレア・フラバーチコバ、バルボラ・ストリコバ組(チェコ)を6―4、6―4で破り、同種目の日本勢で初制覇を果たした。

カミラ・ジョルジに勝利し、シングルス決勝進出を決めた大坂なおみ=アリーナ立川立飛