Kyodo News

11月19日

日本語メインに戻る
トランプ氏「移民集団家に帰れ」
歓迎せずと改めて強調

 【ティフアナ共同】中米諸国から米国を目指す移民キャラバン(集団)の到着が続くメキシコ北西部の町ティフアナで反移民感情が高まっていることを受け、トランプ米大統領は19日までに「米国も(移民集団の)侵略に準備ができていない。家に帰れ」とツイッターに書き込み、改めて移民を歓迎しない姿勢を強調した。
ティフアナのガステルム市長が16日の記者会見で移民到着が今後「少なくとも半年は続く」と指摘し、受け入れは限界に近いと述べたことを受けた投稿。トランプ氏は「米国も同様だ」とし、メキシコ国境の壁建設と警備強化の必要性を訴える持論を展開した。

メキシコ北西部ティフアナで、配布された衣料品に手を伸ばす移民ら=16日(共同)


メキシコ北西部ティフアナの収容施設で、配給された食事を分け合う移民の家族=16日(共同)


メキシコ国境で住民が反移民デモ
数百人が抗議、治安悪化を懸念

 【ティフアナ共同】中米諸国から米国を目指す移民キャラバン(集団)が次々到着するメキシコ北西部ティフアナの中心部で18日、地元住民ら数百人が移民受け入れへの抗議デモを行った。メキシコで反移民感情が表面化するのは極めて異例。移民に不寛容なトランプ米政権の主張が波及した形だ。
「移民は出て行け」「メキシコ第一主義を」。米国と国境を接するティフアナの住民らは18日、目抜き通りの記念碑前でシュプレヒコールを繰り返した。フェイスブックなどでの呼び掛けに応じ、当初数十人だった参加者は、あっという間に数百人に膨れ上がった。

メキシコ北西部ティフアナ中心部で、移民受け入れに抗議する地元住民ら=18日(共同)


福田元首相が対日貿易赤字で苦言
「米国にも問題」

 【ワシントン共同】福田康夫元首相は16日、ワシントンのシンポジウムで講演し、トランプ米政権が対日貿易赤字の削減を求めていることについて「米国にも問題がある。日本が責任を独りで負わないといけないのか」と述べ、圧力を強める米国に苦言を呈した。
福田氏は「貿易赤字は相手国の責任ばかりにできない。貿易赤字は20~30年も続いている。それを米国がどう考えるのか」と指摘。日本は貿易不均衡に対処するため「米国に相当投資している」と理解を求めた。


米、中国是正で制裁見送りも
142項目回答、貿易摩擦で

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、中国が貿易摩擦を巡り142項目にわたる是正策を米側に回答したことを明らかにし、中国の貿易慣行が是正されれば、「新たな追加関税を課す必要はないかもしれない」と述べ、制裁対象を中国からの全輸入品に拡大する追加関税第4弾の発動を見送る可能性に言及した。ホワイトハウスで語った。
トランプ氏は、中国が出した是正策にはまだ満足していないとの考えも示し、中国にさらなる譲歩を求める姿勢を維持。対立緩和につながるかは見通せない。
米政権は、中国の知的財産権侵害を理由に、輸入品計約28兆円相当分に計3度、追加関税を課している。


米副大統領の忠誠心に疑念?
トランプ氏、交代論浮上

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は16日、トランプ大統領が周囲にたびたび「ペンス副大統領には私への忠誠心があるのか」と聞いて回っていると伝えた。2020年大統領選ではペンス氏を副大統領候補に選ばないとの観測も浮上している。複数の政府当局者らの話としている。
同紙によると、ホワイトハウスの多くのスタッフは、トランプ氏がやりたくないと避けた職務をペンス氏が忠実に果たしていると答えたという。一方、複数の外部顧問は次期大統領選を見据え、女性票を取り込むことができる人物を起用した方が得策との考えを伝えた。


APECペンス氏と習氏が立ち話
夕食会会場で

 【ポートモレスビー共同】ペンス米副大統領と中国の習近平国家主席が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の夕食会会場で17日夜に立ち話をしていたことが分かった。米側の同行記者団が18日、明らかにした。
あいさつ程度とみられるが、今月末にも開くトランプ米大統領と習氏の米中首脳会談に向けて、地ならしの意味合いもありそうだ。
夕食会の会場に先に着いていたペンス氏らに習氏があいさつして回る中で、1分半程度言葉を交わしたという。

17日、APECの夕食会会場でペンス米副大統領(手前右端、背中の人物)と立ち話をする中国の習近平国家主席。左端は安倍首相=パプアニューギニアのポートモレスビー(共同)


米国との協力が「より良い選択」
インフラ支援で中国対抗

 【ポートモレスビー共同】ペンス米副大統領は17日、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会合で、トランプ政権の包括的なインド太平洋戦略に関して演説した。中国が強引な融資で「借金漬け」にし、同国に依存せざるを得ない経済構造をつくり上げているとして、米国との協力強化が「より良い選択だ」と強調した。
米国の最大600億ドル(約6兆8千億円)の融資枠を重ねて説明し、日本やオーストラリアと協力してインフラ支援を進め「自由で開かれたインド太平洋」を目指すと語った。地域取り込みに力を入れる中国に対抗する姿勢を鮮明にした。


ロシア疑惑捜査縮小を容認
米大統領、聴取拒否の構え

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日までにFOXニュースのインタビューで、ウィテカー司法長官代行がロシア疑惑の捜査態勢を縮小する可能性について「それは彼次第だ。私は関わらない」と述べ、容認する姿勢を示した。捜査を指揮するモラー特別検察官解任や捜査打ち切りの懸念が高まりそうだ。
トランプ氏は近く提出するモラー氏の質問への書面回答について「多くの質問に完璧に答えている」と主張。捜査に応じるのは「これでおそらく終わりだ」として、モラー氏側から直接の事情聴取の要請があっても拒否する構えを見せた。


トランプ氏、サウジとの同盟堅持
圧力強化に慎重姿勢

 【ワシントン共同】米国在住のサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件で、トランプ米大統領は18日までに、FOXニュースのインタビューで事件を「残酷だ」と非難する一方、サウジと「多くの分野で非常に良好な同盟関係を堅持したい」と述べた。事実上の最高権力者ムハンマド皇太子が事件への関与を否定していると強調。サウジへの圧力強化に慎重な姿勢を見せた。
トランプ政権はサウジ政府高官ら17人に制裁を科したが、議会などにはサウジへのさらなる圧力強化を求める意見があり、対サウジ関係を中東外交の基軸としてきたトランプ氏は難しい立場に立たされている。


米、フロリダ上院選も共和党勝利
大接戦、再集計の末に

 【ワシントン共同】6日投開票の米中間選挙で大接戦となり、再集計が行われていた南部フロリダ州の連邦上院選は18日、共和党のスコット州知事が勝利した。民主党現職ネルソン議員が敗北を認めた。米メディアが伝えた。上院(定数100)の共和党の議席は現有から1増え、52となる。トランプ大統領はツイッターで「偉大な知事が、さらに偉大な上院議員になる」と祝意を示した。
一方下院では、多数派を奪った民主党が議席をさらに伸ばし、政権への逆風の強さを浮き彫りにした。
フロリダ州では激戦となった知事選でも17日、トランプ氏に近い共和党のデサンティス氏の当選が決まった。


英首相、EU離脱交渉遅延を警告
党首交代の動きの加速に

 【ロンドン共同】英与党保守党で、党首を務めるメイ首相を交代させようとする動きが加速する中、メイ氏は18日、党首が交代すれば「欧州連合(EU)との離脱交渉を遅らせ、妨げるだけだ」と警告し、政府が承認したEUとの離脱協定案への支持を呼び掛けた。英スカイニューズ・テレビのインタビューに答えた。
保守党では離脱協定案に反発する反EU派議員らの間で党首交代を求める声が強まっており、一部議員は党首の信任投票を求める書簡を党に提出した。仮に投票が行われてもメイ氏が不信任とされる可能性は低いが、25日に予定されるEU特別首脳会議を控えて党内の団結を求めた形だ。


独仏「欧州軍」創設協力で一致
「共通の防衛体制と安全保障を」

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は18日、ベルリンで会談した。両氏は会談に先立ち記者会見し、メルケル氏は、マクロン氏と共に提唱する「欧州軍」について創設に向けた協力体制を取ることで一致しているとの考えを示した。マクロン氏も欧州に「共通の防衛体制と安全保障」が必要だと述べ、メルケル氏を支えた。
フランスは以前から欧州軍創設を提唱し、メルケル氏も13日の欧州連合(EU)欧州議会で創設の意向を示した。同氏は北大西洋条約機構(NATO)と欧州軍は共存できるとしたが、トランプ米大統領は「米国に対抗する欧州自衛の軍だ」と反発している。


在米のギュレン師送還検討せず
トランプ大統領

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、2016年のトルコのクーデター未遂を巡りトルコ政府が首謀者と断定した在米イスラム指導者ギュレン師のトルコ送還について「検討していない」と記者団に述べた。
トルコ側が強く要請しており、米NBCテレビは15日、複数の政府高官の話として、ギュレン師のトルコ送還を検討していると報じていた。
トランプ氏は、トルコ政府やエルドアン大統領との関係が非常に良好だと強調した上で「われわれができることは何でもする。しかし(送還は)現時点ではない」と述べた。


仏が判事派遣、チリに協力要請へ
筑波大生不明事件

 【ブザンソン共同】フランス東部ブザンソンに留学していた筑波大生、黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、同国検察当局者は19日、帰国したチリ人容疑者(27)の取り調べ実施に向け、捜査判事の派遣でチリに協力を求める考えを明らかにした。
来月で事件から2年となる前にブザンソンで記者会見したマントー検事は、捜査はやり尽くしたとし、黒崎さんの元交際相手ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者が殺害した疑いが強いとの見方を改めて強調した。
フランス当局は捜査判事の派遣により、取り調べのほか、捜査結果についてチリ当局と情報交換し、公判実施につなげたい考えだ。

筑波大生の黒崎愛海さんが行方不明になった事件について記者会見するマントー検事(右)=19日、フランス・ブザンソン(共同)


イエメン武装組織、攻撃停止発表
サウジ皇太子の停戦決断が焦点

 【カイロ共同】内戦が続き人道危機が深刻化したイエメンで、イランの支援を受ける武装組織フーシ派は19日、敵対するサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)へのミサイル攻撃などを停止すると発表、サウジ側が和平を望めば「全ての前線で軍事作戦を停止する用意がある」と表明した。国連の仲介を受け入れた。
サウジ主導の連合軍も、激戦が続く西部の港湾都市ホデイダでの地上作戦停止を決めたと伝えられている。国連主導の和平協議に向けた一歩だが、双方の不信感は強い。実現に向けては、事実上のサウジ最高権力者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が停戦を決断できるか否かが焦点となる。


モルディブ新大統領就任
脱中国依存、印首相が出席

 【ダッカ共同】インド洋の島国モルディブで17日、9月の選挙で勝利した野党連合のソリ氏が大統領に就任した。ヤミーン前大統領の親中国外交からの脱却を訴えており、就任式にはヤミーン政権下で関係が微妙だったインドのモディ首相が出席、政権交代を印象付けた。
モルディブのメディアによると、ソリ氏は式典で「インド洋の安定を守るため、インドや近隣諸国との関係向上を目指す」と演説した。
ソリ氏は、2度の非常事態宣言や野党指導者らの逮捕といったヤミーン政権の強権政治からの転換も図る方針。


邦人男性が海水浴中に死亡
インドネシア

 【ジャカルタ共同】インドネシア・ジャワ島東ジャワ州パチタン県の浜辺で18日、海水浴中だった日本人のヒラカワ・リュウイチさん(74)が海中に沈んでいるのを近くにいた人が発見、まもなく死亡が確認された。溺死とみられる。地元警察が明らかにした。知人によると、名前の漢字は「平川隆一」という。 
ヒラカワさんはジャワ島の東に隣接するバリ島に5年ほど住んでおり、同島ウブドでコーヒーショップの経営に関わっていた。地元メディアによると、海は当時、穏やかだったという。


台湾の地位巡り映画祭で“応酬”
「独立」か「中国台湾」か

 【台北共同】17日に台北市内で開かれた中華圏を代表する映画祭、金馬奨の授賞式で「台湾の地位」を巡ってつばぜり合いがあった。「台湾の独立」を願った台湾人監督に対し、中国人俳優は「中国台湾」とけん制発言。蔡英文総統は18日、フェイスブックで「台湾は台湾。中国台湾という言い方を受け入れたことはない」と批判した。
近年台湾の映画人が中国市場に進出するようになってから中国側を刺激するような政治的発言を避けることが多く、式典で火花を散らすのは珍しい。
金馬奨は1960年代、台湾が中国文化に対抗する狙いで始まったが、後に中国人にも授与するようになった。


連立政権の継続へ協力呼び掛け
ガザ停戦巡りネタニヤフ氏

 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの事実上の停戦に応じた決断を巡り、連立政権崩壊の危機に直面しているイスラエルのネタニヤフ首相は18日、「(ガザ情勢などで)治安状況が複雑になっているこの時期に、政権を壊して選挙に向かうべきではない」と訴え、連立を組む他党党首に政権継続への協力を呼び掛けた。
ハマスとの停戦を巡っては、強硬な対応を求める世論を背景に、連立政権内で反発が拡大。停戦を「テロへの降伏」と非難したリーベルマン前国防相が辞任したほか、他党党首からも来年11月に予定される総選挙の前倒し実施を求める声が強まっている。


中国の大学生が「日本知識」競う
クイズ大会通じ理解深め

 【北京共同】中国で日本語を学ぶ大学生に日本への理解を深めてもらおうと、公益財団法人「日本科学協会」(東京)は18日、クイズ形式の「日本知識大会」を北京大で開いた。全国の109大学から327人が参加し、正解してガッツポーズをする学生もいた。
同協会は日本語を話せる人材を育て、中国の若者の間で日本との友好の機運を高めたい考え。
大会は個人戦と、3人一組の団体戦で実施。「ふるさと納税制度の問題点は」「『マジ』という言葉はいつからあるか」といった問題が出され、内容は歴史や政治、スポーツ、アニメなど多分野に及んだ。会場からは正解者に大きな拍手が送られるなどした。

クイズ形式の「日本知識大会」の団体戦で優勝した、対外経済貿易大の(左から)呉娜さん、宇文志鴻さん、奉イク坤さん=18日、北京大(共同)


米大統領、初の山火事現地入り
「モンスター」と猛威強調

 【サンディエゴ共同】トランプ米大統領は17日、山火事で甚大な被害が出ている西部カリフォルニア州サンフランシスコ北方のビュート郡の現場を視察した。火事を「モンスター(化け物)」に例え、州史上最悪の犠牲者を出した火災の猛威を強調した。8日発生した山火事を受けて、トランプ氏が現地入りしたのは初めて。
同郡では少なくとも76人の死亡が確認されたほか、約千人が安否不明となっている。ロサンゼルス郊外の山火事では3人が死亡し、同州全体の犠牲者は計79人に上った。
トランプ氏は「このようなカリフォルニアは見たことがない」と発言。住民の支援や復興に力を入れる考えを示した。


仏の燃料税抗議デモ28万人に
1人死亡、230人負傷

 【パリ共同】フランス内務省は17日、国内2千カ所以上で行われ、1人が死亡した自動車燃料価格の高騰や政府の燃料課税引き上げに抗議するデモについて、参加者は約28万人に上り、負傷者は約230人となったと発表した。
デモ参加者は各地で道路を占拠するなどして交通を遮断、混乱が広がった。報道によると、死亡したのは南東部でデモに参加していた女性(63)。娘を病院へ連れて行こうと車を運転していた別の女性がデモに遭遇し、車をたたかれてパニックとなり、死亡女性を含むデモ隊に突っ込んだ。
パリでは17日午後、シャンゼリゼ大通りのコンコルド広場周辺に約1200人が集結した。


沈没潜水艦を1年ぶり発見
アルゼンチン南部沖

 【リオデジャネイロ共同】南米アルゼンチンの海軍は17日、昨年11月から消息を絶っていた海軍の潜水艦サンフアンが同国南部沖の水深約800メートルの海底で見つかったと発表した。乗組員44人の生存は絶望視されている。艦体の引き揚げが可能かどうかは不明。
主要紙クラリン電子版によると、発見されたのは最後に爆発音が探知された南部沖約500キロの海域という。政府から捜索を請け負った米企業の遠隔操作機が発見した。へさきが押しつぶされているが、ほぼ無傷とされる。
乗組員の家族は同紙に「息子たちが、どこにいるか分かった。写真を見たいし別れを告げて安らぎを得たい」と語った。


91歳が抑留の地でコンサート
ロシア在住の男性、独奏に歓声

 【コムソモリスクナアムーレ共同】第2次大戦後の旧ソ連によるシベリア抑留を経験し、現在は音楽で日ロ交流に取り組む極東ハバロフスク地方在住の田中猛さん(91)が17日、収容所があった同地方コムソモリスクナアムーレでコンサートを開いた。日ロの歌を電子楽器「スピーロン」で奏でると、観客からブラボーと歓声が上がった。
コンサートは在ハバロフスク日本総領事館が、日本の映画祭に併せて企画。田中さんはロシアの曲を独奏した後、地元の合唱団による滝廉太郎の「荒城の月」の伴奏を担った。最後は福島正則総領事もコーラスに参加し、ロシア民謡「カチューシャ」で締めくくった。

17日、ロシア・コムソモリスクナアムーレのコンサートで演奏する元抑留者の田中猛さん(共同)


ミス・パナマに初の先住民
社会問題にも積極発言

 【リオデジャネイロ共同】12月にバンコクで開かれるミス・ユニバース世界大会の中米パナマ代表に同国で初めて先住民出身の女性が選ばれた。先住民の権利向上など社会問題でも積極的に発言する異色の「美の女王」に注目が集まっている。
「先住民は尊重され、いかなる差別も受けずに生きる権利を有する」。8月に国連本部で開かれた「世界の先住民の国際デー」の行事に参加したミス・パナマの大学生ロサ・イベス・モンテスマさん(25)が演説した。
多くが貧困層でインフラ整備も遅れている西部ヌガベブグレ先住民保護区の出身。


ホームレスの美談は作り話、米
ネットで4千万円集め3人逮捕

 【ニューヨーク共同】米東部で昨年、車の燃料切れで立ち往生した女性にホームレス男性が有り金をはたいてガソリンを買い与えたという作り話をもとに、インターネットを通じて40万ドル(約4500万円)以上の寄付をだまし取ったとして、米警察当局は16日までに3人の男女を逮捕した。AP通信などが伝えた。
作り話は昨年11月、米メディアがこぞって「美談」として報道。ホームレスの男がその後、もらうはずの寄付を受け取っていないとして共犯者の2人を提訴したことから警察が捜査を始め、燃料切れの話がそもそも虚偽だったと発覚した。

日産ゴーン会長ら2人逮捕
役員報酬50億円を過少申告か

 日産自動車の有価証券報告書に自身の役員報酬を計約50億円過少に記載し申告したとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)を逮捕した。共謀したとして代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)も逮捕。横浜市の日産本社など関係先を家宅捜索した。社内の指揮系統の解明を進める。ルノー・日産・三菱自動車連合に大きな打撃となるのは必至だ。
日産の西川広人社長は本社で記者会見し、有価証券報告書の虚偽記載と、私的な目的での投資金支出、経費支出の3点が確認されたと明らかにした。

カルロス・ゴーン容疑者


グレゴリー・ケリー容疑者


カルロス・ゴーン容疑者らの逮捕を受け、日産自動車グローバル本社前(中央)に集まった報道陣=19日夜、横浜市西区


ゴーン容疑者解職、22日に提案
日産、第三者委調査や刑事告発も

 日産自動車の西川広人社長は19日、横浜市の本社で記者会見し、代表取締役会長を務めるカルロス・ゴーン容疑者の解職を22日の取締役会で提案すると明らかにした。同容疑者を訴えるのかとの質問に「当然値する事案だと認識している。これから判断する」と述べ、刑事告発や損害賠償請求を検討する考えを示した。第三者委員会を早急に設置し、不正の背景を調査することも表明した。
三菱自動車も19日、ゴーン容疑者の代表取締役会長職を速やかに解くことを取締役会に提案すると発表。ゴーン容疑者が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるルノーも近く取締役会を開催し解職を議論するとみられる。
西川氏は、ゴーン容疑者と代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者による不正行為は「ゴーン統治の負の側面と言わざるを得ない」と批判。「残念という言葉を超えて強い憤りと落胆を覚えている」と語った。

記者会見を終え、一礼する日産自動車の西川広人社長=19日夜、横浜市の本社


ルノー株、一時10%超下落
ゴーン氏逮捕で急落

 19日の欧州市場で、フランス自動車大手ルノーの株価が急落し、前週末の終値に比べ一時10%超安となった。ルノーの最高経営責任者(CEO)、カルロス・ゴーン日産自動車会長が金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことが影響した。(共同)


菅官房長官、米中対立に懸念表明
APEC首脳宣言の断念で

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、18日閉幕のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が米中両国の対立によって首脳宣言の採択を断念したことに懸念を表明した。「米中が世界経済の安定的な成長と発展につながる関係を構築することはアジアだけでなく世界にとって極めて重要だ」と述べた。
同時に「米中の貿易関係の動向を注視し、米中と意思疎通を図りながら適切に対応していきたい」とも強調した。
パプアニューギニアで開かれた日米中など21カ国・地域が参加してのAPEC首脳会議では、米中が通商政策を巡り批判合戦を繰り広げて最後まで溝が埋まらず、首脳宣言の採択を断念した。

記者会見する菅官房長官=19日午前、首相官邸


首相、APECから帰国
対米配慮にじむインド太平洋構想

 安倍晋三首相は18日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への出席を終え、パプアニューギニアから帰国した。14日からの一連の国際会議や個別会談では、米国と共に「自由で開かれたインド太平洋」構想を前面に掲げ、各国に連携を促した。米中対立が激化する中で、トランプ米政権への配慮がにじんだ。
17日には、日米とオーストラリアの3カ国でインド太平洋地域におけるインフラ協力に関する共同声明を発表。18日のAPEC首脳会議で首相は、インフラ支援には開放性や透明性、相手国の財政健全性を確保する必要があると訴えた。
APEC首脳会議を前に記念撮影に臨む(前列右から)米国のペンス副大統領、安倍首相、パプアニューギニアのオニール首相、中国の習近平国家主席ら。後列右から2人目は韓国の文在寅大統領=18日、ポートモレスビー(代表撮影・共同)


首相、保護主義台頭に懸念示す
自由貿易推進へ積極関与

 【ポートモレスビー共同】安倍晋三首相は18日、パプアニューギニア・ポートモレスビーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、米中両国の貿易摩擦を踏まえ、保護主義の台頭に懸念を示した。世界貿易機関(WTO)改革など、自由貿易を巡る国際ルール策定へ積極的に関与する姿勢も表明した。
保護主義の台頭に関し、世界中で貿易摩擦が激化し経済に混乱を招きかねないとして、改めて警鐘を鳴らした形だ。
年内に発効する環太平洋連携協定(TPP)が、21世紀の貿易や投資ルールの基礎になり得ると強調。アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の将来的な実現に意欲を見せた。


日米豪共同声明、インフラで協力
太平洋地域、中国に対抗

 【ポートモレスビー共同】日本、米国、オーストラリアの3カ国は17日、同日開幕のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ、インド太平洋地域でのインフラ協力強化に向けた共同声明を発表した。持続可能な形で各国の経済発展を支援すると呼び掛ける内容。巨大経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を拡大する中国に対抗する狙いがある。
共同声明は、インフラ協力で開放性や透明性、財政持続性の重視方針を明記。一帯一路に相手国を債務不履行に陥らせる「借金漬け外交」との批判があることを念頭に「非持続的な債務負担を避けつつ、地域の真のニーズを満たす一助となる」と強調した。


首相、自由貿易推進へ連携確認
カナダ、チリ首脳と個別会談

 【ポートモレスビー共同】安倍晋三首相は18日(日本時間同)、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで、カナダのトルドー首相、南米チリのピニェラ大統領と個別に会談した。日本とカナダ、チリを含む11カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)が12月30日に発効するのを踏まえ、自由貿易の推進へ緊密に連携する方針をそれぞれ確認した。
日本とカナダは既にTPPの国内手続きを終えており、安倍首相はトルドー氏と発効を互いに歓迎した。国内手続き中のピニェラ氏には、早期批准へ期待感を示した。

チリのピニェラ大統領(左)と会談する安倍首相=18日、ポートモレスビー(代表撮影・共同)


対ロ交渉、米に理解要請へ
北方領土「非軍事化」案も

 日本とロシアの平和条約締結交渉を加速させるとした安倍晋三首相とプーチン大統領の合意を受け、日本政府は米トランプ政権の理解を取り付ける作業を本格化させた。ロシア側が返還後の北方領土での米軍展開を懸念しているのを踏まえ、北方四島の「非軍事化」を米ロ双方へ示す案が浮上している。月末にも開催される日米首脳会談でどこまで踏み込んだ説明をするか、事前の政府間折衝で見極める構えだ。
日本政府筋は歯舞群島、色丹島が返還された場合でも米軍は駐留しないと判断している。


2島返還、既定路線を否定
ロシア報道官「妥協が必要」

 【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は18日、安倍晋三首相とプーチン大統領が平和条約交渉の基礎とすることで合意した1956年の日ソ共同宣言について、歯舞群島、色丹島の「自動的な引き渡し」を否定、2島返還は既定路線ではないとの認識を改めて示した。また、北方領土問題の解決には「日ロ双方の利益を害さない妥協が必要だ」と述べた。同日夜放映の国営番組での発言をインタファクス通信が伝えた。
「2島返還による領土問題の決着」とのロシアの原則を繰り返す一方、日本が受け入れられる妥協を探る姿勢も示した。


首相、ブルキナファソ首脳と会談
インフラ支援などで共同声明

 安倍晋三首相は19日、西アフリカ・ブルキナファソのカボレ大統領と官邸で会談し、来年8月に横浜市で開かれる第7回アフリカ開発会議(TICAD)の成功に向けて協力することで一致した。日本からブルキナファソへの支援を柱とする共同声明も発表した。イスラム過激派へのテロ対策や道路など質の高いインフラ整備、人材育成などを盛り込んだ。
同国の記録的な干ばつを受け、5億円規模の食糧援助を実施し、農業の発展、水の確保に関しても支援する。
首相は会談後の共同記者発表で「持続的発展のための人材育成に貢献していきたい」と強調。カボレ氏は「温かいサポートに感謝申し上げる」とした。

会談後、共同記者発表をする安倍首相(右)とブルキナファソのカボレ大統領=19日午後、首相官邸


日韓商工会が首脳会議中止
徴用工問題、経済界に波及

 【ソウル共同】韓国最高裁が10月に新日鉄住金(旧新日本製鉄)に対し元徴用工への賠償支払いを命じた確定判決を出した後、日韓の商工会議所が11月12、13日に韓国南部、釜山で予定した「日韓・韓日商工会議所首脳会議」を中止していたことが19日分かった。
会議で徴用工問題に言及すべきかどうかで意見が一致しなかったためで、経済界に訴訟の余波が広まりつつある。
同会議は1985年に日商と大韓商工会議所の会頭や会長が出席した会合をきっかけに始まった。今年は、日本側が徴用工問題に言及する意向を伝えると、韓国側が再考を要請。日本側が態度を変えず韓国側は直前に中止を決めた。


徴用工訴訟、韓国で29日に判決
対三菱重工、最高裁

 【ソウル共同】韓国最高裁は19日までに、韓国人元徴用工5人が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決を29日に言い渡すことを決めた。最高裁は10月30日に新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を言い渡しており、今回も同様の判断を下す可能性が高い。
原告は1944年から広島市の旧三菱重工の機械製作所などで強制労働させられ被爆したとして、2000年に釜山地裁に提訴。一、二審は敗訴したが、12年に最高裁が個人請求権を認めて差し戻した。これを受け釜山高裁は13年に、1人当たり8千万ウォン(約800万円)を支払うよう命じる判決を言い渡し、三菱重工が上告していた。


政府、韓国に厳重抗議を検討
慰安婦財団解散に備え

 政府は19日、韓国が慰安婦問題解決のために設置した「和解・癒やし財団」を解散した場合、韓国に厳重抗議する方針を固めた。高官レベルで申し入れる。ただ慰安婦問題の最終解決を確認した2015年末の日韓合意の「破棄」に当たるとの表現は避ける方向だ。合意は依然有効と位置付け、韓国に引き続き合意の履行を迫った方が外交上得策だとの判断に基づく。
財団を巡っては、韓国側が今月中旬までに「近く解散を決定する」との見通しを日本政府に伝えている。これに対し、日本側は「受け入れがたい話だ」(官邸筋)と警告。展開次第では、徴用工問題で揺れる日韓関係が一段と冷え込む可能性がある。


防衛大綱概要、与党説明へ
政府、敵基地攻撃能力見送り

 政府は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の概要案を作成し、近く与党などに提示する見通しであることが分かった。新たな大綱には相手のミサイル発射台などを破壊する「敵基地攻撃能力」の保有や、護衛艦「いずも」の空母化は明記を見送る方向で調整している。政府関係者が19日明らかにした。
20日に新大綱に関する与党ワーキングチーム(WT)や政府設置の有識者による「安全保障と防衛力に関する懇談会」が開かれる見通しで、早ければこの場で概要を説明し、理解を得ていく考え。政府は来月18日の閣議決定を目指している。

東京都内で講演する小野寺前防衛相=19日午後


入管法、21日に法務委審議へ
与党、解任決議は20日否決

 衆院議院運営委員会は19日の理事会で、外国人労働者受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を巡り、立憲民主党が提出した衆院法務委員会の葉梨康弘委員長(自民党)の解任決議案を20日の本会議で採決すると決めた。与党は反対多数で否決し、21日の法務委で改正案の趣旨説明と質疑を実施し、審議入りさせる方針。
法務委では、失踪した技能実習生に関する法務省の調査結果に誤りが発覚したものの、16日に審議入りさせようとした葉梨氏に野党が反発。立民が同日、「公平であるべき委員長の委員会運営として言語道断だ」として決議案を提出した。


スバル、米国で初のPHV発売
年内、電動化進める

 SUBARU(スバル)は20日、年内に米国で自社初のプラグインハイブリッド車(PHV)「クロストレック  ハイブリッド」を発売すると発表した。米国の環境規制に対応するため、車の電動化を進める。来年にはカナダでも売り出す予定だ。
PHVは群馬県の工場で生産する。日本での販売は未定という。新開発の水平対向エンジンと二つのモーターにより、力強い加速を実現した。家庭のほか、商業施設などでも充電できる。フル充電したモーターのみで約27キロの走行が可能だ。
PHVは米国で今月末に開かれる「ロサンゼルス自動車ショー」に出展する。

スバルが年内に米国で発売するPHV「クロストレック ハイブリッド」


日本トイザらス、10店開業へ
19年以降、都市部に

 日本トイザらス(川崎市)は19日、来年以降、年10店の新店舗を開業するとともに、改装も進めると明らかにした。ディーター・ハーベル社長が「日本市場には成長の可能性があり、小規模の店舗を都市部の人口が集中する場所に開業したい」と述べた。
電話会議システムを通じて、共同通信のインタビューに応じた。日本トイザらスは現在、山梨県と島根県を除き、全国で168店舗を運営している。新規店舗の具体的な場所は明らかにしなかった。
日本を含むアジア事業を管轄するトイザらス・アジアは同日までに、米トイザラスの破綻を巡り、アジア事業会社の株式の売却を発表していた。

日本トイザらスのディーター・ハーベル社長


新型のロボット掃除機公開
ソフトバンク、法人向け

 ソフトバンクは19日、人工知能(AI)を活用した新型の業務用ロボット掃除機「Whiz(ウィズ)」を公開した。清掃経路を記憶し、一般的な家庭用ロボットの5倍の面積を自動で清掃できるという。法人向けに来年3月以降、月2万7千円でレンタルする。
車の自動運転技術を手掛ける米国企業と共同開発し、高さ約65センチ、幅約50センチ、重さ約32キロ。初めに後部のハンドルで手押しして経路を覚えさせると、次回からは自動で人や障害物を避けながら掃除する。
1回の充電で約3時間連続稼働し、約1500平方メートルの床の清掃が可能。オフィスやレストランなどでの利用を想定している。

業務用ロボット掃除機「Whiz(ウィズ)」の操作画面=19日午後、東京都江東区