Kyodo News

10月25日

日本語メインに戻る
前米副大統領への小包回収
トランプ氏はメディア攻撃

 【ワシントン共同】オバマ前米大統領やCNNテレビに宛てたパイプ爆弾とみられる小包が見つかった事件で、警察当局は25日、バイデン前副大統領に宛てた不審な小包を東部デラウェア州で回収した。トランプ大統領に批判的な俳優ロバート・デニーロさん宛ての小包も同日、ニューヨークのビルで回収し、不審物は計9個となった。米メディアが伝えた。
トランプ氏は24日、中西部ウィスコンシン州の支持者集会で事件を「民主主義への攻撃」と指摘する一方、25日にツイッターに「メディアは意図的な虚偽報道で社会に怒りをもたらしている。行いを正すべきだ」と投稿した。

 【ワシントン共同】オバマ前米大統領やCNNテレビに宛てたパイプ爆弾とみられる小包が見つかった事件について、トランプ大統領は24日、「民主主義への攻撃」と指摘する一方で「メディアは敵意や間違った攻撃をやめる責任がある」と訴え、政権に批判的な報道への攻撃を続けた。中西部ウィスコンシン州の支持者集会で語った。
トランプ氏の姿勢が今回の事件につながったとの見方があるが、トランプ氏はメディアに責任を押し付けた。
これに先立ちCNNのザッカー社長は「ホワイトハウスはメディア攻撃の深刻さへの理解が完全に欠如している」との声明を出し、トランプ氏に懸念を表明していた。


オバマ前米大統領らに小包爆弾
反トランプ勢力脅迫か

 【ワシントン共同】米連邦捜査局(FBI)は24日、オバマ前米大統領やクリントン元国務長官、CNNテレビなどに宛てて不審な小包が22~24日に相次ぎ見つかったと発表した。中身はパイプ爆弾とみられる。オバマ前政権閣僚や連邦議員ら民主党の政治家にも送られており、トランプ共和党政権の批判勢力への脅迫を狙った可能性が浮上。捜査当局は同一犯か同一グループの犯行とみて容疑者逮捕に全力を挙げている。
中間選挙を2週間後に控えて党派対立が激化する中、この事件で米社会の緊張は一段と高まった。小包が届いたCNNニューヨーク支局が入る高層ビルからはキャスターらが避難した。


FRBパウエル議長指名に後悔も
米大統領「利上げ楽しんでいる」

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、利上げ継続を示唆する米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長について「利上げを楽しんでいるようだ」と指摘し、議長指名を後悔しているかどうかは「言うのは早すぎるが、そうかもしれない」と述べた。米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューで語った。
トランプ氏はこれまでもFRBの利上げをけん制する発言を繰り返している。来月の中間選挙を控え、景気への悪影響を懸念し利上げ姿勢を批判した。
トランプ氏は「われわれが何か素晴らしいことをするたびに、金利が引き上げられる」と不満を漏らした。


米景気、緩やかに拡大とFRB
貿易摩擦で価格上昇

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は24日、全国12地区の連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)を公表し、景気は「緩やかに拡大した」との判断を示した。トランプ米政権の強硬な通商政策による貿易摩擦で、製造業はいくつかの地区で「原材料の価格上昇に直面し、先行き不透明感を示した」と分析した。
報告は来月7、8日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策を決める際の討議資料になる。景気過熱を防ぐために利上げを進めているFRBは景気拡大の継続を確認したものの、前回の9月会合での利上げ決定から間もないため、利上げを見送る公算が大きい。


中国がトランプ氏の私用携帯盗聴
米紙、政策への影響画策か

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は24日、米政府当局者の話として、中国がトランプ大統領の私用の携帯電話を盗聴していると報じた。米中貿易戦争の激化を避ける方策を練るためなどに利用しているとしている。大統領が関心を抱く話題を探ったり、米国の政策に影響を与えようとしたりしており、当局者の間で懸念が高まっているという。
トランプ氏は大統領に就任後も友人への電話に私用のスマートフォンを頻繁に使っている。側近は使用を控えるよう促しているが、トランプ氏は拒否。側近らはトランプ氏が機密情報を漏らさないことを期待するしかない状況という。


中国国防相、米副大統領を非難
台湾問題「代償惜しまず」

 【北京共同】中国の魏鳳和国務委員兼国防相は25日、ペンス米副大統領が4日に行った中国批判演説について「中国を中傷した」と強く非難、台湾独立の動きがあれば「中国軍は代償を惜しまず断固とした行動を取る」とけん制した。中国軍系の学術団体などが主催する安全保障フォーラムの開幕式で基調講演した。
米国批判の色彩が濃い講演内容で、米中対立を受け中国軍内で強まる厳しい対米姿勢を反映した可能性がある。
魏氏は「最近、米国の指導者が演説し、中国の内外政策を理由なく非難した」と述べ、ペンス氏の演説を批判。「覇権主義的で対抗的な安全保障モデルは時宜に合わない」と主張した。


米がミサイル配備なら対抗措置
プーチン大統領、欧州に警告

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は24日、中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄方針を表明した米国が将来、欧州に中距離ミサイルを配備すれば、ロシアも「同様の対抗措置を取る」と警告した。米国のミサイルを受け入れる国は「(ロシアの)ミサイルによる反撃の脅威にさらすことになる」と主張した。
ロシアは自国に近い欧州諸国に米ミサイルを配備されることを警戒しており、米欧を強くけん制した。イタリアのコンテ首相との会談後の共同記者会見で述べた。
ロシアのリャプコフ外務次官は24日のテレビ番組で「米国がINF廃棄条約を破棄するのは疑いない」との結論に達したと説明した。


米テスラ、黒字350億円
7~9月期、売上高2倍に

 【ニューヨーク共同】米電気自動車メーカーのテスラが24日発表した2018年7~9月期決算は、純損益が3億1151万ドル(約350億円)の黒字(前年同期は6億1937万ドルの赤字)となった。黒字は16年7~9月期以来2年ぶり。
同社初の量販車である価格を抑えた新型セダン「モデル3」の量産が軌道に乗ったことが要因で、売上高も前年同期の2・3倍となる68億2441万ドルに急増した。
テスラは設立から15年で、黒字を生み出せる企業に転換しつつある。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「売上高でみると、モデル3は米国で最も売れた車になった」とアピールした。


マイクロソフト、34%増益
クラウドの拡大続く

 【ニューヨーク共同】米IT大手マイクロソフトが24日発表した2018年7~9月期決算は、純利益が前年同期比34%増の88億2400万ドル(約9900億円)だった。ネットワークを通じて情報を処理するクラウドサービス事業の拡大が続いた。
売上高は、19%増の290億8400万ドル。企業でクラウドサービスの利用が広がり、同社の主力サービス「アジュール」は76%増と好調だった。ただ、4~6月期(89%増)と比べ伸び率はやや鈍化した。ビジネス向け交流サイト「リンクトイン」やゲーム事業なども軒並み増収だった。


ギターの米ギブソン再建
ジーンズ本家から新社長

 【ニューヨーク共同】ギター製造で知られる米大手楽器メーカーのギブソン・ブランズは23日、ジーンズの本家リーバイ・ストラウスのブランド戦略部門トップ、ジェームズ・カーレイ氏を新社長兼最高経営責任者(CEO)に迎え入れると発表した。再建計画を終え、11月1日付で投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)の傘下に入り、経営陣を刷新する。
著名ミュージシャンに愛される世界的ギターメーカーであるギブソンは5月、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し経営破綻した。


ドゥテルテ比大統領に健康不安説
73歳、支持に影響も

 【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領(73)に健康不安説が浮上している。過去にも複数の持病があると明かしていたが、がん検査を受けたことを今月公表し、臆測が強まった。世論調査では高齢のドゥテルテ氏の健康状態を懸念する人の割合が半数を超え、盤石な国内支持にも影響を与えかねない。
「3週間前、内視鏡検査を受けた。結果を待っているが、がんならがんとはっきり言う」。ドゥテルテ氏は今月4日の演説で突然こう明かし、「苦痛を長引かせたくない」としてがんが進行していれば治療しないと述べた。


イラク新首相が就任
内閣発足も主要閣僚未定

 【カイロ共同】イラク国会は25日、新首相候補に指名されたアブドルマハディ氏の閣僚名簿を部分的に承認し、同氏が新首相に就任した。国営テレビなどによると、閣僚22人のうち国防相、内相など主要閣僚を含む8ポストが空白のままの新内閣発足となった。
残る閣僚名簿の承認は延期された。5月の総選挙後に続いていた政治的混迷がようやく一歩改善に向かったが、対立は残りそうだ。
就任した主な閣僚は、ガドバン石油相、フセイン財務相ら。国防相など残る8ポストの採決前に、合意を拒む会派が議場を退席し、承認を阻んだ。
アブドルマハディ首相は石油相や財務相を歴任。


CIA長官が記者死亡の音声確認
カショギ氏事件、米紙報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は24日、米国在住だったサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の死亡事件の真相解明のためトルコを訪問した中央情報局(CIA)のハスペル長官がカショギ氏の殺害時に録音されたとみられる音声記録を確認したと伝えた。
トランプ大統領はハスペル氏から近く報告を受け、サウジ政府に対する措置を決定する見通し。音声記録の内容が判断に大きな影響を与える可能性がありそうだ。
同紙によると、ハスペル氏は22日にトルコへ向かい、トルコ滞在中に音声記録を聞いたという。関係筋は音声記録について「説得力」があるなどと語った。

安田純平さん、トルコ閣僚と面会
帰国便搭乗前に空港で

 【アンタキヤ共同】シリアで拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリスト安田純平さん(44)は24日夜、トルコ・イスタンブールの国際空港で日本に向かう航空機に搭乗する前、同国のバランク産業技術相と面会した。アナトリア通信が伝えた。
バランク氏は、イスタンブールから首都アンカラに戻るため空港に来ていた。安田さんはエルドアン大統領やトルコの人々に感謝の意を示した。
安田さんは空港のVIP用の部屋で日本大使館員と航空機を待っている際、バランク氏と会ったという。


安田さんお帰りなさいと言いたい
帰国便に乗り合わせた乗客たち

 「お帰りなさいと言ってあげたい」。シリアで拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリスト安田純平さん(44)が25日、成田空港に到着し、同じ飛行機に乗り合わせた乗客たちは帰国を歓迎した。
家族旅行から戻った助産師田村未来さん(34)は、機内での安田さんの様子について「以前にテレビの映像で見た時より髪の毛がさっぱりしていた。元気そうだった」と話した。
田村さんによると、安田さんはエコノミークラスの通路側に座り、取材に落ち着いた様子で応じていた。「現地で助けてくれた人がいたのか」との問いに「名前は言えないが、そういう人がいた」と話していたという。

25日、トルコ・イスタンブールから日本に向かう機内の安田純平さん(乗客提供・共同)


ジャーナリスト安田純平さん帰国
「虐待状況だった」

 内戦下のシリアで2015年6月に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリスト安田純平さん(44)が25日夕、一時滞在先のトルコから空路で帰国した。機内で共同通信の取材に応じて「拘束後は虐待としか言いようがない状況だった。暴力を受けた」「可能な限り何があったか説明したい」と話した。
安田さんは「武装勢力の機嫌が悪いと、缶詰を出しても缶切りは渡されなかった」とも述べた。警察当局は健康面に問題がないことを確認後、シリアの武装勢力に拘束された経緯などについて事情を聴く方針。過酷な拘束状況の解明、検証が今後の焦点になる。

約3年4カ月ぶりに解放され、成田空港に到着した安田純平さん=25日午後6時36分


約3年4カ月ぶりに解放され、トルコから日本に向かう機内で共同通信の取材に応じる安田純平さん=25日(共同)


妻と再会、安田さん穏やかな表情
過酷な日々「虐待としか」

 自由を取り戻し、ジャーナリストの安田純平さん(44)が25日夜、帰国した。「みんな頑張ってくれたね」。成田空港の貴賓室で、妻の深結さんは泣きながら抱きついた。温かく穏やかな表情で抱擁する安田さん。深結さんは周りの関係者に「ありがとうございました」と声を振り絞った。
あごひげを伸ばし、日本では徐々に寒さが増している中、黒の半袖シャツ姿。背広姿の外務省関係者らが付き添い、しっかりした足取りで、空港内を移動した。
安田さんはトルコ航空機内で、険しい表情で一点を見つめ、過酷な日々を「暴力や嫌がらせを受け、拘束中は虐待としか言いようがない状況だった」と振り返った。

成田空港に到着し、両親(後方)、妻深結さんと写真に納まる安田純平さん=25日午後(深結さん提供)


安田さんの妻、感謝繰り返す
成田空港内で記者会見

 3年以上も安否が分からず、離れ離れになった安田純平さん(44)と再会した妻で歌手の深結さんは25日、成田空港内で記者会見し、涙目で声を詰まらせながら「ありがとうございました」と感謝の言葉を繰り返した。
「先ほど、無事に安田と対面できました」。会見の冒頭、深結さんの声は震えていた。安田さんは同席せず、「可能な限り説明をする責任があると思っている。折を見て対応をさせてもらうので、今日のところはご理解ください」との本人の言葉を読み上げた。


安田さんから事情聴取へ
警察、国外犯規定基づき

 武装勢力から解放されて帰国したジャーナリスト安田純平さん(44)に対し、健康面に問題がないことを確認後、警察当局が詳しい事情を聴く方針であることが25日、捜査関係者への取材で分かった。約3年間にわたって拘束された経緯を把握するほか、関与した武装勢力の特定を進める。
捜査関係者によると、邦人が海外で犯罪の被害を受けた場合に国内で訴追できる刑法の国外犯規定に基づき、逮捕監禁容疑などの適用を検討する。安田さんが拘束された状況や武装勢力の内情のほか、拘束中の生活環境、ほかの外国人人質の有無なども確認するとみられる。


安田さんの健康に問題なし
在外公館医務官が診断

 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、シリアで行方不明になり、解放されたジャーナリスト安田純平さんの健康診断を在外公館の医務官が行ったと明らかにした。「健康状態に特段の問題はないとの報告を受けている」と述べた。
安田さんの帰国後に事情を聴くかどうかなどの政府対応を聞かれ「本人や家族と相談しながら、適切に対応していきたい」と答えた。


首相、日中協力強化を確認へ
平和条約40年式典に

 【北京共同】安倍晋三首相は25日午後(日本時間同)、日本の首相として約7年ぶりに中国を公式訪問した。北京の人民大会堂で日中平和友好条約の締結40周年を祝う中国側主催の式典に出席。李克強首相とともにスピーチを行い、日中協力の強化と関係改善を確認する。26日には習近平国家主席、李氏と個別に会談し「新たな段階」の日中関係の構築で合意する方向だ。
首脳会談では、経済や安全保障など幅広い分野での連携強化を確認。北朝鮮の非核化や自由貿易体制の維持を巡っても意見を交わす。安倍首相は関係改善の流れを確かなものにし、中国の成長を取り込みたい考えだ。

中国の李克強首相(右)と懇談する安倍首相=25日、北京の人民大会堂(共同)


首相、日中協力は「新次元へ」
平和条約40年式典であいさつ

 【北京共同】安倍晋三首相は25日午後(日本時間同)、日本の首相として約7年ぶりに中国を公式訪問した。北京の人民大会堂で開かれた日中平和友好条約の締結40周年を祝う式典であいさつ。26日の首脳会談に関し「新たな時代にふさわしい新たな次元の日中協力の在り方について、胸襟を開いて議論したい」と強調した。中国への政府開発援助(ODA)の終了にも言及した。
26日の習近平国家主席、李克強首相との個別会談を通じて関係改善の流れを確かなものにし「新たな段階」へと進展させたい考えだ。
安倍首相はODAに関し「その歴史的使命を終えた」と表明した。


日中、洋上風力発電で協力
第三国市場で50件超合意

 【北京共同】日中両国が26日に北京で開く「第三国市場協力フォーラム」で、両国の企業などが合意する50件超の協力案件の全容が25日、判明した。洋上風力発電や環境配慮型の街づくり「スマートシティー」の開発、IT分野などで両国の企業が互いの強みを発揮しながら海外市場を開拓する。
フォーラムには日中の企業経営者ら約1200人が参加。安倍晋三首相と中国の李克強首相が立ち会い、企業同士が覚書を交わす。日中の外交関係の改善は企業活動の追い風となりそうだ。
伊藤忠商事は、国有企業の中国中信集団と組み、ドイツで展開している洋上風力発電事業への投資を拡大する。


日中の通関手続き簡素化へ
首脳会談合わせ相互承認

 日本と中国の両政府は輸出入の通関手続きを簡素化する「AEO制度」を相互承認する方針を固めたことが25日、分かった。26日の日中首脳会談に合わせて署名する予定。通関にかかる時間を短縮して両国間の物流を迅速化する狙いがある。日本は既に米国、欧州連合(EU)などと相互承認済みで、中国を加えると9カ国・地域となる。
AEOは貨物輸送の安全性や法令順守などに関する優良業者を認定し、書類審査などの手続き負担を軽減する制度。手続きの所要時間を3分の1程度と大幅に短縮できるため、生鮮食品などの輸出促進が期待できる。


スバル大規模リコール検討
数十万台、主要モデルで

 SUBARU(スバル)が大規模なリコール(無料の回収・修理)を国土交通省に届け出る方向で検討していることが25日分かった。エンジンの不具合とみられ、対象台数は数十万台に上る可能性がある。車種も主要モデルのほとんどに及ぶ見通しだ。
23日に2018年9月中間連結決算の業績予想を下方修正し、純利益を当初から301億円引き下げ、490億円に設定した。リコール費用の計上が大きく利益を圧迫するもようだ。本業のもうけを示す営業利益も1100億円から610億円に修正している。


声や視線で制御の自動運転車開発
名古屋大やアイシン精機

 名古屋大や徳島大、アイシン精機などの研究グループは25日、乗員が声や視線、動作で制御できる自動運転車を開発したと発表した。「減速して」「右に曲がって」といった音声に従い「そこに止めて」と話すと視線の先で停車する。車載システムに行き先を聞かれた際、うなずいたり首を振ったりする動きも理解できる。こうした自動車は世界で初めてとしている。
車載カメラやマイクなどが目の動きや顔の向き、音声を検知し人工知能が分析。ベンチャー企業ティアフォー(名古屋)が開発した自動運転システムを試作車に搭載。徳島大が音声認識、アイシン精機が画像認識で協力し、約6年前から開発を進めた。

名古屋大などの研究グループが開発した、乗員が声や視線、動作で制御できる自動運転車=25日、名古屋市


ロボットが厨房で具材取り分け
パナが外食自動化システム事業

 パナソニックは25日、中国の火鍋レストラン大手と提携し、アームロボットが厨房で鍋の具材を取り分ける外食産業の自動化システムを開発・提供するビジネスを始めたと発表した。まず中国・北京に28日オープンする店舗に初めて導入し、順次広げていく。作業を効率化することで人件費の高騰や人手不足に対応し、配膳ミスの防止や衛生管理にもつなげる。
提携先の「海底撈インターナショナルホールディングス」は中国や日本などで約360店舗を展開するチェーンで、両社は今年3月に合弁会社を設立。パナソニックが開発したシステムの導入を始めている。


AIでバブル絶頂を甘いチョコに
時代を味で表現、5種類を用意

 NECと米菓子メーカー「ダンデライオン・チョコレート」の日本法人は25日、人工知能(AI)を使って時代の雰囲気を甘さや苦さで表現した「あの頃はCHOCOLATE(チョコレート)」を開発したと発表した。12月21日に発売する。強い甘さとジャスミンの香りで華やかな風味に仕上げた「1987  魅惑のバブル絶頂味」のほか「1974 オイルショックの混迷味」や「2017 イノベーションの夜明け味」など計5種類を用意した。
NECのAIが、1960年1月~2018年8月の新聞朝刊1面記事17万件に記載された言葉を分析。記事の言葉を数値変換して味を表現した。

NECなどが開発した「あの頃はCHOCOLATE(チョコレート)」


日本車ブランドが上位独占
米専門誌の信頼調査、マツダ上昇

 【ニューヨーク共同】米有力専門誌「コンシューマー・リポート」が24日発表した自動車ブランドの信頼調査で、日本企業が4位までを独占し、改めて高い評価を受けた。首位がトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」、2位が「トヨタ」で前年の1、2位が入れ替わった。3位の「マツダ」は前年12位から急上昇、4位は「スバル」(前年6位)だった。
調査は、50万台超の車のデータを集め、性能や品質などを分析した。日産自動車の高級車ブランド「インフィニティ」も6位に上がり、日本勢はトップテンに5ブランドが入った。日産の「ニッサン」は14位、「ホンダ」は15位に下げた。


日本企業96%が韓国人採用希望
177社調査、人材不足が深刻化

 【ソウル共同】韓国の大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は25日までに、日本にある企業(外資系を含む)の96%が韓国人の採用を希望しているとの調査結果をまとめた。日本は人材不足が深刻化しており、若者の失業率が高止まりする韓国で就職試験の機会を設けるなど、韓国人を積極的に採用する動きも出ている。
調査対象は東京や愛知、大阪、福岡などにある企業177社で、うち日本企業は約160社。業種はITや製造業、観光業が中心となっている。既に83・6%が韓国人の雇用実績があり、70・6%の企業が韓国人を採用した結果に満足していると回答した。


経団連会長、賃上げに前向き姿勢
「日本の給与、国際的に低い」

 経団連の中西宏明会長は24日の定例記者会見で、2019年春闘での賃上げに前向きな姿勢を示した。中西氏は「(賃上げを求める)政府には景気への配慮もあるだろうが、日本の給与水準は国際的にも低いとの見方は基本的に同じだ」と強調した。来年1月に示す経営側方針の策定に向けた議論でも、賃上げ容認が大勢を占めるとの認識も示した。方針には、働き方改革への対応についても盛り込みたい意向を示した。
中西氏は、政府が水準を示して賃上げを要請することには改めて違和感を抱くと指摘。一方で最近の春闘を「官製春闘」との言葉で表すことには「ナンセンスだ」と不快感を示した。


ユニクロ、米デザイナーとコラボ
NYでヒートテックの新商品発表

 【ニューヨーク共同】ファーストリテイリング傘下のカジュアル衣料品店「ユニクロ」は23日、ニューヨークで発表会を開き、台湾系米国人のデザイナー、アレキサンダー・ワン氏と組んだ保温効果のある「ヒートテック」の新商品を披露した。海外の著名デザイナーと協業し、ブランド価値の向上を図る。
新商品は下着やタンクトップなど16種類。白、黒、グレーに加え、ワン氏が好む明るめの黄緑をそろえた。価格は990~3990円(税別)。日本では11月9日に発売し、計20カ国・地域で展開する。

ユニクロが米デザイナーのアレキサンダー・ワン氏と組んで開発した「ヒートテック」の新商品=23日、ニューヨーク(共同)


有明海で養殖ノリの種付け解禁
佐賀県、16年連続首位狙う

 有明海の秋の風物詩となっている養殖ノリの種付け作業が25日、福岡、佐賀、熊本の3県で解禁となり、穏やかな海面を鮮やかなノリ網が彩った。ノリの初摘みは11月下旬ごろを予定。佐賀県有明海漁協は今シーズンの売上高231億円、生産量18億5千万枚を目標に掲げ、いずれも16年連続となる日本一を目指す。
佐賀市の広江漁港では25日未明から、漁船が長さ約18メートル、幅約1・5メートルの網を載せ、次々と出航。沖合に到着した漁師らは、ノリの種付きのカキ殻がぶらさがった網を、海中にささる支柱に取り付けて丁寧に広げ、作業を終えると、お神酒を手にノリの成長を祈った。

有明海の養殖ノリの種付けが解禁となり、ノリ網を海中に広げる作業をする漁師=25日午前、佐賀県沖


「おっさんずラブ」が最高賞に
東京ドラマアウォード

 海外発信を目的に優れたテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2018」の授賞式が25日、東京都内で開かれ、連続ドラマ部門のグランプリにテレビ朝日の「おっさんずラブ」が選ばれた。
「おっさんずラブ」は、さえない男性会社員が同性の上司や後輩から好意を寄せられる恋愛コメディー。同作で主人公を演じた田中圭さんに主演男優賞が、上司を演じた吉田鋼太郎さんに助演男優賞が贈られた。
単発ドラマ部門のグランプリはNHK「眩 北斎の娘」。主演女優賞はTBS「アンナチュラル」の石原さとみさん、助演女優賞はTBS「陸王」の阿川佐和子さんに決定した。

「東京ドラマアウォード2018」の授賞式で記念写真に納まる受賞者ら=25日午後、東京都港区